2009年11月09日

なちゃん、ことの成り行き その1

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

8月の中旬、頻尿になった「なちゃん」は、行きつけの獣医さんで「ストルバイト尿石症」と診断されました。
Drに症状を話すと、特に検査などはなく、その場ですぐに診断が下りました。
なちゃんが信じられないほど大暴れして、まともに診察できる状態ではなかった(←ここ、非常に重要)のですが、「尿検査とか、しないんですか?」と問うわたくしに、Drは「お腹を触ってみたけれど、今は尿が溜っていないから検査できない」と答えました。
治療として長期間作用するステロイド剤を注射し、「ストルバイト尿石症は食事療法が必要」という指導がありました。
ストルバイト対策用のキャットフードは各メーカーからいろいろ出ているそうですが、「猫によって好むフードが違うから、とりあえず食べさせてみて、よく食べるフードを買ったほうがいい」との説明と共に、試供品をいくつかくれました。

猫のストルバイト尿石症は、けっこうポピュラーな病気です。
ものすご〜く平たく言っちゃうと、猫の尿は本来は酸性であるべきで、それがアルカリ性に傾くと尿の内容物の何か(?)が結晶になって膀胱に溜ったり、その結晶が石のように固まって尿道に詰まってしまうんだそうです。
きちんと治療できれば命うんぬんという状態にはならないと聞いています。
ただし、ひとつだけとっても怖いのが、尿管が尿石で完全に詰まってしまう「尿閉」で、尿がまったく出ないまま治療しないと、2〜3日で死亡すると聞いたことがあります。
猫は元々、腎臓があまり強くない動物なので、尿閉しなかったとしても、泌尿器や腎臓の病気は要注意だなぁと、わたくしは思っています。
ストルバイト尿石症になる原因は食事内容が大きいと言われていますが、同じ餌を食べていてもストルバイトを発症しない猫がいるので、体質も関係するんだろうと思います。
「なちゃん」は野菜が好きで、枝豆やブロッコリーやグリーンアスパラなどの緑黄色野菜をよく盗み食いしていたので、それも関係しているのかもしれません。
野菜って身体に良さそうなんですけどね〜。
人間と猫では身体の作りが違うので、なちゃんには良くなかったのでしょうか。

続く


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なちゃん、ことの成り行き その2

病院でステロイド注射をしてもらった「なちゃん」は、すぐに頻尿が治まり、元気になったように見えました。
ただし、ストルバイト対策用のキャットフードはまったく気に入らなかったようで、もらった試供品をほとんど食べようとしません。
普通のキャットフードや、ブロッコリーや枝豆といった以前からの好物は食べたがったので、食欲はあったのだと思います。
餌をたくさん残して少しずつ痩せてきたので、しかたなく、ストルバイト用のキャットフードに普通のキャットフードを混ぜてあげてみたら、普通のキャットフードだけを器用に選んで食べていました。
そこで、ストルバイト用の手作り猫ご飯はないものかと、ネットでレシピを探してみました。
残念ながら、なちゃんが好みそうなレシピは見つからなかったのですが、他の方が飼っているストルバイト尿石症の猫ちゃんたちがどういう治療を受けているかを知ることができました。
その結果、わかったこと。

「なちゃん」が受けている治療は、普通と違うみたい???

他のおうちのニャンズは、抗生剤とストルバイト用のキャットフードって子がほとんどだったんです。
頻尿は、膀胱が炎症を起こしているからなので、抗生剤が処方されるのは納得。
と申しましょうか、ステロイド剤が悪いとは言いませんが、あれは最後の手段、黄門様の印籠的存在だと思うんですよね、わたくしは。
原因不明の炎症が治まらない時にステロイド剤を使うなら、理解できます。
だって、それしか治療法がないんだから。
けれど、今回のように、ストルバイトによる膀胱炎とわかっているなら、まずは抗生剤じゃ?と思ったりしたわけです。

さらに、どうも、何と申しましょうか…。
あのぅ、「なちゃん」は尿検査はもちろん、レントゲンやエコーなどの検査を一切していないんです。
で、ストルバイト以外の腎臓や尿路の疾患をなぜ否定できるのかなぁと、プロの癌患者である(←なんのこっちゃ)わたくしは、疑問を抱いたわけです。

頻尿の治療でステロイド注射を打ってから、ぴったり2週間後のある夜、「なちゃん」はまた、頻尿になってしまいました。
今度の頻尿は前回よりひどく、トイレの中でふんばってふんばってやっと1滴の尿をポタッと搾り出しているんです。
トイレから出てきても1分後にはまたトイレに入り、ふんばって1滴出し、出てきても1分後にはまたトイレへの繰り返し。
そのうち、なちゃんは、猫トイレに籠城するか、頭だけトイレに突っ込んで全身入ったつもりになって床を汚すかのどちらかになってしまいました。
なちゃんが話せたら、きっとこう言ったでしょう。

