2006年05月21日

〜The port story〜 岸壁のたんこぶヤーさま(1)

6月の終わり。
梅雨の中休みの晴れ間に、わたくしは親友ノンと埠頭の岸壁で釣りをしていた。
国際港の回りには何キロにも渡って埠頭が並び、首都圏でもアジやカタクチイワシが釣れる。
ちゃんと食べられる、本当の江戸前だ。

太陽はまだ獰猛ではなく、時折吹き抜ける風が爽やか。
降り注ぐ陽光、潮騒、タグボートの力強いエンジン音、船の汽笛などが混ざり合って、牧歌的にすら思える午後。
桟橋へ戻るランチクルーズ船の上を舞うカモメの背中が白く光る。
遠くの岸壁に係留された貨物船の元へフォークリフトが向かい、指示を叫び合う人の声が風に乗って時折聞こえた。
「これが明るく正しい港の姿です!」とでも言っているかのような雰囲気。
平日なので、観光客や恋人たちの姿は少ない。

時期的にアジはまだ早いので、今日はメバル狙い。
いろいろな釣り方、いろいろな釣餌がある。
わたくしは虫が苦手なので、ニョロ系の生餌を使わずに済むサビキ釣りをする。
釣餌はオキアミのコマセ。
海老に似た形をしているけれどシラスより小さいオキアミをまとめてブロック状にし、凍らせたものが売られている。
使う時は解かして、釣り糸を垂らす部分の海に撒いたり、釣り糸につけたコマセ網に入れて魚を誘う。
わたくしとノンはのんびりと釣り糸を垂れ、ぽつりぽつりと話をしていた。

時折やってくるのは、わたくしたちが釣りしている岸壁の近くに建つ港湾観光施設に来る団体旅行客を乗せた観光バス。
降りてくるオッサンたちの多くは、昼の分のアルコール補給を車内で完了して、真っ赤な顔をしている。
わたくしとノンは、たまにモデルのバイトの口がかかるそこそこイケてる美形であった。(※これは何年も前の話です!)
酔っ払いオッサンたちにとっては、からかって楽しいターゲットだったのである。
-続く-


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 15:32| The port story | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。