2007年11月01日

癌の早期発見方法は…

前立腺癌を告知された舅の全身状態の検査が終わり、ステージが出た。
わたくしはDrと直に話していないので、よくわからない部分もあるんですが、舅と共にDr面談した同居人UKIちゃんからの報告では、いわゆる「初期」とのこと。
オペはせず、ホルモン療法と、もしかしたら放射線治療も使って治療することになった。
舅は75歳を過ぎているし、DM(糖尿病)持ちなので、オペなしで治療可能なら、それに越したことはないだろう。
手放しで「よかった、よかった」と喜ぶわけにはいかないけれど、少しほっとしました。

頻尿に気づいてから速攻で受診したのが、早期発見できた理由の一つだと考えます。
それにしても、ここ数ヶ月でできた癌ではないと思うんですよね。
癌になる前に異型の時期があったはずだし、異型って普通は「年単位」で変化するでしょ?
舅は去年、足を骨折して数ヶ月入院し、整復手術まで受けている。
整形外科扱いの怪我での入院・手術だったので、前立腺の病気を見つけられなくて当然と言えば当然なんだけど、わたくしが以前から思っていた「Drは他の診療科の病気を診ていない、わからない」は、やっぱりそうだったんだなぁ、と再認識したりして…。

だからね〜、子宮癌や卵巣癌で治療中の患者さんや、治療が終わって経過観察になっている患者さん。
あなたは確かに定期的に診察を受けていますが、婦人科Drはたぶん、子宮や卵巣の経過しか診ていません。

「私は子宮癌の術後検診を

○ヶ月に1回受けているから、

全身を診てもらえてる」

と考えるのは大きな間違いです。


胃癌や肺癌や乳癌や大腸癌や、とにかく子宮と卵巣以外の癌や病気の心配をしているなら、それぞれ検診や検査を受けなくちゃ見つかりませんので、ご注意を。

退院した一昨日の夜、寝ている時に「少し寒いかな」と思ったのに面倒がって布団を追加しなかったら、風邪を引いてしまったみたい (ToT)
くしゃみ連発で、少し鼻詰まり。
今日の午後からは、頭痛が…。

あさっての3日は誕生日。
特に予定はないけれど、気分よく誕生日を迎えたいので、この風邪は早く治したいです。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 16:11| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月03日

誕生日

AM10:28
朝が過ぎつつある。
今までのところ、まったく楽しくない。
寒くなってきたせいか、体調もあまり良くないみたい。
むちゃくちゃだるいわぁ。
お腹も痛い。
シャンプーしたら、髪の毛がごそっと抜けた。
膠原病増悪の予感。
ここ数年、誕生日過ぎから動けなくなって、春まで寝込むパターンなので、今日は無理してでも出かけて、外出の雰囲気を楽しみますか。

AM11:45
だるだるの身体に鞭打って、お出かけ。
同居人が張り切って付いてくる。

PM1:00
昼食に、元祖ハヤシライス。
まずくはないけれど、一度食べればそれでいいかも…。

PM3:30
路上ライブを見る。
オーディエンスの行動に、日本はもう終わりだと思った。
長生きしたくない。

PM4:30
「続・三丁目の夕日」を見る。
封切初日なので混んでいたけれど、どうにか席が取れた。
素敵な映画だった。
同居人の様子がおかしいので、「あなた、泣いてるんじゃないでしょうね?!」と尋ねたら、「少し…」との返事。

Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン

わたくし自身の抱えている問題がはっきりわかった。
いろいろと、「ありえない」経験をし過ぎたらしく、生半可なことでは感激できない「冷たい」人間になっちゃったみたい。
どうしたもんでしょ。

PM7:30
行きつけのお寿司屋さんで夕食。
いろいろと握ってもらう。
えんがわのポン酢が特に良かった。

PM9:30
ケーキを買って帰宅。
だる…。
息苦しく、四肢が重い。
明日から、動けるか、わかんないよ〜ん。
できるだけ、やってはみますが…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:25| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

海外赴任

以前、パーティーの座興で手相を見てくれた人が言った。

「親との縁が薄いです」

確かに。
その時、「ある程度の歳になってから、海外で暮らす」とも言われ、まだ未婚だったわたくしは、海外駐在員と結婚するのかな、もしかしたら国際結婚かもと、いろいろと考えてちょっとワクワクしたのであった。

それから20数年。
今まで海外在住の「か」の字も出てこなかったので、そんなことを言われたこともあったわねぇなんて、ほとんど忘れかけていましたが、なんとなんと、チャンスらしきものがやってきました。

ぴょんぴょんさん、中国で仕事しませんか?