「まま。なちゃんね、疲れたし、トイレにちゃんと入るの面倒になっちゃった。汚しちゃってごめんね」

DSC02201.JPGきれい好きなはずの猫らしからぬ行動で、絶対に変だと思いました。
翌朝までに、「なちゃん」の足の裏の黒い肉球は、踏み散らかしたため細かい粉状になったトイレの砂で白くなっていました。
トイレにこもって、情けなさそうな上目遣いの視線を送ってくるので、かわいそうでたまりませんでした。

診療時間が始まるのを見計らって急いで動物病院に連れて行くと、Drは前回と同じステロイド注射を打ってくれました。
わたくしは、再び「尿検査やレントゲン検査はしないのですか?」とDrに問いました。
Drは、「たぶんこれで治まるから。もしもまた頻尿が出ちゃったら、その時は頑張って、レントゲンでも撮ってみましょうか」と答えました。

レントゲン撮るのに、「頑張る」???

わたくしはその時、「なちゃん」と獣医さんの相性が良くないことに気づきました。
獣医さんは、初めの診療で大暴れしたなちゃんを、できれば診たくないのかもしれません。
本当にめちゃくちゃな大暴れっぷりだったので、こちらも「ぜひ診てください。診察できないんですか?!」と強くは出られませんでした。

続く

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なちゃん、ことの成り行き その3

DSC02198.JPG↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

ステロイド注射をして帰宅した「なちゃん」は、翌日になっても頻尿が治りませんでした。
起きている時間の大部分は猫トイレで過ごし、疲れるとぐったりしたように眠っているので、非常に心配になりました。
ストルバイト尿石症対策の餌は、どのメーカーのものも気に入らないらしく、相変わらずほとんど食べません。
見る見る痩せてきて、不憫でなりませんでした。
ステロイド剤には、食欲増進の作用があると聞いたことがあるんですが、なちゃんはどうして食べないだろう?
トイレへは、相変わらず頻繁に行っていました。
かったるそうに頭だけ突っ込み、お尻は外へ出したまま用を足すため、猫トイレの周囲の床にペットシーツを敷きつめて対処しました。

2回目にステロイド注射を打ってから3日目の朝。
猫トイレのまわりに敷いておいたペットシーツが一面赤くなっているのを見つけ、仰天しました。
「なちゃん」が、血尿を出していたのです。
慌てて獣医さんへ電話しました。

ぴ「うちの猫、血尿になっているみたいなんです!」

Dr「膀胱に炎症が起きているから、そりゃあ血尿が出ることもありますよ」

ぴ「……。連れて行ったほうがいいですか?」

Dr「先日、長期作用型のステロイドを注射したから、その効き目がなくなるまで、他の薬は使えません」

今は、連れて来ても何もできないってことなんでしょうか?
ステロイドは、ぴったり合うとまさに「魔法の薬」だと思います。
が、こういう落とし穴があったのか〜。

いい効果が長く続く = 効果持続中は他の治療ができない

ステロイド注射を打ってから5日ほど経って、やっと「なちゃん」の血尿混じりの頻尿が治まりました。
かなり消耗した様子で、動作も毛並みも身体の大きさも「明らかにどこか悪そうな猫」という様相になってしまいました。
「なちゃんは、このままでは死んでしまうだろう」と思い始めたのは、この時期です。

どうにか無症状になりましたが、注射の効果がなくなる2週間後に頻尿が再発しない保証は何一つありません。
今までの獣医さんへ行けば、今度もまたステロイド注射の治療になることが予想され、それもなんだかな〜と。
わたくしは、「なちゃん」の転院を真剣に考えるようになりました。
同じマンションでペットを飼っている方や近所のお店の人に、片っ端から「お宅はどちらの獣医さんにかかってますか?」「このあたりに住んでる方は、どちらの獣医さんへ行ってる方が多いですか?」「このあたりで評判のいい獣医さんはどこですか?」と聞きまくりました。
その結果、ダントツに評判が良かったのが、A犬猫病院でした。

A犬猫病院は、その名の通り、診療対象が犬と猫のみ。
休診日は、なし。
当直獣医がいるので、時間外診療は24時間受付で年中無休。
内視鏡などの最新医療設備あり。
なんだかスゴそうな動物病院でした。

人間もそうですが、生き物は寿命があるので、悲しく残念ですが、いつかは誰でも必ず死ぬんですよね…。
現代医学では、どうしても治せない病気もあります。
けれど、親しい人やペットの死を受け入れられなかった家族や飼い主の中には、「病院がヤブだった」みたいに言う方もいらっしゃるわけで、病気や怪我の種類・状態、寿命に関わらず、

