2011年05月14日

警察から電話で「おひとりさま」波乱の幕開け

二度寝を楽しんだおひとりさま・ぴょんぴょんは、ゆったりした気分で家事を済ませ、夏物と冬物の衣類を入れ替えていた。
そこへ電話が…。
相手は麻布警察の××と名乗った。

え〜っ、警察?!

警「ぴょんぴょんさん、いらっしゃいますか?」

ぴ「わたくしですが」

警「お手数ですが、出頭していただきたい」

ぴ「なぜですか?」

警「込み入った事情があるので、署でお話ししたい」

ぴ「あのぅ、私、何かしましたか?」

警「な〜んてね、僕だよ、○○だよ」

電話の相手は警察ではなく、古い友人の○○さんだった。

○「びっくりした? びっくりしたでしょ?! あははははははは!!!」

わたくしは、それ以上何も言わず、受話器を叩き置いて電話を切った。
「あはははは」と大笑いするほど気の利いた、愉快なことなのか?
冗談にしては、あまりもひど過ぎる。
人間、やっていいことと悪いことがあるわけで、

だいたい

警察官ではない人が

警察官だと名乗った時点で

官名詐称かなんかの

犯罪になるのでは?


そして、彼は、こういう迷惑行為が初めてではないのである。
毎回信じかけるわたくしもおめでたいが、もう、こんな阿呆と付き合っちゃいられない。
父親が変死して検死などで警察のお世話になっているわたくしにとって、「警察」を名乗る電話は緊張するのだ。
もうそれほど若くもないので、心臓にも悪いよ。
そして、そういうわたくしの事情を斟酌できない人は、友人ではない。
ただの知り合いって感じ。

その後、○○さんから再度電話があった。
わたくしは出なかった。
留守電に入っていたメッセージを聞くと、「憤慨されているなら大変申し訳ない。早朝からの仕事が昼過ぎに終わったのでお酒を飲みながら住所録をパラパラとめくっていたら、ぴょんぴょんさんの名前があり、久しぶりに話してみたくなってうんたらかんたら」との言い訳が延々と吹き込まれていた。

いいオヤジが

昼間っから酔っぱらって

迷惑TELかよ!


お前、もういらない。
さよなら。
そして、こいつは、ある業界ではそれなりの有名人、パイオニアなのである。
重鎮候補なのである。
今度こんなことしたら、マスコミにネタを売っちゃうぞ。
もう連絡してくるな!

酒は飲んでも飲まれるな、ってか。
いや〜、ムカつくわ、本気で。
↓ 「週刊ぴょんぴょん」への応援、ありがとうございますm(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆




posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

おひとりさま2日目

昨日のいたずら電話に腹が立って腹が立って、今もプリプリ気味。
そんなところへ、なんと…。
ずっと欲しくて、先日、ネットで購入申し込みしたマジックブレットが到着。
きゃあああ、素敵ッ!



さっそく使ってみた。
今まで使っていたフードフロセッサより、格段に使い勝手がいいじゃないですか♪
氷を入れた時の作動音が思ったより大きくてびっくりしたけど、氷を砕いているんだから仕方ないか。
よ〜し、今日は夕方になったら、これでフローズンマルガリータ作ったる!
楽しみ〜。

DSC04425.JPG 夜になりました。

 盛大に酔っぱらいました…。

 だれか、猫にエサやって!

マジックブレット、本気でいいわ〜。
↓ 応援ありがとうございます!

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| 最近のお買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

茹でガエルの法則

茹でガエルの法則とは、もしも熱湯に蛙を入れると、蛙はすぐに逃げ出すが、水からゆっくり温めると、蛙は加熱に慣れてしまい、結局は茹でられてしまうという、ことわざのようなもの。
原発事故発生以来、いろいろな「えらいこっちゃ」な発表を「あと出し」され続けた結果、福島第一原発1号機がメルトダウンしていたと聞かされても、「またか〜」って、たいして驚かないわたくしには、この「茹でガエルの法則」が適用されちゃってるのだろうか?

それにしても、庶民の我慢や強さに甘えないでよねって感じ。
↓ 応援ありがとうございます!

