2011年02月24日

緩和ケア病棟に入院

本日、義父が緩和ケア病棟へ入院した。
夫は義父を病院へ送って行くため、家へ迎えに行った。
今日入院する事は前もって説明し、患者本人も了承していたのだが、いざとなったら義父はかなり駄々をこねた。

「入院なんてしません」

「私はどこへも行きません」


など入院に抵抗する言葉を連ね、しかも親子なのに、夫に対する言葉遣いが妙に他人行儀だったため、「もしや…」と思った夫が確かめると、なんと義父は、実の息子である夫のことがわからなくなっていた。

夫「僕が誰だか、わかってるよね?」

父「………。わからない…。お前は誰だ?!」

夫「UKIだよ!」

父「UKIは、そんな顔してない!」

夫「じゃあ、どんな顔してるの?」

父「………。UKIなんて人は知らない!!!」

など、一悶着あったそうだ。
夫は、実の父親が自分の事をわからなくなってしまったことがかなりショックだったと言っていた。
モルヒネによる「せん妄」なのかな?
高齢になると、薬量のコントロールが難しくなり、問題行動が出るケースもあるらしいし。

とにもかくにも、義父は、実の息子である夫を知らない人だと思い、非常に警戒してしまった。
そのままでは病院へ連れて行くことなどできるはずもなく、仕方なく義父担当のケアマネージャーさんに来てもらったところ、義父は、ケアマネさんのことはわかったそうだ。
後は、ケアマネさんと夫で、義父をなだめすかして車に乗せ、やっとのことで緩和ケア病棟に入院させたとのこと。
「すぐに帰って来られるから」「嫌だったら退院できるから」など、半分騙すような形で入院させてしまったことを夫は少し気にしている。
義父にはほんと申し訳ないけど、これはしょうがないよ。
薬のせいなのか、はたまた尿毒症を起こしているのか、義父には失見当識がある。
痛みがあって、飲むモルヒネが手放せないし、下血もひどく、紙おむつを使っている。
もう、ひとりで家にいるのは無理だ。

しかし…。
前立腺がんなのになぜ下血するんだろう?
これについては、わたくしの理解の範囲を超える。
もう精密検査などは行われないので、義父の消化器がどうなっているのかわからないけれど、前立腺がんって胃や腸に転移することってあったっけ???

波乱の予感…。
↓ 週刊ぴょんぴょんへの応援ありがとうございますm(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆




posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。