2006年10月12日

治療や投薬についての疑問は何でも言ってみるもんだと思った

夕方、坂の上病院の内科を受診。
卵巣欠落が原因でなった生活習慣病の薬、橋本病の薬など、常用している薬一式を1ヶ月分出してもらった。

橋本病から来るものらしいのだけど、手首と足首から先が浮腫むので、いつも利尿剤のラシックスを1日30mg処方してもらっている。
20mgの錠剤1.5個分です。
橋本病の浮腫みは水分ではない(だから押しても凹まない)そう。
ということで、利尿剤が効くかという点に関しては異論反論ございましょうが、わたくしは浮腫みが軽快するので飲んでます。

で…。
例えば、4週間分の利尿剤が処方されたとしましょう。
1日1.5錠なので、薬局からはシートで28錠プラス、半分にした錠剤を28個渡されます。
わたくし、この半分になった錠剤がすごく気持ち悪かったんです。
薬剤師さんが1つ1つ手で折っているのなら、時間もかかるでしょう。
42錠くれれば、飲む時に自分で半分に折るのになぁ、と思っていました。

ぴ「先生、薬局は、ラシックス1日分を1錠と半分に割ったのを1つという形にして処方日数分くれるんです。半分に割ったのがいっぱいあるんです。一日の処方量を多くして処方日数を減らすなどして、私の手元にシートのまま必要量が来る形になりませんか?」

Dr「ん?」

ぴ「正直言うと、誰かが手で割っているのを飲むのは気持ち悪いんです。それに、いちいち半錠に割るのは薬局だって大変でしょう? 飲む時に自分で割れますから…」

Dr「割るのは機械だけど?」

ぴ「そっ、そうなの?!」

Dr「あははっ、そうだよ。滅菌された形で機械で割るんだよ。そこらへんはちゃんとしてるよ。それに、いちいち人間が割ってたら大変だよ。ぴょんぴょんさん、人間が1つ1つ手で半分に割ってると思ってたの?」

ぴ「はい…」(滝汗)

何でも言ってみるもんですわ、やっぱり。
1つ学んだ。

前回の血液検査の結果を見ると、腫瘍マーカーのCEAが上がって、正常値上限をオーバーしていた。
わたくしはずっと正常値オーバー気味の高め安定なので、これが「わたくしの正常値」と考えるしかないのだけれど、胃も大腸も2〜3年ほど前に検査したきり。
その後、こちらから胃癌や大腸癌検診を申し出ても、のらりくらりと逃げるのだわ、この主治医は。

胃の検査時の反射がものすごく強い、大腸は癒着がひどくてカメラがなかなか入らないという、わたくし固有の事情はある。
主治医が胃カメラの術者だった時には、喉を超えるまでがえらいこっちゃで最後まで検査できなかったぴょんぴょん激怒事件もあったんだっけ。
先生は、かな〜懲りているようです、トホホ。
でも、それが「検査しなくていい」という理由にはならない。

Dr「健康診断は受けているんでしょう?」

ぴ「受けていません。すでにいろいろな病気を持っているので、一般的な健康診断ではなく、治療やフォローアップ検診の一環として検査していますし、それを希望します」

Dr「本当は、1年に1回、癌検診やっといた方がいいんだけどね」

ぴ「そうですよね〜。ですからずっと前から、先生、あなたに、

検査をやりたいと要望しています

Dr「あはっ、あはっ…。ぴょんぴょんさん、反射すごいからなぁ。もう少ししてから考えましょう」

ぴ「先生は、1年以上前から、そうおっしゃっています」

このまま延ばし延ばしにされるのはなんだかな〜なので、今回は思いっきり食い下がってみました (;^_^A
主治医はどうしてもカメラ系をやりたくなさそうだったので、胃はバリウム、大腸は便潜血で癌検診をやってみることに。
それで異常があったら、カメラになるのは必須。
消化器系の腫瘍マーカーであるCEAが上がってるのだし、そもそもわたくしは癌経験者なので一般の人より癌になるリスクは高いのだろうから、「はじめっからカメラやっちゃえば?」と思うんです。
術者は先生、あなたでなくてもいいんですから。

