2006年09月01日

再開

8月中は留守がちになるため、子宮癌・卵巣癌患者情報交換サイト「うさぎの本宅」に設置された掲示板の一部を休止していましたが、9月になりましたので再開しました。
現在、全掲示板稼働中です。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 01:33| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぴーこちゃん

30日から、久しぶりに「お腹ぴーこちゃん」攻撃を受けています。
これがアナタ、大変意地悪くって、「そろそろ寝ようかな」という時間になると、胃の痛みと共にやって来るのでございます。
思いっきりヤな感じ。

唸るほど痛くて脂汗じっとり。
でも七転八倒するほどではなく、ぴーこちゃん攻撃が終わると痛みもピタッと止まる。

痛くない時は食事も取れるし、吐き気もない。
イレウス(腸閉塞)にしては、痛くなさ過ぎだと思う。
わたくし、何かヘンなもの食べたんでしょうか?
脱水が激しく、だるい…。

さて、今晩はいかに?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 17:55| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

ぴーこちゃん続報

昨夜は胃痛も腹痛もぴーこちゃん攻撃もなかった。
やっと止まったみたい。
胃が痛くなるのがなんだかな〜ですが、ぴーこちゃんにはぴーこちゃんなりの良さもあります。

何を食べてもほとんど身にならない。
普段はカローリーが気になるものを心ゆくまで食べるチャンスなのでございます。
ものは考えよう、ってことで。

焼肉とか、お寿司お腹いっぱいとか。
ケーキも食べちゃった♪

癌患者歴6年。
わたくしは、今までの経験から「大丈夫」という確固たる自信があってやっていますが、誰でも大丈夫とは思いません。
お腹痛かったり、ぴーこちゃんが長引いて心配な方は、ちゃんと受診してくださいね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 13:11| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月05日

先生、薬の処方管理が甘いです

わたくしは、卵巣欠落から来る生活習慣病のため、月一で坂の上病院内科を受診し、投薬を受けている。
風邪や食あたりなど、突発的な病気だと、その度ごとに薬の処方は変わるのが当たり前。
ですが、生活習慣病はいきなり良くはならないし、どちらかと言えば投薬で身体状態の「現状維持」を目指す部分が多く、毎回、薬の処方はほとんど変わらない。
「前月の薬を、また今月も1ヶ月分出しときます」って感じ。

さて、わたくしは先月、旅行した。
たまたま、旅行前に内科を受診した時、「枕が変わって寝つけないとやだな〜」と考え、主治医に眠剤を2日分処方して欲しいと頼んだのでございます。
わたくしは主治医からの信用が篤いのか、はたまた2日分という処方はできないのか、主治医はレンドルミン1週間分の処方箋を書いてくれた。

その後また、月一の受診日が来て、生活習慣病関係の処方箋をもらい、薬局へ出した。
ありゃ〜、今回もレンドルミンが1週間分処方されてる。

わたくしは貯薬やODするタイプではないし、その必要性も感じていないけど、

先生、こんなんでいいの?

坂の上病院の処方箋は、DrがPC入力して作る。

先生、アナタは、前回の処方を、日付を変えただけでまた出力しましたね?
先生、アナタは、出力された処方箋の内容を、わたくしの主訴や病気、症状と照らし合わせていませんね?
「寝られないから眠剤を継続して出してくれ」とは、一言も言ってないんだよ〜!
このまま毎月、使いもしない眠剤を1週間分ずついただいても困ってしまうのこと。

患者は、当然のことながら医者じゃないので、医学知識はございません。
だから、病院にかかって、医師免許持ってる人に診てもらってる。
なので、患者が「先生、薬が多いです」とか、「この薬はいりません」って言うのって、ヘンな話だと思うんですよ。
処方箋の内容チェックはDrの仕事と思うし。
が、ボケボケしていられなさそう。

なんでこんなんでカリカリしてるかって言うと、今回はいりもしない眠剤だったからいいものの、毎日定期的に飲む薬を間違えられちゃってたら怖いわけよ。
そこんとこよろしく。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:41| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

銃刀法

デスノートの作者・小畑健氏が刃渡り8.6cmの折り畳み式のアーミーナイフ1本を所持していたため、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されていたそう。
彼が有罪か無罪かは、これから法廷で裁かれることになると思うので、わたくしがどうこう言う気はございません。

が、以前から、銃刀法違反のニュースをみるたびに気になる事があったんです。
調理に包丁は必要不可欠で、わたくしも何回か買いました。
お店で買って家に持ち帰る間に職務質問でも受けることがあったら、

銃刀法違反で捕まっちゃうのか?

