2007年06月16日

贖罪グルメ

盛岡に「ぴょんぴょん舎」という冷麺のお店がある。
有名らしい。
行ったことがないわたくしがなぜ知っているのかと申しますと、うさぎの本宅のアクセス解析で、以前から不思議なキーワードによるアクセスがあったから。
調べた結果、ぴょんぴょん舎を検索していて、うさぎの本宅に来てしまっている方がいらっしゃるとわかった。
その人数は、少なくない。

一時、有名検索エンジンで「ぴょんぴょん ○○」と複数ワード検索すると、「ぴょんぴょん舎」より「うさぎの本宅」のほうが上位になってしまう時期があり、冷汗をかいた。
こちらは意図してやってるわけじゃないけど、営業妨害している気分。
ぴょんぴょん舎のホームページへ行くつもりでうさぎの本宅へ来てしまった方は、驚かれたことと思う。
時々思い出しては、なんだか申しわけなくなることも…。

なんやかんやでお店に興味を持ち、一度は食べてみたかった。
でも、盛岡のお店なので機会がなかった。
ごく最近、関東に出店していることを知り、本日行ってきましたよ〜! にゃはは。

P1000005.JPGけっこうなお味でございました。
麺も歯ごたえあっていい感じ。
極辛を頼みましたが、わたくしはこの5倍辛くても大丈夫っぽ。

ぴょんぴょん舎 http://pyonpyonsya.co.jp/


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆



posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月17日

癌かもしれない人の心理

ヘンな咳が止まらない夫は、今週、アメリカ出張の予定。
そのため、病気かどうか、病気なら何かを確定するいろいろな検査は、6月の最終週に行なう。
だから、結果が出るのはもっと後、7月に入ってからになると思う。

病気や医療にはほとんど無関心・無知だった夫が、「肺ジストマかもしれない」と言い出し、わたくしはのけぞった。

ぴ「肺ジストマかもって、Drが言ったの?」

夫「ううん。調べていて、そう思った」

今までさんざん「肺癌だったらどうするの? 早く受診を!」と急かすわたくしに、「その時はその時〜♪」とのんびり構えていた夫。
それが一転、「癌かもしれない人」にありがちな行動パターンを示すので、わかりやいところがおかしくもあり、その心もちを考えると気の毒でもあり。

癌かもしれない症状があると、その不安感を打ち消すために、別の病気の可能性を探すこと、多々あるんですよねぇ。
症状があるから何でもないわけはないだろう、でも癌じゃない別の病気だったらいいなぁと、思うんですよねぇ。

夫「咳は煙草のせいだったのかもしれない。禁煙したら、咳止めを飲まなくても、咳が出なくなった」

ぴ「ふ〜ん」

そう言ってるそばから咳き込んだので、わたくしは見ないふりをした。
「癌かもしれない人」は時々、何かの病気であることを全否定して、「自分は健康である」と思いたくなるんですよねぇ。
金曜以来、スパッと煙草をやめたのは本当にアッパレだと思いますが…。

検査結果が出揃うまで、たぶんあと半月。
その間、彼にとって「なんだかな〜」な日々が続く。

蛇足ですが、もしも肺ジストマだった暁には、どこで何を食べたのか小一時間問い詰めたい気はする。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 18:00| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

父の日

今年の贈り物は、気に入ってもらえたみたい。
胃が痛くなるほど悩んで選んだ甲斐がありましたよぅ (^o^)

豪華20本も入ってこの値段はお買い得!!送料込み!!頑固店長が独断で選んだ焼きとりたち

お礼の電話がかかってきて、嬉しそうな様子だった。
しかし、話の途中で、トホホなことが発覚。

義父は、去年の今頃、ヨッパー状態で転び、足首を骨折した。
お酒で感覚が麻痺していて骨折の痛みに気づかず(驚)、その後に歩いたため骨がずれ、手術でプレートを入れて整復するはめに。
恥じ入った義父は「もう酒やめる」と言い出した。
もともとそんなに飲む人ではなかったけれど、独り暮らしだし、糖尿病だし、高齢でもあるので、わたくし、実はホッとしていたんです。
でも、また「たまに飲んでる」そう。

