2006年04月14日

嫁業の予感…

独り暮らしをしている夫の父親とわたくしたち夫婦は、来週、一緒に小旅行することになっている。
今朝、義父から電話があったみたい。
家にいたのに、席を外していたのかな、気がつかなかった。
点滅している留守電着信ランプを見て、メッセージを再生したのが午前11時ごろ。

「昨夜から左足が痛くてたまらない。来週の旅行は無理だと思う」

その後、メッセージは「近くに住んでいる夫の弟に電話したら、後で様子を見に来ると言っていた」と続いていた。

元気なく沈んだ声に驚き、すぐに義父の自宅へ電話した。
留守電になっている。
病院へ行って、まだ帰っていないのかな?
わたくしにとって義弟となる夫の弟・Aちゃんが見に行ってくれているはずなので、何か事が起きたのなら連絡は来るだろう。

それにしても左足が痛いって、何?
関節炎でも起こしたのか。
血栓ができて足に詰まったのか。
義父は糖尿持ちでもある。
血栓だと、治療はちょっと長引くのかなぁ。
下手をすると壊死→切断ということも考えられる。
そうならないといいけど…。
ともかく夫に電話して、「お父さん、具合悪いみたいよ」と伝えた。

関節炎や捻挫、打撲の類だと、家にいても当分は買物にも出られないかもしれない。
インターネットで給食サービスを調べてみる。
義父の居住地を配達エリアにしている高齢者配食サービスが何社か見つかった。
我が家と義父の家は、電車で1時間以上離れているので、毎日食事の世話に通うのはたぶん無理。
いざとなったら、配食サービスも利用させてもらわないと、わたくしもぶっ倒れちゃうと思います。

午後2時を過ぎたのに、どこからも連絡がない。
義父の家電は相変わらず留守番電話になっている。
病院から帰ってきて、疲れて寝ちゃってるのかなぁ。
わたくし、様子を見に行った方がいいんでしょうか?
えっちらおっちら行って、家に誰もいなかったらトホホだし、わたくしは義父の家の鍵も持っていないのだ。
どうしよう。

義弟の携帯にかけたら、電話番号が変わっていて繋がらない (ToT)
義弟夫婦は共働きなので、今の時間では誰も出ないと思うけど、とりあえず義弟の家にもかけてみた。

なんと、義弟は家にいた。

ぴ「どうしたの? 今日、仕事お休み? それともお父さんの事でお休みしちゃったの?」

義弟・Aちゃんは、今朝から大変だったらしい。
義父を近所の病院に連れて行ったら、診察したDrが「うちでは無理」と言い、救急車でもっと大きな病院へ行くことになっちゃったんですって。
義父は、入院しちゃったんですって。
Aちゃんは、入院に必要なものを取りに家へ帰ってきたところだったんですって。

A「お父さんに呼ばれて、朝行った。足を見たら色が変わって腫れてるんです。それに傷があるんです。親父は昨日、同窓会に行ったんだって。本人は覚えていないみたいなんだけど、ころんだか何かで怪我をしたみたい。『レントゲン取ったら骨折してる』って親父は言ってた。まだいろいろと検査中で、本当に骨折しているかも、先生から詳しい話がないんです。今は、どこが悪いのか正確な事はまだ何もわかりません」

Σ( ̄◇ ̄lll) ガッビーン!

しばらくは入院なんでしょうか…。
退院できたとしても、治りきるまではシャキシャキ動けないはず。しかも高齢者ではさらに動きは鈍るはず。
どうするんだろう?

長男の嫁であるわたくしは、これからとんでもなく忙しくなるのかもしれない。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 16:13| Comment(4) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。