って言うか、「ぴょんぴょん激怒事件」以来、わたくしは主治医が術者の内視鏡を拒否しているのであった。
カメラ系の検査だけは、内科で一番うまい(と主治医は言っている)別のDrにやってもらっているんでした。
だから、主治医が胃カメラや大腸鏡などの内視鏡検査をわたくしにやりたくない理由がよくわかんないんだよ〜ん。
主治医は検査予約を取ってくれるだけで、実際の手技は別のDrがやるんだモン。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(2) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

わらさ-ぴょんぴょんバージョン-

「鰤(ぶり)」は、大きさによって呼び名が変わる出世魚。
呼び名は、土地によって若干違ったりするけれど、当地では小さいものから、

わかし(20cm位)→いなだ(40cm位)→わらさ(60cm位)→ぶり(80cm以上)

となっています。

夫は、わらさを7本も持ち帰ってきてしまい、本当に頭が痛い。
うちは二人暮しだし、冷蔵庫はいっぱいだし、配るような知り合いは周囲にほとんどいないし、丸ごとのお魚をさばけない人もいるだろうから、差し上げても相手にとっては「ものすごく迷惑なだけ」かもしれないのです…。

これ、ど〜すんのっ!?

同じマンションの住人で、家族がそれなりにいて、魚をさばけそうなお家を思い浮かべて夫に行かせ、4本は貰ってもらった。
残り3本…。

1回の釣りでは、同じ種類の魚しか釣れない。
だから今まで、「わかし」ならそれだけ、「あじ」ならそれだけ、「そうだがつお」ならそれだけを、後先考えずに大量に釣ってくるアホウがうちにはおりまして、贅沢と言われるかもしれないけれど、わたくし自身はもう気が狂いそうです。
「二人で食べきれる分しか釣ってくるな」と言っているのに、どうしても理解できないなら、釣り道具捨てちまうぞ!

その上、このアホウは、魚屋さんの大きい厨房でさばいていると同じ気分で鱗だのなんだのを盛大に飛ばしてくれるので、キッチンは魚くさくなるわ、シンク周りは汚れるわで、後片付けが大変なのだ。

さらに今日は、海水や魚の血が混じった水がポタポタ垂れる釣り道具やクーラーボックスを家の中に持ち込み、床を濡らしやがった。
家中が魚くさい。

ムカつく。

イラつく。


「ちょっと昼寝」とベッドルームへ引っ込んだ夫をのぞきに行ったら、ベッドルームも魚くさいではないですかっ!

身体にリセッ○ュかけてやった。ふん!

と、ここまで書いていたら、魚を配ったお家の中の1軒から人が来て、「本当に申しわけないのだけれど、さばける人が帰ってこないから」と、1本返してよこした。
向こうは申しわけながっていたけれど、あなたは何も悪くないんです。
相手をそんな気分にしたこちらこそ、本当に申しわけない。

もう、こんなの本当に嫌だぁぁ〜!!!

具合悪くなりそうです。
夫は、わたくしを発狂させるつもりなのではないかと、時々、本気で疑いたくなる。
アンタが好きなことが、他の人も好きとは限らないんだからね。
自分ひとりで完結できる規模の趣味にしろや。
他人から見たらホホエマシイ夫婦喧嘩かもしれないけれど、わたくしにとっては、過剰なストレス。
こういうの続いていると、いつかは我慢の限界を超えて、離婚になるかもね。
周囲は「え、そんなことで離婚?」って思うかもしれないけど、世間を見渡すと、周囲には理解できない理由で離婚してる人もたくさんいるっぽ。
本人しかわからない辛さもあるでしょ。

とにかく、わたくしの忍耐力を試すようなことはするなって。

いいな?


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(4) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ファラ・フォーセット、なぬぅ〜!!!

ファラ・フォーセットさんが、がんの手術 - goo 映画

10代の時、ファラ・フォーセットをテレビで見て「外見については、この人を目標にする!」と即座に決めたわたくしは、まだ目標達成できていません。(人種が違うから、永久に目標達成できないというウワサ…)

そのファラがなんと、腸の腫瘍を切除し、現在は化学療法中ですって!
闘病のため、元彼のライアン・オニールのところへ戻ったそう。
ふぅむ…。
ライアンとファラは、息子が一人いる仲。
別れたとばかり思っていたけれど、余人にはわからない心のつながりなんかもあるんだろう。

って、ライアンは慢性白血病、治ったの?
恋人が白血病になってしまう悲恋ものの「ある愛の詩」でスターダムに登ったライアンが、自身の白血病を公表した時にも驚いたっけ…。

とにかく、ファラさまにおかれましては、しばらくはゆっくり療養して、ゴージャスな容姿をまた見せてくださいな。
復活を心よりお待ち申上げております!


