2007年09月17日

乾燥卵白、どうすりゃええの?

わたくしは、ボウルの中でふわふわしているメレンゲを見つめ、途方に暮れていた。
猫がのっそりとやってきて、やはりメレンゲを見つめ、それからゆっくりとボウルの中に顔を突っ込み、ペロペロとメレンゲを舐め出した。

!!!!!

当初は、わたくしの脳みそが思いついたにしては素晴らしい計画だと、自画自賛していたのであった。
遅々として効果が出ないダイエットにハッパをかけるべく、「乾燥卵白」なるものを入手。
これを多用して(正確には、これで作った白身卵焼きを常食にして)、低カロリー高たんぱくのダイエットを試みる予定だった。
素晴らしいボディラインを思い描いて、ウットリしていたんです。

********** 自画自賛 ここまで **********

しかし、乾燥卵白は水に溶かすとダマになりやすく、しかも、乾燥卵白100パーセントの卵白液で作った白身焼きは、新鮮な卵白とはかけ離れた風味…。

ごめんなさい。

匂いがつらくて、飲みこめませんでした (ToT)


なんだろ、これ。
卵を割って取り出した白身とは異なる、独特の匂いがする。
そして、その匂いは非常にわたくしの気に障るのだ。
乾燥卵白は、メレンゲを作る時に白身に少し混ぜるとよく泡立つなど、添加物としては素晴らしいものの、単品の食材として考えてはイケナイと思い知った。

どうしよう、これ。
1キロ買っちゃったんですよね〜。
水で戻して卵白液にすると、8キロ分になります。号泣。

食べない消費方法を考えた挙句、卵白パックが効くとの耳より情報ゲット。
メレンゲを作り、それを顔に塗ればいいとのこと。
乾燥卵白でも、メレンゲは立派にできた。
でも、やはり、わたくしの気に障る匂いがする。

これ、顔に塗るのかぁ。
鼻の下にも塗るのよね。
匂い直撃じゃないですか。
でも、捨てるのはもったいなさ過ぎる。
頑張れ、耐えるんだ、ぴょんぴょん!

「やる」か「やらない」か逡巡しつつ、メレンゲを見つめ、途方に暮れているところに猫が来て、メレンゲを舐めはじめたのであった。

まっ、まずくないですか???

うちの猫、変わった嗜好してるんだよなぁ。
匂いが辛くてわたくしには飲めなかった「山羊ミルク」も、狂喜乱舞して飲んでたし。
猫が食べるなら、乾燥卵白メレンゲを「おやつ」として、毎日進呈してもいいんだけど。
期待したものの、その後、猫が再びメレンゲを食べることはなかった。

しかたないので、毎晩、卵白パックしてます。
今日で3日目。
卵白が乾く時、肌がピーンと張るんですが、毎日やっていると、肌は張った状態を記憶するんだとかなんとか。

本当ですかぁ?

ともかく、一つ学んだ。
乾燥卵白は、単品では匂いが気になって食べられない。たぶん。
食用として使う時は、ちょびっとだけ混ぜるものなのね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆



posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。