という部分が心配…。
包丁は宙から湧いて出てはくれないので、家で調理のために使おうとしたら、買って室内へ運び込まなければならない。
どうすりゃいいの?って感じ。

この際なので、銃刀法をじっくりと読んでみました。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33HO006.html

第四章雑則第二十二条に、「刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物の携帯の禁止」がある。
が、同時に「業務その他正当な理由による場合を除いては」ともある。
包丁を買って家に帰る間は、包丁を持ってても「正当な理由」にあたるという解釈になるのかなぁ。

悪意を持って使えば人を傷つけられる道具なだけに、取扱い難しいですよね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 15:38| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月08日

ちょっといい感じ

わたくしは、バカ親父の残した膨大な借金を返済している身の上でございます。
今日、1年分の繰上げ返済を済ませてきた。
しばらくは鼻血も出ません 爆。
都合、毎年1年で2年分の返済を続けているので、返済が大変ではありますが、返済期間は着実に短縮されつつある。
借金を引き継いだ当初、「完済する頃には、自分が年金をもらう歳になっちゃう…」と、思いっきりなんだかな〜だったけれど、この分なら身体が動くうちに完済できそう♪

完済した暁には、今まで返済に回していたお金が、自分のために使えるようになるわけですよ。
何をしようかな〜。
はじめに、世界一周の船旅なんて素敵♪

たまにはいいコトもなくっちゃね… (ぼそっ)


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 18:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

今度はゆっくり観光してみたい小田原宿 〜キャンサー・サバイバーの五十三次〜

今までの「キャンサー・サバイバーの五十三次」はこちらをご覧ください。
写真は、クリックすると大きくなります。

R0014037.JPG戻って来ました、国府津駅。
今日は小田原宿を通り、箱根湯本までの約12kmを歩く予定です。
夫・UKIちゃんは「小田原だったら、梅干買いたいから一緒に行く」と言っていたので、朝、さんざん起こしたのに、覚醒せず。
この「でれすけ」は、何やってきたんだか、昨夜は午前2時に帰ってきたので、起きられるわけないか。
そんなこんなで、家を出るのが遅くなっちゃった。
午前9時25分、スタート。

R0014039.JPG R0014082.JPG R0014083.JPG
イラスト入りでかわいいマンホール蓋。
排水溝の蓋も凝ってます。

R0014041.JPGはぁ、そうですか〜。
頑張ってみます…。


R0014043.JPG国道1号線の日本橋から80km地点。
「東海道」っぽい景色です。


R0014047.JPG酒匂川を渡る。
8月17日に局地的豪雨で増水し、20名以上の人が流されたり、中洲に取り残され、死者2名が出た。
橋の上から見た限りでは、今の流れは緩やかで、水深も膝頭まであるかないかと言ったところ。
でも、川幅の広さから想像するに、雨が降ったらかなり暴れることもあるんだろう。

R0014056.JPG R0014057.JPG
小田原の江戸口見附跡。
城下町でもあるので、小田原の「見附」は、宿場の始まりと終わりではなく、城下の始まりと終わりを指すようです。

R0014048.JPG東海道筋から外れるので、今回は行かなかった小田原城。


R0014050.JPG江戸時代の生活を彷彿とさせる町名いろいろ。


R0014052.JPG写真ではわかりづらいのですが、この通りには蒲鉾屋さんがずらっと並んでいました。
さすが小田原!


R0014061.JPG宿場の中心は、宮前町と本町だったそう。
小田原は、江戸を発って2泊目の宿場にする人が多かったとのこと。
着物とわらじで、1日40km歩いてたんですよね、すごいなぁ。


午前11時過ぎ。
くたびれたのでファミレスに入り、ドリンクバーで冷たい飲み物を3杯一気飲み。
だって暑かったんだモン。
それだけ飲むと、普通は胃の中でチャプチャプと音がしそうなものだけど、そういうのはまったくなし。
気持ちも悪くならなかった。
速攻で各細胞に吸収されたようです。

R0014062.JPG R0014064.JPG
市設(?)の無料休憩所があったので、入ってみました。
パンフレットなども揃っていて便利です。

R0014070.JPG「ういろう」のお店。
説明すると長くなるので省きますが、ういろうには「お菓子」と「薬」があったんだと知りました。


小田原駅は、東海道沿いから少しそれる。
でれすけに電話したら、「梅干買ってこい」と。
「どういうのを買えばいいのか?」と尋ねたら、「駅のアーケードを少し行くと、いろいろなものを売っている雑貨屋さんみたいのがあるから、そこで買え」と。