治れば「いい病院」

治らなかったら問答無用で「悪い病院」

という評価を下す方をお見受けします。
で、わたくしは、「評判はあくまで参考意見として聞くべき」という持論を持っているんですが、リアルでもネットでも、A犬猫病院の診療手腕の悪い評判は一切なかったんです。
残念な結果になってしまった飼い主さんも、「よくやってもらえました」という感想でした。
日に日に弱っていく「なちゃん」は、このままではたぶん死んでしまうでしょう。
だったら、ダメもとでも連れて行ってみようかと思いました。

続く

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なちゃん、ことの成り行き その4

9月になり、ステロイド注射の効き目が切れた「なちゃん」は、やはり頻尿が再発してしまいました。
今度は初めから血尿でした。
1滴1滴搾るようにしてやっと出す尿は全部真っ赤で、心の底からヒヤヒヤしました。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

DSC02191.JPGいろいろと工夫してみたのですが、ストルバイト用の餌は相変わらずほとんど食べず、抱き上げると心細いくらいの重さしかなくなっていました。
だら〜んとした、詰め物の少ない、くったくたの縫いぐるみのようにぺったんこになってしまった「なちゃん」を連れ、速攻でA動物病院へ。

診察室が3つあって、獣医さんが7〜8人常勤で、動物看護師さんも複数名いる、きれいな病院でした。
支払いはクレジットカードOK。
主治医になったDrに今までの経緯を説明し、「大変申し訳ないのですが、この猫はかなり暴れます。覚悟してください」と言ったら、ちょっと悲しそうな顔をされました。
この病院は、診察治療時に飼い主は別室で待つ(立ち合わせない)方針だそうで、「なちゃん」だけを診察室に残し、わたくしは待合室で待っていました。
診察室の中で、なちゃんがシャーシャーと威嚇したり、絶叫を通り越した超大音量の声で鳴いているのが聞こえてきました。

シャー、シャァァァァァ!

ぎゃぉぉぉぉぉぉ!

ハァァァァァァッ!

あまりの大騒ぎっぷりに、待合室にいた他の飼い主さんが全員、「先生は、動物に対してどんなひどいことをしているんだろう?」とでも言いたげな、おっかなびっくりの顔をして、「なちゃん」のいる診察室の扉を見つめていました。
なちゃんをかわいそうに思い、Drには申し訳ないやらで、いたたまれなかったです。

あんなに大騒ぎして、暴れもしたはずなのに、「なちゃん」はちゃんと、膀胱周辺のエコーと、採尿検査をしてもらえました。
獣医さん2名、動物看護師さん数名で、がっちりと押さえ込み、エリザベスカラーもして検査を決行したようです。
採った尿を見せてもらったところ、容器の底にキラキラ光る透明な砂のようなものが沈殿していました。
Drから、「これがストルバイトの結晶で、尿のPHもアルカリ性だし、エコーで見ると膀胱内に砂状のもわもわしたものがいっぱい溜っています。身体を動かすとふわっと舞い上がるように動くから、ストルバイト尿石症で間違いありません」との説明がありました。
尿検査の結果、腎機能には問題なしで、ほっとしました。
検査も説明も納得でき、転院させて本当によかったです。

以前の動物病院が悪かったとは思いません。
Drがひとりだけでやっている、いわゆる「町の獣医さん」だったので、検査機器に限りがあるし、すごく大暴れする「なちゃん」の診察は、ひとりだけでは厳しいものがあったのでしょう。
わたくしがもっと早く、そのことに気づくべきでした。

A犬猫病院で診察を受けた結果、「なちゃん」は、血尿対策として止血剤の飲み薬を1週間、抗生剤の飲み薬を取りあえず1ヶ月、さらにストルバイトの治療食による食事療法を続け、しばらくは1週間毎にエコーと尿検査のために通院ということになりました。
なちゃんが騒いだことを謝ると、「そんなに暴れなかったし、だれも噛み付かれたり引っ掻かれたりしていないから大丈夫です」と言われました。
うぅ、ありがとうございます。
先生、猛者だ…。

ストルバイト用の餌には2種類の強さがあるそうです。
1つは、効果の強い、いわゆる「治療食」。
ストルバイト結晶が確認できる時に使うことが多く、その効果の強さゆえに使える期間が限られていて、獣医さんの指示の元に与える餌だそうです。
もう一つは、効果の弱い、いわゆる「療法食」。
ストルバイト結晶ができやすい子が予防のために食べる餌で、こちらは生涯食べ続けられるそうです。
「なちゃん」が今まで食べていたのは、効果が弱い方の「療法食」だったことが判明。
膀胱内に結晶ができている現在の状態では、「できれば効果が強い治療食を」と勧められ、またまたキャットフードのサンプルをいただいて帰宅しました。

