2005年06月09日

フィルム旅芸人の記録

身体のだるさと左足鼠蹊部ぐりぐりのうざったさに加え、右人差し指の付け根と左足首に軽く痛みが出てきた。
いわゆる「関節痛」ってやつなんでしょうか。
梅雨入り間近なんだろうと思う。
全身性エリテマトーデス(SLE)から来る症状は精神論で治るものではないと学習したので、すみやかに自宅療養生活へ突入。
うまくすると、今日1日寝ていれば軽快するかもしれない。
そう言えばそろそろ、膠原病専門医で年1回の検査をする時期だ。

ゴロゴロしながら、椎名誠さんの「フィルム旅芸人の記録」を読んだ。
この本は、映画「うみ・そら・さんごのいいつたえ」のクランクインから、できあがったフィルムを持って全国を巡り歩いて行なった上映会が終了するまでの日記である。
いやはや何ともお忙しそうで、よく身体がもったと思った。

そう言えば一度、JR中央線の車内で椎名さんをお見かけしたことがあったっけ。
見事に日焼けした人がいるなぁと思ってよくよく見たら椎名さんだったわけで。
オレンジ色のポロシャツにジーンズ姿で座席の一番端に座り、腕を組んでぐったり気味に目を閉じていらした。
わたくしの中には「作家はハイヤーで移動する」という根拠不明の固定観念があったので、一人で電車に乗っているのにまずビックリ。
疲れた様子で居眠りされている姿を見て「ど、ど、どうしちゃったんですか!?」とも思った。
今思うと、ちょうど「うみ・そら・さんごのいいつたえ」の全国上映会中だったみたい。
あのスケジュールだったらお疲れモード入るのもわかるわぁ。

最近はどうされているのかしらん。
つめたいビールを飲んで、そのうまさにのたうちまわるひとときがあるといいですね!


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:12| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫のおもちゃ作り(1)(BlogPet)

ビエネッタは、ぴょんぴょんで参加した。

今度は寂しい気がメバルをサッパしなかった?ぴょんぴょんが、喜多嶋隆の小説「ビリーがいた夏」のようなラストだったら、今度アザラシやクジラが定置網に引っ掛かり、死んでは、方向を誤ったトビウオが釣れるメバルも釣れる岸壁で目撃され、人気blogランキングに参加していたら、よかったのにね…*このエントリは、BlogPetの「ビエネッタ」が書きました。




*このエントリは、BlogPetの「ビエネッタ」が書きました。
posted by ぴょんぴょん at 10:34| ビエネッタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。