「お店の名前は?」

「わからない」

「梅干の名前は?」

「わからない」

こんなんで、お使いの用が足せる人っているんですかね?
小田原駅には東口と西口があると知った時点で、でれすけの頼みをブッチして先へ進むことにする。
アーケードって、どっちの側のよ?
付き合いきれません。

R0014077.JPG上方口見附(板橋見附)近く。
もうすぐ、小田原城下から出る。
蒲鉾や干物の体験施設があったので、先を急ぐ旅じゃなかったら立ち寄ってみたかったな〜。


R0014079.JPG R0014084.JPG
小田原城下を過ぎると、旧東海道は昔でいうところの板橋村に入ります。
蔵のある家なども残っていて、なかなか風流なたたずまいの地区でした。

R0014085.JPG板橋の先で国道1号線に合流。
どんどん山の中へ入っていく感じがします。
ここから先は、緩いながらもずっと上りでした。
箱根峠まで、基本的に下りはないと覚悟。


R0014086.JPGあぢあぢ状態なので、ビール、いいですね〜。
でも、今回は我慢いたします。


R0014087.JPGきゃ〜、出たよ、箱根ターンパイク。
関東圏じゃない方はご存知ないと思いますので少々説明しますと、箱根は東京から車で数時間で行けるため、首都圏デートドライブの定番コースになってるんですわ。
山を削るようにして作られた道なので、片側は山肌、もう片側は崖っ淵、しかもくねくねの急勾配で、なかなかスリリング。
カップルには人気の場所です。
少なくとも、わたくしが青春していた頃は人気でした。
もしも下りでブレーキが壊れたら、そのままだと車ごと宙に飛び出してしまうので、ところどころに「緊急退避所」というものが作られています。
これは砂を上り階段状に盛り上げた脇道で、「車が制御できなくなったら、ここに突っ込んで衝撃を吸収させながら止めよう」というもの。
http://www.jaf.or.jp/safety/user/uemer3k.htm
緊急退避所って、わたくしはまだ、箱根ターンパイクでしか見たことないんです。
やっぱり、箱根の山って、傾斜きついんだなぁ。
遠足や観光など、車ではさんざん来たけど、箱根を歩いて上ることになるとは夢にも考えませんでした (;^_^A
あ、ちなみに箱根ターンパイクは自動車専用道路ですので、わたくしはターンパイクを歩いて上るわけではありません。

R0014088.JPG R0014089.JPG
相変わらずだらだらした上り。
しかも、山容は確実に近づいて来る。
箱根湯本へ着くまでは、とんでもない上り坂がないことを祈るのみ。
今日は心の準備も装備もございませんので、

神様なにとぞよろしくお願いいたします ( ̄人 ̄)

R0014090.JPG R0014091.JPG R0014093.JPG
まだまだ上るんでしょうか?
くたびれて来ちゃったのこと。

R0014094.JPG午後2時10分。
毎度のことだけれど、「もう電車に乗って帰っちゃおうかなぁ」と心が動く。
が、路線図を見たら、箱根湯本は次の駅じゃないですか!
「箱根湯本までは這ってでも行ったる!」と書いた記憶があるので、有言実行を試みます。


こんじょぉぉ〜! ちとつらかったりするけど…

R0014096.JPG午後2時25分、箱根町に入ったみたいです♪


R0014098.JPG画面左下には早川が流れています。
箱根湯本の駅は道なりですが、中央に写っている三枚橋を渡ると、箱根越えの道へ続きます。

早川の流れの清々しさや、箱根の爽やかさを描いた時代小説や歌があるけれど、

ごめん、今、そんな気分になれない。

暑い、辛い、疲れたのん。
今、座ったら、一生立ち上がれないかもしれないと思ったりする。

R0014099.JPG箱根湯本の駅が見えた!
「這わず」に済んで、よかったぁ〜!