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

代理出産

50代の女性が、がんで子宮を摘出した30代の娘とその夫の子供を代理出産した。
今回のような「生殖医療」がらみのニュースを見るたび、とても複雑な心境になる。

わたくしは子供を欲してはいないけれど、身体の機能的に妊娠出産が不可能、でも自分の血を分けた子供が欲しいという人の気持ちがわからなくはない。
純粋な「愛」に基づいた代理出産で、代理母も頼む側も、お互いに覚悟や話し合いがしっかりできていれば代理出産を認めてもいいんじゃないかなぁという思いはある。

一方、わたくしは一人の癌患者として、キャンサー・メイトたちの旅立ちを見送ってきた。
人の死や残された方々の思いに触れる機会が、たくさんたくさんあったのです。
妊娠出産は女性の身体に大きな負担を与える。
代理出産する人が亡くなる可能性はゼロじゃないので、手放しで「代理出産、賛成!」という気持ちにもなれない。
今回のケースも、代理母は文字通り命がけだったようだし、すでに閉経してた身体をホルモン剤などで妊娠に対応できるようにしたため、出産後、かなり強い更年期症状が出たとテレビで見た。
代理出産が認められることで、女性が「出産する機械」みたいな扱われ方をするようになったら、それも大問題だ。

海外では、生まれた子供がかわいくなってしまい、代理母が引き渡しを拒否するケースがあった。
公表されている代理出産が10例に満たない日本国内でさえ、すでにトラブルは起きている。
姉妹間で代理出産したケースは、その後、絶縁状態になっているそうだ。
代理母にも、依頼する人にも、生まれた子供にも命があり、感情があり、意思があるので、いろいろなことが起きる…。

2003年(だったと思う)に、日本産科婦人科学会は代理出産を禁止している。
が、日本の現行法では禁止されていないので、と申しましょうか、まだ法整備されていないのが現状。

2001年頃、代理出産に関する学会の方針が出そうな動きや、法律ができそうな動きがあった。
どうも「禁止」になりそうだったのである。
その時は、わたくし、盛大に吼えた。
禁止にするのは簡単だけれど、案を決める話し合いが充分行なわれているとは思えなかったし、そもそも決める場に、自分では出産ができなくなった人、代理出産にかけるしかない当事者の姿や声が見えなかったのが気にいらなかった。
うさぎの本宅でも意見を募集し、代理出産でしか子どもを持つことができない当事者のご意見もたくさんいただいた。
そのログはYour Voice内に残っている。

あれから5年。
未だに法律は整備されていない。
いったい何をもたもたしてるんでしょうね?
テレビで「政治家は、代理出産の法案を論じても票に結びつかないため、積極的でない」というコメントを見て、「払った税金分の仕事をしろや!」と、がるがる状態。
「子供はもちろん孫もいるような人たちには、代理出産に望みを託すしかない患者の気持ちなんてわからないんだろうな〜」と思ってみたり、「子宮はもちろん、卵巣も摘出して母親もいないわたくしには、今回の代理出産を語る資格なんてないのかな」と思ってみたり。
どうも気持ちが落ち着きません。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
ラベル:代理出産
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

「自殺直前日記」

自殺直前日記自殺直前日記
山田花子 著

あぁ、わたくしってバカだ。
書いてあることがほとんど理解できなかった orz

著者は、わたくしのような凡人には想像もできない鋭敏な感受性を持っていたらしいこと、その感受性の高さから様々な事柄が彼女のアンテナにはビンビン来て、生きていることが苦しかったようだ、というところはなんとな〜く伝わってきた。
でも、その「ようだ」も、違ってるかもしれない。

共感したとか、面白くなかったなどの感想を持つ域まで達せなかった。
どないしましょ…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 今日読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

なんですか、あれは?

