2006年05月30日

〜The port story〜 岸壁のたんこぶヤーさま(4)


「なに釣ってるの?」

「メッ、メバルです…」

パンチは、釣った魚を入れたバケツをのぞき込んだ。

「おっ、けっこう大きいね」

「はっ、はい…」

「あ、糸引いてるよ」

「はっ、はい…」

パンチとその連れは、わたくしたちの釣りを見物することに決めたようだ。
近くにいて離れない。
むちゃくちゃ怖い。

釣れたのはカタクチイワシだった。
このあたりでは「シコイワシ」とも呼ばれる。
わたくしは基本的に「釣ったら食べる派」で、大きくなる魚の稚魚がかかった時、しかも傷ついていなかった場合にしかリリースしない。
傷ついているとリリースしても十中八九は死んでしまうから、だったら責任持って食べてあげたほうがいいのかなと思っている。

イワシは漢字で「鰯」と書く。
字の如く弱い魚である。
針を飲んでいることも多い。
外す時にどうしても口が傷つくので、キャッチ&リリースは無理。
それで、小さくても、いつも持ち帰って食べている。
佃煮風にすると骨まで食べられておいしいのだ。

いつものように持ち帰るつもりで、無造作にイワシを握って針から外そうとしたら、パンチが声を出した。

「あっ…」

「はっ、はい?」

「そっと触らないと。弱い魚だからさ。すぐに死んじゃうよ」

「リリースはしません。持ち帰ります」

「そうか。仕事は何してるの?」

相手がその筋の人だとしても、いや、その筋の人だからこそ、個人情報を正直に話すつもりはない。
けれど、あいまいに答えて「ふざけんなよ!」と、どやされたら、それも怖い。
意を決して「遊び人です」と答えると、意外なことに、パンチは面白そうに笑った。

「この人は坊さん」

パンチは、連れの男を紹介した。
パンチ自身の自己紹介は、なかった。
見ればわかるだろう、ってことなんだろう。

ヤーさまと坊さんという組み合わせが少々不思議だったが、関わり合いになると本気でヤバそう。
パンチの機嫌を損ねたら、海に沈められるかもしれない。
手回し良く、読経要員の坊さん付きだし…。
-続く-


↓↓応援よろしくお願いいたします。

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 06:46| Comment(1) | The port story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月31日

何かイベントでも

冬に体調超低迷状態で放置気味だった子宮癌・卵巣癌患者情報交換サイト「うさぎの本宅」をぼちぼちと更新&手直し中。
気が付けば、カウンターが90万アクセスを超えていました。

記念に何かイベントでもやりましょうかね〜。
記念イベントの定番といえばオフ会なのですが、わたくしのリアルの方が今の状態ではちょっと無理…。
義父がいつ退院or転院になるかわからず、介護保険などの諸手続きでいきなり予定が入ってしまうことがあるんです。
また、わたくし自身の体調がどうも安定しません。
オフ会当日にノビちゃってて出席できませんでした、というのでは来てくださる方に申し訳ないし。

うちのサイトはチャットでの情報交換が発祥で、今でもメッセンジャー(無料チャット)やスカイプ(無料IP電話)を使った、リアルライブでの直接的な情報交換ができるようになっています。
そこで、そのあたりのシステムを使ったイベントを企画中。
うちのサイトやこのブログを見られるPC環境がある方は、家にいながらにして参加できるし、お金もかからないのでいいかなと。

癌患者の情報交換サイトという特性から、「うさぎの本宅90万アクセスわっしょい」と騒いで楽しかった〜で終わるのではなく、参加してくださった方に得るものが大きいイベントを考えてみますね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 13:21| Comment(2) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。