大連勤務とのこと。
単身赴任だけど、行っちゃおうかな。
ってか、わたくしたち夫婦は崩壊しているので、この際お互いに少し距離をおくのもいいのでは?
本気でかなり心が動きました。

悩むこと数日。
結局、日本に留まることにしました。
断った理由は、

1.給与体系が、中国の通貨「元」で考えられている。つまり、安い…。

2.わたくしが現在抱えている病気のフォローが、現地で可能かわからない。

3.現地は、12〜3月までの最低気温が零下になる。

「行ったはいいけど、寒くて膠原病悪化。寝こんでしまいました」では、仕事先に迷惑をかけるだけなので、残念ですが今回は見送り。
でも、わたくしにもまだ海外生活のチャンスはあるって、わかっただけでもよかった。

できれば、ハワイなどのポリネシア圏か、ミクロネシア圏に行きたい。
そういうチャンス、かも〜ん!
と、思い切りワガママな希望を書いてみる。爆。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 12:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ネットスーパー

天気予報で、一時的に寒くなると言ってたけど、今日はほんと、少し寒いなぁ。
時折、小雨もぱらつく。
そして…。

身体が、むちゃくちゃだるいんだよぅぅぅ!

お決まりの「だるすぎて、息をするのもいやだ」状態到来。
このまま春まで寝込むのは受け入れがたいが、無理ができるわけもなく、ともかく今日は冬眠を決め込む。
明日は、精神論を発動してでも動きたい。

電気毛布を最強にして布団にもぐりこんでいたら、かなり楽になった。
身体の芯から冷え切っちゃっていたみたいですね〜。
まだ木枯らしも吹いていないけれど、わたくしの身体は冬バージョンとなったようです。
気をつけてしっかり保温しないとだめだ。

食べるものがあまりなくて、今晩どうしよう?
買物に出かけられたとしても、今日の体調ではあまり持てそうにない。
で、はじめて、ネットスーパーなるもので買物してみました。

うぅ、神様、ありがとうございます。

普通に安いし、食材や日用雑貨や衣料品やペットグッズまで扱ってるし、数時間後には家まで届けてくれるし、支払いはカードOKだし、こんな便利なものを今まで使わなかったわたくしは間抜けだと思った。

7年前に癌の根治手術を受けた時、退院後数ヶ月は、足の調子が悪くて長時間出歩けない、お腹が痛くなるので荷物が持てない等々、買物には非常に苦労した。
患者さんから寄せられる質問や疑問に、「退院後、食事の素材など、日常生活の買物はどうしましたか?」というのも多かった。

当時の解決法は、食材宅配サービス。
あらかじめメニューが決まっていて、必要な食材がセットで配達される。
カロリー計算されているし、届いたものを焼いたり煮たり、少し手を加えるだけで食べられるので、それはそれで便利。
でも、基本的な調味料は自前だったり、メニュー以外のものは届けてもらえないので、「果物欲しい」と思っても、それは無理だった。
洗剤やロールペーパーなども、自分で買いに行くか、誰かに買ってきてもらうしかなかった。

あの頃、ネットスーパーが普及していたらどんなに楽だったかと思わないではないけれど、「たら」「れば」を考えるときりがないので、現在わたくしに与えられている恩恵に感謝し、これから体調の悪い時は、どんどんネットスーパーさまにお助けいただくことにする。

ひとつ、生活の不便さが解消しました♪


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

遅ればせながら

わたくしの誕生日にコメントいただき、ありがとうございました m(_ _)m

今日は寒くないせいか、やや体調上向き。
精神論も加えて、お散歩程度に外出してみようかなと思ってます。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 12:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外骨腫治療その後

オペから約2週間、退院してから約1週間過ぎました。
がっぷり切って、頭蓋骨を露出させて骨を削っているため、現在はまだ、近くでよく見ると傷があるのはわかるかな。
でも、少し離れたところから見ると、気づかないと思います。
これが形成外科の「縫い目」なんだぁって、けっこう感激。

わたくしは腹部に盲腸の傷と、子宮体癌で準広汎した2つの傷がありますが、今回の外骨腫のオペ傷は、まったく比べ物にならないほどきれい。
オペ後2週間でこれほど目立たなくなっているなら、半年後、1年後はかなり期待できるかと。