当家は新聞をとっていないので、ネット版を見ている。
今朝のA新聞の天声○語、なんですか、あれは?
うちの猫・ワタシが書いたのかと思った。
中学・高校の時、すべての国語の先生に「作文の勉強になるから毎朝読め」と言われていたのですが…。

代理出産について述べていると思われる内容。
いろいろな意見があるので、反対意見があってもおかしくないし、「賛成です」と書く人がいてもいい。

だけどね、本当に奥の深い問題なんですよ。
だから、真面目な気持ちで考えて欲しかった。
ちゃかされているような、バカにされているような感じを受けたのは、わたくしだけ?
あれでは、今回の代理出産の当事者たちがかわいそうだなぁと思った。
反面、「あんなこと書かれてかわいそうだから」という感情論が高まって、世論が同情だけで代理出産を認める方に傾くことがあるとしたら、それはそれで何か違うなぁとも思う。

子宮癌や卵巣癌になって子宮を摘出し、妊娠や出産が不可能となった患者が「どうしても自分の血を分けた子供が欲しい」という気持ちを諦めきれなかった場合、現状では代理出産しか方法がない。
けれど当の患者ですら、「生命とは?」「親子とは?」「家族とは?」と考えていくと、代理出産に速攻で飛びつく気持ちにはなれないはず。
何らかの結論を出すまで、深く深〜く思い悩むんです。

子宮も卵巣もなく、保存卵子もないわたくしは、代理出産という可能性すら望めないけれど、「子宮癌・卵巣癌患者情報交換サイト」と銘打ったホームページを運営しているものとして、代理出産の件にノータッチという訳にもいかないだろう。
子供が欲しいのに自分は代理出産の適応にすらならないとかそういうことではない、代理出産がらみの悩みは、わたくしにもあるんです。

ひらがなとカタカナだけで書かれた、チャチャとも受け取られかねない暗号文のようなもので、真面目に考えようとする人々の気持ちを乱して欲しくはなかった。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
ラベル:代理出産
posted by ぴょんぴょん at 12:00| Comment(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

胃造影検査&マンモグラフィー

本日、胃造影検査をやってきました。
バリウムを飲んで食道、胃、十二指腸を造影するアレです。
「胃透視」「胃造影」「胃のバリウム」などと呼ばれる検査で、カルテにはMagen durchleuchtungというドイツ語を略してMDLと書かれている場合もあります。

胃の動きを止める注射を上腕に打ってから、発泡剤を飲みます。
胃が膨らむのが感じられるぅ。
検査が終わるまでゲップしちゃいけないんですが、我慢するのってけっこう辛いんですよね〜。
わたくしは、ゲップが出そうになったら、つばを飲むようにすると、けっこう耐えられます。

その後、バリウムを飲みます。
量は、250〜300mlくらいでしょうか。
昔に比べると、かなり飲みやすくなったと思いますが、でも、やっぱりおいしいものではありません (ToT)

準備ができたら可動式の台に乗って、あっち向いたりこっち向いたり、台が動いたり。
ここらへんはもう「まな板の鯉」状態。
ゲップさえしのげれば、辛いことは何もないので、「おまかせいたします」って感じ。

検査が終わると、バリウムを排出するための下剤を渡されて、晴れて放免となります。
今日の胃造影はものすごく順調に終わり、午前中の診療受付がまだ開いていたので、本当は8月に受けなければならなかった乳癌検診もやってしまおうと、外科に回りました。

エコーと触診だろうと思っていたら、マンモグラフィー撮ってくれることに。
左乳房にずっと「何か」があって要経過観察になっているから、Drも慎重ですわ。

わたくし、マンモグラフィーを撮るのは2回目。
あれは…。
あれは…。
あれは…。
う〜ん…。

初めて撮った時、「恥ずかしがると、わたくしも放射線技師さんもお互い気まずくなるだけ」というのがわかりました。
乳房を挟んで、できるだけぺったんこにしてからレントゲン撮るので、検査中は胸全開。
しかも機械に挟む時、技師さんが胸に触ったりします(ってか、『ぐわし』と掴んだりも。。滝汗)から、こちらの気持ちだけ述べれば、やっぱりなんだかな〜。
でも、向こうも好きで触ってるわけじゃないと思うんですよね。
こちらが「見せたくありません」と拒めないのと同様、放射線技師さんも「あなたのは見たくありませんが…」って我慢してる時はあるんだろうなと思ったりして。

服を脱ぐ時に席を外してくれようとしたけど、何をどうしたところで、最終的に上半身ぬーど(きゃあ♪)を見せることに変わりはありません。
で、マンモ撮影時の注意を聞きながら、ぱっぱかぱっぱか脱いでみました。
なんか、そっちのほうが恥ずかしくなかったような…。

撮った写真ではとくに問題がありませんでした。
外科Drの触診の後、「また半年後くらいに来てね」と。

まぁ、こんなもんでしょ。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 15:19| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

