2010年02月08日

癌に無関心な癌患者本人と、その家族

1年と少し前、夫の父が前立腺癌の告知を受けた。
前立腺癌は、比較的おとなしいタイプが多い。
患者が高齢の場合は、癌が進行して死に至るより、他の原因(要するに寿命)で死亡する可能性が高いと判断されると、手術などの積極的な根治治療が行われないこともある。
義父は癌告知以来、薬を飲むホルモン治療を続けている。

義父の癌は初期癌だった。
手術とホルモン治療では得られる効果が同じだからホルモン治療にした。
ホルモン治療を続けていれば癌が進行して死ぬことはない。
死ぬとしたら別の原因である。
わたくしは、そう聞いていた。
だから、今日の今日まで、そう思っていた。

75歳を過ぎた義父は、数年前に骨折した足の調子がいまいちで、介護保険のお世話になりながら、一人暮らしを続けている。
実は、数ヶ月前から頻尿が激しくなり、最近、導尿カテーテルを入れたそう。
そして、頻尿は前立腺からきているのではないかということで、精密検査をした。
今日は、その結果が出る日である。
これからの治療方針の説明があるので家族も来てくださいと言われ、長男である夫が義父に付き添って行った。

帰ってきた夫から話を聞いて、びっくり仰天!
数年前に前立腺癌とわかった時の組織診の結果などを、わたくしは今回初めてデータや文章で見たのですが…。
すべてのデータが、残念なことにかなり悪い。
義父と同じ状態で、「自分は初期癌」と思っている方もいらっしゃるはずなので詳しい事は書きませんが、グリーソンスコアを見る限り、義父がこの癌を克服したり、共存するのは医学的に考えて無理なんじゃないかと思われる、厳しい状態だった。
それが1年ほど前の告知の時の状態。
まどろっこしく書いても仕方ないのでぶっちゃけますが、義父の場合は、癌告知された時点で、残された寿命はあまりないと覚悟すべき状態だったわけです。
わたくしは、そのことを今日はじめて知った。
夫は、「癌告知された時も付き添ったけど、こんなデータもらってないし、たちの悪い癌だという説明も受けていない」と言い張る。
義父も、主治医からかなり厳しい状況を告げられ、しょんぼりしていたそう。

骨シンチの結果、腰の骨、肩口の骨、胸の骨に怪しい影が映った。
ホルモン治療の効果なく、PSA値が上昇し、骨転移あり。
抗がん剤治療をすることになったとのこと。
ふ〜む。

前立腺癌の場合、患者としてはまず、グリーソンスコアを確認すべきじゃないの?
告知の時、それを聞いていないって、わたくしには理解できません。
情報あふれるこのご時世、ちょっと調べれば、告知の時の心構えとか、患者として何を確認すべきか、たくさんの情報が得られると思うんですよね…。
今さら言っても仕方のないことだけれど、告知されてから今まで、義父がカテーテルなしで普通に動けた1年という時間があった。
生活制限がない、貴重な時間。
患者本人にも家族にも、もっと有効な使い方があったんじゃないのかなと思ったりする。

さて。
これからどうする?
どうなる?

って言うか、わたくしたち夫婦、今、危機的状況なんですけど。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

うつ病だから病院へ行こう、と言われましたが…。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

義父はこれから抗がん剤治療を受ける予定。
その間の生活をどう支えるのか。
夫にたずねたら、「今は抗がん剤治療の副作用も少ないみたいだし、副作用で具合悪くなったら、病院に行けばいいでしょ」とのこと。
実際に具合悪くなった時、自分では電話をかけられないくらいフラフラになるかもしれないとか、吐きまくって脱水状態になって家の中で一人で倒れちゃってるかもしれないという想像は、夫の頭の中にないらしい。

義父は介護保険を使っているので、抗がん剤治療をするとなれば、介護度を上げてもらえるかもしれない。
そうしたら、もう少し頻繁にヘルパーさんに来ていただけて見守りにもつながるし、受けられるサービスが増やせるから、本人も楽になるだろう。
今は必要なかったとしても、将来、必要になった時、すぐにサービスが受けられるためにも、介護度の見直しをしておいた方がいいのではないかと思った。

介護保険は、健康保険とは違い、保険証を見せたらすぐにサービスを受けられるわけじゃないのである。
審査などがあって、介護保険が使えるか否か、使えるとしたら介護度はいくつ、などと決まるまでに、1ヶ月程度かかる。
現在、介護保険を使っている人の状態が悪くなり、介護度を見直して欲しい場合も大体同じ。
必要な書類を取り揃えたり審査を受けたり、時間がかかるのである。
すでに介護保険を使っている義父には、ケアマネージャーさんがついており、介護度の変更などの相談は、まず、その人にすることとなるはず。

