2007年03月12日

憑いてる

昨夜、鍋をつつきながら夫と2人で晩酌した。
夫がぽつりと言う。
「ねぇ、僕に、なんか憑いてない?」

そう。
わたくしは時々、見えてはいけないものが見え、わかるはずのないことがわかる「なんちゃってシャーマン」なのでございます。

夫「実はこの頃、仕事でうまく行かないことが多い。どこかでヘンなの拾って来ちゃったかも。ねぇ、僕になんか憑いてない? それか、家になんか来てない? なんか見えない?」

その時、すでにわたしくには、夫に憑いているものがはっきり見えており、対処法もわかっていた。
けれど、その対処法を夫が気に入るとは思えなかったし、教えたところで本人には、ソレをやる気はないだろう。

ぴ「確かに憑いてるし、どうすればいいかもわかっているけれど、それを言ったところで始まらない」

夫「何が憑いてるの?! どうしたらいいの?」

ぴ「教える気はありません」

夫「なぜだぁぁ!」

ぴ「前、教えてあげたけれど、あなたは実行しなかったから」

夫「今度はちゃんとやりますから、どうしたらいいか教えてください(ToT)」

ぴ「体重落とせ!」

そう、あなたには、脂肪がついてるんです。
他には、狐も貍も、「アヤシイ何か」も憑いてませんっ。
少なくとも、わたくしには見えませぬ。

あのさ〜。
今月は年度末で、駆け込み発注のクライアント、多いでしょう?
仕事量が激増しちゃって、あなたはキャパオーバー気味なわけよ。
そこにもってきて、身体が重いからフットワークがイマイチで、クライアントとの連繋がうまく行かない。
夜は夜で、喉の周りにしっかりついた脂肪が邪魔して、盛大にいびきかいて寝てるから、ちゃんと睡眠取れてない。
疲れが取れない、身体重いでは、仕事がうまく行くわけない。
うまく行かない→超常現象方面を疑いたくなる、という気持ちはわからないではないけれど、もうちょっと論理的に考えましょう。

夫「とほほ、そういうことか…」

ぴ「どうしたらいいかは言ったからね。でも、あなたには痩せる気なんてないでしょ?」

夫「わかりました。今回はちゃんとやります」

ぴ「どうだか」

夫「ほんとにやります」

ぴ「じゃあ、カレンダーにでも、一筆書いておいてよ」

わたくしは、その後すぐに寝ちゃったけど、朝起きたらカレンダーに「5kgやせます。UKI」と決意文が書かれてあった。
がんばってねぇ。

痩せる頃には、3月が過ぎて仕事量も減り、キャパ内に収まるようになっていることだろう。
だから、わたくしのご神託は当たるのだ。爆。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 19:45| Comment(3) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。