傷をきれいに治すためと紫外線予防のため、現在はまだ傷に肌色のテープをつけています。
形成Drは、「髪の毛の近くなので、テープの付きが悪いでしょ? 無理して貼らなくていいから」と言ってたので、そろそろ貼るのを止めようかな。
でも、そうしたらまだ、傷が目立ちそう。

フラフラとお散歩に出て、行きつけのヘアサロンの前を通ったら、珍しく空いていた。
中に入って、「予約しなかったけど、できたら今、前髪を少しだけ切って欲しい」と頼んだら、快く了承してくれ、傷口が隠れるように前髪を切ってくれた。

おぉ、何事もなかったように見える♪

カット代は、「前髪を少し切っただけなので」と500円しか請求されず、なんだか申しわけないようです…。

だるだるではあるけれど、せっかく散歩に出たんだし、ここで寝込んだら春までリカバリーできそうにないので気が抜けない。
根性入れてさらに歩く。
幸い、帽子も肌色テープも必要なく外出できる見栄えになって、かなり気分いい。
で、フラフラと足を伸ばした結果、繁華街のあるターミナル駅に着いてしまいました。
せっかく来たので、温湿度計を買って帰宅。
室温を下げないようにして、今年の冬は寝込まずに過ごしたい希望。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:11| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

苦痛の食卓

風邪を引いたか、同居人UKIちゃんの作った料理に当たったかのどちらか。
ひとくち食べたら、いきなり、喘息様の咳と鼻詰まり。
その後、少し発熱も。
同居人は、「ぴょんぴょんは風邪を引いた」とのたまっているけれど、料理にサバと生卵が使われているので、わたくし自身はアレルギー説を払拭できない。
同じものを食べても、同居人はピンピンしている。
故に、食材が傷んでいたのではなさげ。
わたくしだけが持っているアレルギーかしら?
今晩のメニューがいやだいやだと思っているので、心因性かも。爆。

嗅いだだけでグッとこみ上げてくる、恐ろしい匂いの料理。

箸をつけないのは失礼だと思うし、「僕の作った料理が食べられないのか!?」と機嫌を損ねるのが目に見えている。

恐る恐る、小鳥のようについばむ。

少ししか食べていないのを気づかれませんように。

ひたすら祈るばかり。

匂いが本気で苦しいです。
食事の時間が早く終わりますように。
神さま、これは何かの修業なんでしょうか?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

恐怖の食卓

今晩も、同居人UKIちゃんは、大張り切りでクッキング。
嗅いだだけでグッとこみ上げてくる、恐ろしい匂いの料理の別メニューが出てきた。
もうね、どうやったらこんな匂いの料理が作れるのか、本気でお伺いしたい。
好きな匂いではないとか、悪臭というレベルじゃないんです。
嗅いだ瞬間、なすすべなく吐き気がやってくる。
しかも、作成者本人は匂いが気にならないらしい。
不思議だ…。

なまぐさすぎ。

気持ち悪い。

胃が痛い。

もう我慢できない。

だめぽ。

リバース大会に突入。

トイレに「おこもり」。

神さま、苦しいです。

わたくしは本来、好き嫌いはほとんどないし、世の中には餓死している人もいるので、食べ物の美味いまずいを言うのは、あまり好みでない。
食べるものがあるだけ幸せと考えなくちゃなぁ、と思っている。
にも関わらず、「食べ物がまずい」と言わなくてはならない状況になり、本当に情けない。
自己嫌悪にすらなる。
だけど、アナタの作ったコレ、生理的に受け付けないの。
だめなの、胃の中に留まってくれないの。
吐き気は、自分じゃどうにもできないよ (ToT)

しかもね、そもそもわたくし、吐き癖はないのよ。
この料理、そうとうなモンだと思う。

もう、こんなこと、本当にやめにしたい。

どうしたら、このクサい料理を家で作らなくなってくれるんだろう。
「自分はそこそこ料理ができ、腕前はなかなか」と思っている同居人が、客観的に評価すると「へんてこで恐ろしい」としか形容できない料理を作りたがる土日は恐怖。

ちなみに、今日のわたくしの不調を、同居人は「ぴょんぴょんは、サバに当たった」と言っとります…。
自分の料理に問題があるって、露とも思っていないのが痛い。
匂いが家中にこもってしまい、時折、不意打ちのように襲ってくる。
そのたびにトイレへ飛び込むことになるので、疲れてしまった。