まぁこんなもんでしょ

数日前から寒くて、手足が氷のように冷たい。
橋本病と、なんちゃって膠原病の症状だと思う。

本日は、だるいし、妙な疲労感もあり。
手足が冷えるのに身体の中には熱がこもっているような「なんだかな〜」な感じで、夫の腕に額を押し付けたら、「ぴょんぴょんは熱がある、すごく熱い!」と言われた。

そうか、わたくしは熱があるのか。
まだ自分が橋本病やなんちゃって膠原病だと知らなかった数年前、同じような症状が出ると、口パクパクさせて横になっているのが精一杯だったっけ。
今は、少しは動ける。
慣れって偉大だ…。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
ラベル:橋本病 膠原病
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

またいつかお会いしましょう

以前、うさぎの本宅とリンクしていただいていた頸癌の患者サイトの管理人さんが、22日の早朝に逝去されたとのこと。
7月に、先方のサイト内がリンク切れになっていていたので問い合わせのメールを差し上げたら、「なぜかログインできなくなり、更新もできないので、いったんリンクを切ってください。大変お世話になりました。これからもどうぞよろしく」と、丁寧なお返事をいただきました。
結果的にはそれが、彼女とわたくしの最後のやり取りになってしまいました。
9月の末にブログを再開なさったので、折を見てご連絡差し上げようと思っていたのですが…。

今日、リンクの件をメールしようと思い立ち、メールアドレスを確認するためにブログへ伺ったところ、10月中旬にいったん入院、その後、訪問看護を受けながら在宅で最後を迎える決意をなさって、急遽退院したことなどが書かれていました。
一番新しい日付のブログに、お友達の皆さんからのお別れのコメントがあったので、旅立たれたことを知りました。
在宅で、ご家族に看取られての安らかな最期だったことを祈ってやみません。

彼女がサイトを開設なさった当初、メールでは済まない用件ができ、お電話をいただいたことがありました。
小さいお子さんがいらっしゃるし、夕方近かったので、「お夕飯の支度があるでしょうから、また改めましょうか?」と伺ったら、「今晩は鍋ですから、準備は大丈夫です♪」とおっしゃっていたのが、妙に心に残っています。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
「さようなら」は申し上げません。
またいつかお会いしましょう。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 11:19| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

膠原病と皮膚症状

まつげの生え際やまぶた、目頭など、目の周りの柔らかいところが痒い。
ここ数日、様子を見ていたところ、痒かったところがパサパサしてきた。

皮がむけていますっ! (ToT)

これ、何?
わたくしは、なんちゃって膠原病(全身性エリテマトーデス予備軍)。
その皮膚症状なんでしょうか?
夫には「ぴょんぴょんは熱がある」と言われているし、膠原病の増悪を示すアヤシイ症状が揃ってきちゃったなぁ。
相変わらず痒いので掻いちゃってるけど、眼球を傷つけそうで怖い。

3年前、両方の耳たぶにディスコイド疹(のようだと膠原病のDrは言った)ができた。
パサパサ、じくじく、あかむけになり、一時は「治らないか、傷跡がクレーターの様にへこんで、色も変わったまま、一生残ってしまうかもしれない…」と思うほどひどい状態だった。
ステロイド軟膏塗ったり、ワセリンだけにしてみたりの結果、左耳たぶは治って、今では傷跡も、じいっと見なければわからないほど薄くなってきました♪
でも、右耳たぶには、まだ変色が… (ToT)

これが目の周りにできちゃったら、やっぱり「なんだかな〜」。
今は、目の周りのパサパサが「目やに」をつけているように見え、カッコ悪いし。

こういう時はどうするか。
はい、坂の上病院の皮膚科に行ってきました。

診察の結果、「一般的な湿疹のように見える」とのこと。
塗り薬のネオメドロールEEが処方された。
ステロイドも入っているけど、とにかく今回は傷跡にならないよう短期で治す方向で考えたいので、うじゃうじゃ言わずに使います。

もしもこの薬で軽快しなかったら、何かのアレルギーを疑わなくてはならないそうだ。
わたくしは、お化粧しないし、痒くなる前にいつもと違うものを食べたり、はじめての動物と接したりといったアレルギーが起きるような心当たりはないんだけど…。
ま、薬を塗って、どうなるか見てみましょ。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。