そうですか…。
まぁ、ほどほどのお酒ならいいか。
来年の父の日は、またお酒の方がいいんでしょうか?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

婦人科術後検診

坂の上病院婦人科を受診。
4月にやった細胞診の結果はクラス1。

婦人科的なトラブルはないので、Drもわたくしも「細胞診はもう、年に1回でいいですよね〜」で合意。
CTもそう頻繁に撮る必要はないので、次回受診はCT予定の11月頃でいいみたい。
ですが、わたくしは、骨密度を上げるためのHRT(ホルモン補充療法)を行なっている。
骨粗鬆症の治療薬も婦人科で処方してもらってる。

ぴ「薬は、内科で処方してもらってもいいですか? 内科は月1で必ず来なくちゃならないんです」

Dr「ええ、骨粗鬆症の薬はそれでもいいんですが、HRTの薬は内科で出してもらえないと思います」

ぴ「ああ、そっかぁ…。じゃあ、検診の必要がなくても婦人科には2ヶ月ごとに薬を貰いに来きます」

まぁ、これはしょうがない。
わたくしは、基本的にはHRTが禁忌とされる体癌だった人。
にも関わらずHRTしているので、たまには婦人科Drと会って話すことは必要かもね。
癌が再発する危険性のある専門的な薬を別の診療科が出すようになったら、そっちのほうが怖い。

一昨日は冷麺行って、昨日も用事があって出かけた。
今日も病院でお出かけ。
身体がかなりだるい…。
明日は家でブラブラしていたいです。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

踏んだり蹴ったり プラス 猫に襲撃されるトホホ

夫が出張の間、わたくしの予定では、ビョ〜〜ンと羽根を伸ばしていろいろと楽しいコトをするはずでした。
が…。
実際には、微熱攻撃でおおむねノビてました orz
朝起きた時から存在する、山登り後のような疲労感。
吐く息吸う息が熱くて息苦しく、サウナの中で生活している気分。
そして、夕方に少し熱が上がる時のゾクゾク感がたまらんです。

当初は忠犬ならぬ忠猫と化し、夫の帰りを玄関で健気に待っていた猫は、思いが叶わないじれったさにイライラして、暴猫になってしまいました。
家の中を走り回っておめき叫ぶので、少し遊んであげたらますます興奮。
DSC00268.JPGいきなり猫パンチや猫キックを繰り出し、わたくしは、まさに踏んだり蹴ったりでございます。

イライラが収まらない猫は、おもちゃを囓って食べてしまいました。
後で、「まま、ワタシ、きもちわるくなっちゃったんですけど」と言いに来るところが、頭いいんだか悪いんだか、よくわかりません。
うちの猫は、吐く前に必ず、独特の鳴き方をするのですぐわかるんですね〜。
で、新聞紙を敷いて「ここにどうぞ」と誘導したら嫌がり、自分のトイレに行って、頭突っ込んで吐いているのも、賢いのかそうじゃないのか、よくわかりません…。

DSC00269.JPGオエップした後、お昼寝用籠で沈没。
玄関で寝るのはやめたようです。
あなたのぱぱは、明日の夜中までには帰ってくると思うよ。

熱っぽいのと、猫にさんざん振り回されたのとでグッタリ。
じゃらんの「にゃらん」を見て、心を落ち着けて寝たいと思います。
Web限定で見られる未公開シーンがかわいいんですよ♪
客室に通されて、お茶を入れてもらったりしてます (^o^)


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(2) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月24日

子宮体癌のグレード(組織分化度)

子宮癌・卵巣癌患者情報交換サイト「うさぎの本宅」の子宮がんスタディノートを更新。

子宮体癌の多くは腺癌のため、ステージとは別の補助的分類として「グレード」「G1」「G2」「G3」という言葉が出てくることがある。
これは組織分化度を分類したもので、「いつかは書かなくちゃなぁ」と思ってはいた。
けれど、それでなくてもクラスだのステージだので頭の中がごっちゃになっているに違いない多くの「癌はじめまして」の患者さんに、患者サイトでそこまで説明する必要あるかなぁとか、説明するとしたらどうやって? という切り口に悩んで今日まで来てしまった。

細胞診の「クラス」と、癌の「ステージ」と、癌の組織分化度の「グレード」をごっちゃにしたり、「癌のモード2です」「子宮がんプラス5でした」のような、どう解釈したらいいかわからないご質問や書き込みはこれで少し減るでしょうか?