ちなみに、わたくしは、「ケアクラーク」「介護保険事務士」などと呼ばれる、介護保険事務の認定資格を持っております。
自分の老後が心配になってね〜。
実際のところ、介護保険でどこまで面倒みていただけるのか、いくらかかるのかを知りたくて、一昨年、勉強ついでに資格も取っちゃったんでした。

で、夫に「お父さんが抗がん剤治療することと、介護度を見直して欲しいことを、ケアマネさんに早く言った方がいいよ。こちらが用意しなくちゃならないものもあるだろうし、向こうにも心積もりがあるはずだから」と言ったら、「今なの? 今すぐに言わなくちゃいけないの? ご飯食べてからじゃダメなの?!」と、驚くほどの勢いで逆ギレされましたっ!!!

こいつは、本当にバカだと思います。
今の介護業界の現状を知っていたら、ご飯なんか喉に通らないと思う。
特に首都圏では、人材不足なのである。
心配性なくらい先走って準備しても間に合うかなって状態で、望んだらすぐに叶うなんてことは、まずありえない。
自分でできる部分はすべてやった上で、それからご飯なのよ、バーカ!
それを怠ると、いざという時に、介護保険の認定がまだでお義父さんに不自由をかけたり心細い思いをさせたとか、まだ介護保険使えないから家族で頑張ろう、でも、僕たち仕事あるから、ぴょんぴょんよろしくね、みたいになるんでしょ?
今までの例から言うと、そうだった。

やらなくちゃならないけど面倒くさそうなことを言い出したわたくしを疎ましく感じたのか、夕食時、夫が「ぴょんぴょんは、うつ病かもしれないから、一緒に病院へ行こう」と言った。
女房が口うるさいので、病気だということにして黙らせようってか。
わたくしは「いいよ」と答えた。
何と申しましょうか…。
この人は、うつ病の何たるかを知ってるんでしょうかね?
わたくしにも、うつ病の患者さんにも、うつ病そのものにも失礼だと思う。

夫が「行きたい病院はあるか?」と問うので、「あなたが行かせたい病院でいいよ」と答えた。
何と申しましょうか…。
本当にうつ病だったら、家から出るのも大変な時があるから、とりあえずはなるべく近い病院がいいと思うんですよね。

夫が、「わかった、じゃあ、どんな病院へ連れて行っても文句言わないな?」と問うので、「好きにすればいいよ」と答えた。
何と申しましょうか…。
バカバカしくって、まともに返答する気にもならない。

わたくしより、まずはあなたのお父さんのことを本気で心配したほうがいいよ。
わたくしより、まずはあなたが自分の頭の中を調べてもらったほうがいいよ。
ごく普通に考えて、それがまっとうな順番かと。
あなたは、先が読めず、いいことも悪いこともすぐ忘れるバカもんです。

数日後か数ヵ月後か、夫がわたくしを本当に精神科に受診させてくれてたら、めっけもんかも。
こんな話をしたことを夫が覚えていたら、やはり、めっけもんかも。
このような仕打ちを受けても夫婦でいる必要があるのかなと思う今日この頃。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

やっぱり忘れてる

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

うつ病と統合失調症とパニック障害と更年期障害がどう違うかもわかっていない、病気オンチの夫から「ぴょんぴょんは、うつ病」との素晴らしい診断をいただいて数週間。
まだ、病院に連れて行ってもらっていません。
本当にうつ病だったら、場合によっては自殺してしまう恐れもあるので、わたくしだったらとにかく病院へ連れて行きますが。
本人が受診を拒否して病院になかなか連れて行けないケースもあるみたいだけど、わたくしは受診に同意してる。
受診させやすい例の典型だと思うんですけど…。
実はわたくしの思惑としては、さっさと受診して、うつ病ではないとの診断をもらい、これから先の一生、夫を責め続ける材料のひとつにしたい(爆)

ってか、ご飯おいしいし、気分いいし、死にたいと思ってないわたくしは、どう考えても、うつ病ではないでしょが。
先日、わたくしの内科の主治医に、「私、夫に、うつ病だって言われたんですけど、先生はどう思いますか?」と尋ねたら、Drは「ぴょんぴょんさんが???」と、目を点にしてましたっけ。
やっぱり、夫こそ、診てもらったほうがいいのではないかと思う今日この頃。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。