2007年08月10日

肺癌疑惑の果てに

夫の肺バイオプシー結果が出た。
「腫瘍ではありません」とのこと。
とりあえず、よかったです。

が。

ここらへんも、わたくしが夫にイライラする原因のひとつで…。
言うだけならどんなことだって言えるので、Drが「腫瘍ではありません」と言うその証拠、根拠をきちんと確認して来いや、と。
あなたは、細胞診もやってるでしょ?
その結果は聞いているの?

画像で「陰」のように映る部分は小さくなりつつあり、しかし、完全に消滅してはいないため、しばらくは定期的に画像検査が必要とのこと。
何だったんでしょうね???

ところで、わたくしの数少ない趣味のひとつが「カルテの解読」「病理結果報告書の解読」でございます。
夫の病理報告書も解読したいぞ。
コピーをもらってきていただけませんでしょうか。
と申しましょうか、それがあれば、取った組織が炎症起こしてるんだか、異形成があったんだか、まぁ、そこらへんのこともわかるはずで…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆



posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。