夫は昨夜帰ってきた。
猫、大喜び。

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 14:00| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

そういうふうになっている

肺の病気疑いの夫は今日の午前中、胸部CTとエコーの検査を受けた。
夫の内科主治医は金曜日しかいないので、結果は7月6日に聞ける。
予定だったんだけど…。

診察の予約を取った夫が帰宅後、病院のナースから電話がかかってきた。
「7月6日に予約を受け付けてしまったけれど、先生はその日、休診でした。私のミスです。すみません」とのこと。
検査結果が聞けるのは7月13日になった。

そろそろ夏休みを取るDrもいるんだろう。
だから、「癌かもしれない」って症状があって不安な人は、さっさと病院へ行くに限るのだ。
この時期と年末年始は、受診してから結果が出るまで、時間かかりがちですよ〜!
そういうふうになっている。

ぴ「エコー、どこで撮ったの?」

夫「検査室」

ぴ「ああ、そっか、検査室にエコーの機械あるものね。乳癌検診で外科に行くと、先生がその場で撮ってくれることもあるのよ」

夫「外科にはエコーの機械が置いてあるのか。え? 乳癌って外科なの?」

ぴ「そうだよ」

夫「内科じゃないの?」

ぴ「外科。もっと専門的な科だと乳腺外科っていうのがあるよ」

夫「なんで、内科じゃないんだ!?」

ぴ「………」

いえね、「なんで婦人科じゃないんだ!?」って言うのなら、なんとなく理解はできるんですが。
乳癌患者は圧倒的に女性が多い。
男性も乳癌になるけど、その男女比は女99:男1という記載を見たことがある。
それでわたくしは、乳癌→女性の病気→婦人科って、漠然と思っていた時期があったんです。

夫よ。
乳癌は外科。
そういうふうになっている。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 12:00| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お中元

いつも、ギリギリになってから手配する。
そういう時に限って具合悪かったりして、かなり辛い。
ゆえに、お中元の風習にこっそり腹を立てたりする。

上記のような過去の反省から、今年は本日、手配しましたよ〜!

数年前までは、ごった返すデパートのお中元コーナーを文字通りフラフラになって回っていましたが、今はインターネットがあるので自宅にいながら注文できる。
ありがたい限りです。

創業80年浜名湖うなぎのあいかねうなぎ蒲焼2本と白焼2本のセット

個人の方へは、蒲焼と白焼きの両方楽しめる鰻にしました。
贈る先が高齢者であまり出歩かないのと、お店へ行っても食べきれないことがあるみたいなので、お家でゆっくり食べていただこうと思って。
去年も鰻にしましたが、とても好評でした。

【全国一律送料399円】デルモンテジュースギフト KDF-20A

会社関係はこちらにしました。
定番ですけれど、他に思いつかなくて (;^_^A

さぁ、これで今年のお中元は心配しなくて済む♪


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 17:41| いいかもコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

哀願

妙に時間を持て余す時がある。
ボーッとしているのは苦痛じゃない。
でも、もっと何か建設的なことがあれば、やってもいいなぁ。
家の中でできて、場所を取らなくて、あまり道具もいらなくて、他にしなければならないことができたら素早く片付けられそうなもの…。
わたくしは夫に言った。

ぴ「ぴょんぴょん、手芸やってみようかな」

夫「えっ、ええ〜っ!? やめた方がいいと思う。いや、やめろ!!!」

ぴ「なんで…」

夫「お願いだから、やめてください。ほんとに、やめてください。頼むから」

最後には哀願口調になった夫から、思いとどまるよう説得された。
その理由は、「非常にあぶなっかしいから」と、「ぴょんぴょんは縫いものを含めた手工芸をしている時、ものすごく機嫌悪くなるから」。