続く

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(2) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なちゃん、ことの成り行き その5

それから毎日、「なちゃん」は薬を飲んで頑張りました。
もとい、「頑張って薬を飲みました」と言うべきかも。
薬を飲むのを嫌がりますからね〜。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

止血剤は出血が止まれば飲まなくてもいいそうですが、抗生剤は一度飲み始めたら、症状がなくなっても一定期間飲み続けてきっちり治しておかないと、菌に耐性ができてしまうため、Drがもういいと判断するまで「必ず飲ませ続けてください。絶対に途中で勝手に止めないでください」と言われました。
薬が効いたらしく、「なちゃん」は翌日から血尿も頻尿も止まり、少し元気を取り戻したように見えました。
でも、ストルバイトの治療食はやはり気に入らない様子でほとんど食べず、Drと相談していろいろ試してみました。
本当に苦労しましたが、どうにか食べてくれる餌が見つかり、体重が増え始めた時には心底ほっとしました。

水分補給にも苦労させられました。
尿が濃くなるとストルバイトの結晶ができやすくなるので、できるだけ水を飲ませたほうがいいそうですが、猫は元来そんなに水を飲まないんですよね〜。
しかし、今は本当に便利な世の中です。
ネットで「猫がたくさん水を飲むようになる不思議な器」っていうのを見て、ためしに買ってみました。
さらに、猫はぬるま湯を好むと聞き、飲み水をぬるま湯にするように気をつけていたら、「なちゃん」には合ったようです。
などと書くと、「それはどんな器ですか?!」とメールをいただいたりするので、ここにもう書いちゃいます。
ただし、なちゃんの好みですので、あくまでも参考とお考えください。

(2セット買い送料無料)(2セット買いで送料無料)■ヘルスウォーターシリーズボウル(S・M・L全サ...


 ヘルスウォーター水飲みボウル M 【10P08mar10】
「なちゃん」は、Mサイズを使っています。

昨日、「なちゃん」は、抗生剤の内服をやっと中止することができました。
これからも、しばらくは2〜3ヶ月に1回、通院して尿検査を受けなければならず、餌は、一生涯ストルバイトの療法食しか食べられません。
でも、その他の生活は普通にできます。
元気になってくれて本当にほっとしました。

ただ残念なことに、何度も病院へ通って痛い思いをしたせいか、「なちゃん」は人間不信気味で、性格が悪くなってしまったようなんです(ToT)
心なしか、目つきも悪くなってきたような…。
身体を触られるのを極端に嫌がり、撫でても噛みついてきます。
ともかく、噛み癖がひどくて、わたくしの手は傷だらけです。号泣。

DSC02357.JPGなちゃんです。
おくすり、いっぱい、のんだよ。
あの「びょういん」ってとこ、なんなのよ!?
みんな、きらいだぁぁ!!!
まま、ぱぱ、きやすく、さわるなよ。
かむぞ。

パソコンの調子が悪く、なかなか更新できませんでした。
心配してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

なちゃん、ラリってみる

ストルバイトの経過観察で、数ヶ月に1度は獣医さんへ行かなければならない「なちゃん」。
いつも膀胱のエコーと採尿検査があり、下腹部のビミョーな部分を触られてイヤだったり、検査が痛かったりするみたいなんですよね〜。
診察室では怒りまくっています。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

おとなしくしていないため、診察の時は仕方なく押さえられたりカラーを付けられたりし、それがさらに「なちゃん」の怒りに油を注ぐことになり、もっと威嚇するわ、暴れるわの悪循環。
人間嫌いに拍車がかかりそうで、なんだかな〜。
なちゃんのための病院通いなのに、なちゃんにとっては大きなストレスになるばかりで、このままでは何もいいことはなさげ。
Drと相談し、受診前に弱い鎮静剤を飲ませてみることにしました。
薬でぽーっとしている間に、嫌なことは済ませちゃおうってことで。

本日、抗生剤を中止してから初めての経過観察受診日。
「なちゃん」は、鎮静剤を混ぜたご飯をガツガツ平らげました。
そして…。

DSC02453.JPGなちゃん、あなた…。
なんか…。
顔つきがとっても優しくなってない?

DSC02452.JPGう〜ん…。
これは、たぶん、いや絶対に、ラリってますね。
わかりやすい猫だなぁ。

診察後、Drに「鎮静剤の効果、どうでした?」と聞いてみた。
「やっぱり少しは騒ぎましたが、でも、いつものガッツは、なかったですよ」とのこと。
うちの猫、今まで、ガッツ出して暴れていたのか!!!
とほほ、本当に申し訳ございませんでした。
以降、診察日には鎮静剤を飲むことになった「なちゃん」でした。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(2) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。