マスクをして、使った食器や調理器具を洗いまくる。
シンクも洗う。
お湯を沸かし、洗えるものや濡らせる場所には、かけまくる。
「手間かけさせやがって」と、イライラ。

その上、同居人が冷蔵庫の中にしまい込んだクサい料理の食べ残しから水がたれて、庫内が汚れているじゃないですか。
っていうか、冷蔵庫を開けると、トホホにクサいんです…。
元凶をゴミ箱に投げ入れ、冷蔵庫内も掃除する。
同居人は、捨てたことが非常に不満そう。
もったいないとは思いますが、これは食品じゃなくて、凶器ですわ。
こんなモン、しまい込むんじゃな〜い!
イライライライラ。

そして、まだ、気持ちが悪いんです (ToT)


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(2) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

違うと思う

昨晩、わたくしが具合悪くなった原因が「サバに当たった」と信じて疑わない同居人UKIちゃん。
当たったわけじゃないんですが、生臭い匂いが鼻について気分が悪くなったのは言えてる。
それなりに心配しているようなので、これで我が家の食卓からサバは消えるかな、少なくとも、生を丸ごと1本家に持ち込んでさばくのはやめてくれるかなと、少しホッとしたのもつかの間。
同居人は得心したように深く頷き、言った。

「やっぱり、買ってきたサバは、ダメだな」

げっ…。
えっと、そういう問題ではないのですが…。
自分で釣りに行く気になっている様子。

orz

いやん、カンベンして。
もうね、サバは見たくない。
魚と名のつくものも、当分見たくない。
こうやって、嫌いな食べ物が増えていく。

でっかい声で言っちゃうけど、

くどいようですが、

わたくしは元来、

好き嫌いのなかった人なんです。


それが今じゃ、ワカシもイナダもワラサもブリも嫌いよ。(←蛇足ですが、全部同じ魚。出世魚なので大きさによって名前が変わる。名前の呼び方は地方によって少し違うので「間違ってるぞ!」というツッコミはナシで。うちの方ではこの順番なんです)
サバも嫌いよ。
アジとイワシとカワハギも嫌いになりつつある。
すべて、同居人が後先考えずに大量に釣ってきて、配るあてもなく、もったいないので、そればっかり食べた、文字通り「イヤになるほど食べた」結果である。
どうしてくれるのよ、まったく。
ぶちぶち。
3〜4切れをご飯と一緒に食べたら、それ以上はもう、いらないです。

さらに驚くべきことに、わたくしが気持ち悪くなっちゃった料理ですが、同居人は、「ぴょんぴょんが『たまには食べたい』と言ったので作った」と言い張っております。

そんなこと、ひとことも言ってないわよ!?

この人の思考回路ってどうなっているのか、頭をカチ割って見てみたいと思う時がある。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 07:00| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

癌術後検診卒業 その1

10月に外骨腫摘出手術を受けた後、わたくしは、オペしてくれた形成Drにあることを尋ねた。

ぴ「先生、骨腫を削った後は、滑らかになるよう、やすりなどをかけているんでしょうか?」

Dr「いいえ。やすりをかけると骨の細かいくずが出るので、僕は好きじゃない。できる限り平らで滑らかになるよう、ノミで丁寧に削ってあります」

その時は、「ほぉぉ、そういうものなんだ」と感心して、話は終わった。

本日午後、坂の上病院婦人科で、子宮体癌の術後検診。
前回の診察時、婦人科主治医には、額の外骨腫摘出のため入院して手術を受けることを話しておいた。
Drが「手術どうでした?」と聞いてくれたので、無事に終わったことを報告し、傷を見せた。

ぴ「これで、術後3週間です。かなりきれいに治っていると思います」

Dr「ああ、ほんと、そうですね! きれいについてますね〜。ポコッとしてた骨の出っ張りも、本当になくなりましたね」

ぴ「おかげさまで♪」

Dr「骨を削った後って、どうなっているのかしら? やすりなどでけずって滑らかにしてあるのかしら?」

ぴ「あははっ、実は私も同じことが気になって、オペしてくれた形成Drに尋ねたんですよ。やすりをかけると骨の細かいくずが出るので、形成Drはその方法、好きじゃないそうです」

婦人科Drは、いきなりうつむいて笑い出した。

Dr「私、医者なのに…。医者らしからぬ発言してますね、あはは」

時々、おちゃめな言動をするDrである。

その2へ続く


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:00| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。