2007年09月04日

アナタは、だれ?

で、本日の疑問。
形成の診察室でDrと話していたら、ナースがいきなり入ってきた。
「失礼します」などの声掛けは、一切なし。
棚の中をひとしきりかき回したナースは、何も言わず出て行った。
そんなことが数回。

感じ悪い〜。

その上、白衣を着た若者も、のっそり入ってくる。
胸からIDカードをぶら下げてはいるものの、読めるほど近くに来ない。
自己紹介はなく、Drからも「この人はこういう人です」という説明はない。
ここは大学病院ではないので、医学生が見学に来ているケースは考えにくく、研修医かなんかなんだろう。
と思う。
そう思いたい。
他に、どう考えたらいいのかわからない。
立ち上がってそばに行き、いやみったらしくIDカードを見てやろうかとまで考えた。

感じ悪い〜。

胸の再建や下腹部の傷の形成を希望して、診察を受けている患者だっている。
患部を見せるために服を脱いでいることもあるはずで、ナースだの、研修医だかなんだかよくわからない人にいきなり入って来られて、裸を見られたくはないでしょ。
そんな、一般の人がごく普通に感じるであろう感情にも配慮できないなんて、いったいどうなっちゃってるの?
とにもかくにも、ずいぶん失礼だ。

診察後に部屋を出る時、白衣の若者にも挨拶してみた。

ぴ「ありがとうございました」

白「お大事に」

「アナタはだれ? どういう身分の人なの?」

と小一時間問い詰めたい。


病院の苦情箱に投書してやるか。
本当に、思いっきり感じ悪いし、恐くもある。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆



posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肝斑(かんぱん)

頬骨の上に、気になるシミが点々と数個ある。
夏が過ぎたら、レーザーを打ってみようかなと考えていた。
シミは病気ではないから自費診療になるんだろうな、いわゆる「美容整形」の病院でやるのかな、いくらかかるのかしらなど、わからないことが多い。
予備知識を得るため、インターネットで調べてみた。

その結果、シミには、レーザーで消せるものと、レーザーを当てるともっと悪化(主に濃くなる)するものがあり、悪化する代表が「肝斑」という種類のシミだとわかった。
また、自分ではシミだと思っていても実はアザだった、シミやアザの中には、健康保険を使って治療できるものもあるなど、「へぇボタン」(ちょっと古い…)を連打したくなる知識を得ましたよぅ。

で、肝斑ですが、説明だと「頬に左右対称に現れる」と書かれていることが多い。
わたくしの頬にあるのって、それ?

トラネキサム酸配合!しみ(肝斑)改善薬【送料無料】 トランシーノ(TRANSINO)180錠

最近発売されたトランシーノという、薬局などで普通に買える肝斑改善薬を試してみようかなぁ。
でもね〜、肝斑と区別しにくいシミで、後天性真皮メラノサイトーシスだか、両側性遅発性太田母斑様色素斑だかというのがあり、その治療はレーザーが有効で、しかも健康保険適応なんだとか。
さらにさらに、わたくしのように、持病があってすでにたくさん薬を飲んでいると、飲み合わせも気になるんですよねぇ。

もう、どうしたらいいのかわかりません…

わたくしは、7年間のキャンサー・サバイバー経験から得た、こういう時に一番賢いと思われる方法を取った。

つまり、Drに相談したんです (;^_^A

タイミングよく、本日は形成を受診したので、そのDrに「このシミなんですけれど、病院で治療できますか? できる場合は皮膚科ですか? それとも形成外科ですか?」と聞いてみた。
すると、わたくしは、そちら方面の治療を専門とする別のDrに引き合わされ、今考えてみると、それは非常によかったし、逆に相談しなかったらとても危険なことが起きていたかもしれない。

診察の結果、以下のことがわかった。

1.シミの治療は、皮膚科でもやるが、この病院では形成でもやる。この病院にはレーザーもあります。

2.ぴょんぴょんさんの場合、頬に全体的に薄いシミが出ており、それは肝斑です。さらにその上に、日光性色素斑というシミが散らばっている。

3.日光性色素斑はレーザーですぐ取れるけれど、下に肝斑があり、肝斑はレーザー禁忌なので、肝斑の治療をしてからでないと、レーザーは使えない。

4.肝斑の治療は、トランサミンカプセル(トラネキサム酸)の内服で行なう。

5.肝斑、日光性色素斑とも、健康保険は適応されない自費診療となる。

6.費用は、肝斑治療の方がトランサミンカプセル1か月分の薬代4000円程度。通常量の薬を飲めば、2ヶ月くらいで肝斑は消えると思う。
日光性色素斑のレーザー治療は、1センチ平方で1万円。ただし、上限を4万円と決めている。「顔全体のシミを寄せ集めても、4センチ平方にはなりませんよ、普通は」とのこと。

美容整形や自費治療って、何十万、何百万かかるというイメージがあったけれど、このシミに関しては、わたくしが考えていたより、うんと安く治療ができそうじゃありませんか!
そして、わたくしが「Drに相談してよかった」と思った最大の理由が、ここからのやりとりでした。

Dr「トランサミンカプセルは、普通一日4錠とか6錠使うんですが、ぴょんぴょんさんは2錠にしておきたい。トラネキサム酸は、血栓に注意が必要なんです」

ぴ「はぁ」

Dr「ぴょんぴょんさんは、卵胞ホルモンを使っているでしょ。あれも、血栓注意なんです。だから、トラネキサム酸を一般の人と同じ量処方するのは、ちょっと恐い、うんたらかんたら。薬の量が少ないので、肝斑が消えるのに少し時間がかかると思います。もしかしたら、年単位でかかってしまうかもしれない。それは理解してください」

なるほどぉ。
血栓ができて → 詰まって → 麻痺または死亡 という構図は避けたいので、薬の量を減らすのはOKよん。
総合病院だから検査設備は整ってるし、血液検査などは額の骨腫用に取ったデータと共有できる。
安心の要素が多いので、自費診療にはなるけれど、ここの形成でシミ治療することにした。
薬代は1ヶ月4000円くらいということでしたが、わたくしは処方量が少ないため、薬代もその分少なくなった模様。

本日の形成は、診察、頭部のCTを3Dで撮影、シミの投薬で、しめて4960円のお支払い。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 15:01| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

骨腫の手術は10月

今日、形成を受診して正式に、額の骨腫の手術を頼んだ。
全身麻酔を希望したので、1週間の入院が必要とのこと。
わたくしは今月に手術したかったんですが、もう予約がいっぱいだったので、10月下旬に入院・手術の予約をした。
病気ではあるけれど、命に関わるものではないので、あまり急ぎません。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 12:00| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。