R0014101.JPG歓迎、ありがとうございます。
標高94mとのこと。
小田原市街には「このあたりの海抜は5mです」なんて書いてある場所もあったっけ。
けっこう上りましたねぇ。


R0014103.JPG

♪祝・箱根湯本到着♪


午後3時終了。
マメなし。
リンパ浮腫の兆候なし。
500mlのペットボトル3本プラス、ドリンクバー3杯消費。
9月に入ったけれど、今日も暑かった。
次回以降の箱根山中は涼しいといいけど。

どこまで行けるかわからずに始めたリアル五十三次でしたが、とりあえずの目標にしていた箱根湯本まで本当に来ることができました!
やった、やった〜!
時間さえかければ、京まで行けそうな気がします♪

帰りに小田原のステーションビルで、UKIちゃんへのお土産に梅干を買った。
彼が欲しがっていたものとは絶対に違うと思うんだけど、あんな指示ではねぇ…。
これで文句言ったら、ブッ飛ばす!
練り製品で「シラスのつまみ揚げ」というのがあったので、それも買ってみた。
なかなかおいしかったです。
健康オタクのワタシも、珍しく「ちょうだい!」とねだったので、添加物は使っていないんだろうと推測。

帰りの電車で、そばに座っていたおばあちゃんが、いきなり詩吟(?)の練習を…。
なんとマナーの悪い人かと思っているうちに、ハッと気づいたら、わたくしは寝ていた (;^_^A
詩吟の心得がないわたくしが聞いても、失礼ながらかなりヘタクソ。
しかも小声でボソボソと吟じるので、お経そっくりなんですよぅ。
周りを見回したら、詩吟ばぁちゃんの周囲5mは、全員寝ているか半眼状態。
いろいろな意味で、恐るべし。

◇突撃日 2006年9月9日(土曜日)
◇天気 晴
◇踏破距離 約12km(国府津〜箱根湯本)
◇交通費 2760円

(続く)


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | キャンサー・サバイバーの五十三次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

チャングムの誓い

韓国のテレビドラマだけど、出演している俳優さんたちを見ると、知っている人に似ていたりする。

クミョン→村主章枝さん

ヨンセン→常盤貴子さん

シン・イクピル教授→古谷一行さん

チョン最高尚宮→あき竹城さん

に似てるなぁって思ってるのは、わたくしだけ?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 14:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

減らない飲酒運転

先日、福岡で子供3人が死亡する飲酒運転がらみの事件があったばかりなのに、新聞にはまた酔っ払いドライバーが起こした事件が載っている。
学習能力のないドあほうが、どうしてこんなに多いのか…。
車の運転を誤って人をはねた交通「事故」と言うには、あまりにも悪質過ぎる。
立派な「事件」でしょう。

飲酒運転が減らないからには、お酒を飲んで運転した時点で、高額罰金&免許一発取り消しでいいんじゃないの?
「一生かかっても払えない…」とビビり上がるほどの高額罰金を設定したら、少しは抑制になるかも。

飲酒運転で死亡事故を起こした場合は、極刑でもいいと思う。
アルコールが入ったら判断力が鈍るって、誰でも知ってること。
飲酒運転すれば事故を起こして結果的に誰かを殺してしまうかもしれないけど、それでも構わないと考えて運転しているわけでしょう。
それは、「未必の殺意」になると思うんですよね。

情けないことに、常識や道徳観が皆無のドライバーがかなりいるらしいことが白日の元に晒された。
人間の本性は善であり、仁義の徳の端緒をはじめから備えているとする「性善説」路線ではもうダメだ。
すべての車には、運転手の呼気をモニターしてアルコールが入っていたらハンドルがロックされて動かなくなっちゃう装置をつけるとか、できないのかなぁ。
無免許運転対策のため、車にカード読み取り機みたいなのを付けて、運転中は免許証を読み取らせておかないと車が動かないシステムなども、あっていいと思う。
車製造メーカーのみなさん、いかがでしょうか?


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 19:04| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

違い

腫瘍と癌の違いがわからない人、疲れるなぁ…。
腫瘍=癌ではありません。
腫瘍には良性と悪性があるんです。
そこんとこ、よろしく。

性病と性感染症の違いを知りもしないで、やみくもにぎゃあぎゃあ騒ぐ人とは、関わり合いになりたくない。
その違いは、「医学書を見ないとわからない」的な特別情報ではなく、インターネットにもたくさん載っている事柄なので、調べる努力もしてください。
ちなみに、子宮癌は性病じゃないし、子宮頸癌も性病じゃありません。
わたくしが書いていることの意味がわからない人は、「子宮癌」という病名があるのか、性病に該当する病名は何か、ってあたりから調べるとよろし。
「知らないから騒いじゃった、ゴメンナサイ」では済まないこともあるんです。

予防と治療の違いがわからない人とも関わり合いになりたくない。
健康食品は、「健康」食品であって、「治療」食品ではないんだけど?

まったくな〜。
カンベンしてくださいよ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| サイト管理者の憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。