ああ、そうだよ。
わたくしは、アヤシイ直線縫いと、ボタンつけしかできないよ。
縫いものは、夫の方がうまかったりするのだ orz
そしてわたくしは、ちくちく縫ったり、細かい手作業をしていると、叫び出したくなるほどイライラするんだった…。
趣味の分野は星の数ほどあるのに、よりによって、なんでわたくしは手芸をピックアップしたんだろう?
こういう「気の迷い」が時々ある。
後で考えるとへんなことしてたり、へんなもの買って後悔したり (;^_^A

夫には、夢がある。
それは、「恋人(または奥さん)が作ってくれた手編みのセーターを着ること」なんだそう。
わたくしが妻の座にいる限り、その夢は叶いそうにない。
ちょっとかわいそうかも。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(3) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

レーシック術後3ヶ月検診 -前編-

イントラレーシックを受けてから早3ヶ月。
今日は、その検診に行ってきた。

術後3ヶ月目になると視力が安定すると聞いている。
そのためだろうか、今日は少し検査項目が多かった。
検査前に見え方や術後満足度の筆記アンケートがあり、普通の明るさの部屋で機械3つと視力表を使った検査、暗室に通されて角膜の歪み(?)の検査2つ。
その後、Drの問診。

Dr「きれいに治っています。検査結果でも目には問題ないです。視力も1.5出ています」

術前は0.1だったので、現在は本当に快適です。
医学の進歩ってすごいわ〜。

Dr「何か気になることはありますか?」

ぴ「以前より目が疲れやすくなった気がするんです。特に夕方は、細かい字がぼやけることがあります」

Dr「目の疲れが出る時間になると、そうなることはあるかもしれません。目の乾燥がかなり影響するので、そういう時は市販の疲れ目用の目薬を使ってみてください。今日は、涙に近い成分の目薬を4本出しておきます」

ぴ「はい」

Dr「本日で検診は終わりになりますが、何か聞いておきたいことはありますか?」

ぴ「2つあります。1つ目は、仕事でカラーコンタクトを使わなければならない時があるのですが、もういいでしょうか?」

Dr「問題ありません。ただし、ぴょんぴょんさんは目の乾燥が気になるみたいなので、目薬使ってくださいね」

ぴ「はい。2つ目なんですが…。私は額の骨が突出して来ています。整形では『削れる』と言っています。ノミなどでコンコンやるらしいんです。そのオペはもう受けて大丈夫でしょうか?」

Dr「大丈夫です。術後1ヶ月も経つとフラップはしっかりくっついて、めったな衝撃では剥がれません」

ぴ「はい、わかりました。ありがとうございました」

Dr「それではこれで。何か気になることがあったらご連絡ください」

診察後、受付で目薬を渡され、「これで『しゅうしん』になります」と言われた。
しゅうしん?
ここで、寝ろってか???
受付嬢の言葉の意味がわからず、しばし考え込む。

ああ、「終診」か〜。
あなたはこれで診療終わり、もう来なくていいです、ってことらしい。
今までいろいろな病気になり、いろいろな病院へかかったけれど、「終診」なんて言われたのははじめてなので、少し驚いた。
レーシックは健康保険が使えない自由診療。
だから、「はじめにいただいた料金でやるのは、ここからここまで」って、はっきりしてますわ、笑。

ちなみに、このクリニックは両眼のイントラレーシック代が19万8000円で、術後の検診費はそこに含まれている。
術後の検診で目薬を出してもらったけれど、その料金も取られなかった。

このクリニックをわたくしに紹介してくれた人は、レーシック手術を受けた直後、少し眼圧が上がり、Drから「様子を見たいので、1週間に1回通って欲しい」と言われ、週1で1ヶ月通ったそう。
その間、眼圧を下げる目薬を出してもらったりしたけれど、そのお金は取られなかったと言っていた。
レーシック代に術後3ヶ月検診までの諸費用が含まれている、ってことなんでしょうね。
まぁ、状態によってはお金取られることあるんだろうけど…。

(後編へ続く)


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。