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

体調いきなり悪化

昨夜、少し熱っぽい感じがしていた。
今朝は、だるくて息苦しい。

午後、夕立があった。
だるさが増して、息苦しさもup。
左耳の皮膚が赤くなってカサカサしてる。
皮が剥けそう。
ディスコイド疹みたい…。

これは、膠原病の増悪発作じゃないの?
病状が一番安定するといわれる5月になぜ??
いきなり強まった日差しに対応しきれなかったか???
病状の悪化がここで止まってくれることを願う。

いきなり来るんだもんなぁ(涙)
↓ 応援ありがとうございます!

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

ニャンズのマイブーム

なんの変哲もない、ただの箱なのですが、「なちゃん」も「もーちゃん」も、とても気に入っています。
いつも、どちらかが入っているので、捨てるに捨てられません(爆)

DSC04426.JPG

DSC04427.JPG

大きさがちょうどいいのかしら?
↓ 応援ありがとうございます!

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

さつえいきんし

DSC04438.JPG すぴーっ。
 すぴーっ。

DSC04434.JPG はっ!

DSC04448.JPG し、しゃしんは、だめぇ!

れでぃの、ねがおを、とるなんて、しつれいにゃ!
↓ 応援ありがとうございます。

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

木曽路 その1

具合イマイチながら、本日、日帰りバスツアーに参加。
ここ数年の経験から、わたくしの場合、膠原病っぽい症状や、橋本病の症状は、安静にしていてもある程度動いても、悪化や回復に関係しないとわかっているので、寝てちゃもったいないかなと。
そもそも、何事も、やるか、やらないかのどちらかしかないのだ。
どうにか動けるし、今日のバスツアーの目的地は以前からぜひ行ってみたい場所だったので、行っちゃいましょうかと。

しかしっ!
参加してはじめて知ったのだが、本日のツアーは添乗員さんが「弾丸ツアー」と称するほどの遠方へ日帰りする強行軍だった。
それが判明した時点で、バスの中ではひたすら目を閉じ、できるだけ眠って体力温存を図ることとした。
ヘバって、団体行動を乱すわけにはいかない。

で、本日のツアーは、首都圏から岐阜の中津川を経由して、中山道の馬籠宿と妻籠宿へ行く。
「木曽路食べ歩き」と銘打ち、お昼のたけのこ弁当と夜の朴葉寿司の軽食のほかに、ミニバニラソフト、みたらし団子、われせん、野沢菜おやき、トチノミ大福、椎茸茶、五平餅、中津川方面の銘菓・からすみもいただける、素敵に肥えそうなツアーなのである。
気をつけなくちゃだわ。

木曽路その2へ続く

しゅっぱ〜つ!
↓ 応援ありがとうございます!

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曽路 その2

わたくしは、食べ物というより(いえ、もちろんソレにも興味ありますが)、祖母の出身地である伊那を見たいと常々思っていた。
今日のツアーは伊那ではなく、その周辺になってしまうようだが、祖母が生まれ育った地域の雰囲気はわかるだろうし、江戸の雰囲気を色濃く残す宿場町の風情にも触れてみたかった。
結果。
行ってよかったです♪

DSC04457.JPG馬籠宿。

DSC04453.JPG宿場の入り口には立札のようなものが。
最後に「奉行」と大書してあるので、決まり事やお達しが書かれているのだと思う。
でも、達筆すぎて読めませんでした (>_<。)

DSC04460.JPG馬籠宿は、宿場自体が坂の途中にできていた。
わたくしたちのツアーは、坂を下っていくコース取りだったので良かったけど、下から上って来た観光客は辛そうだった。

DSC04464.JPG馬籠は島崎藤村の故郷。

DSC04469.JPG江戸の風情を色濃く残す建物がそこここに。
このお家は清水屋資料館。
島崎藤村の「嵐」に出てくる「森さん」(原一平)の家らしいのですが、ごめんなさい、その小説を読んでなかったんでした。
よって、「え〜っと、なんでしたっけ?」状態となり、しばし佇む。

DSC04470.JPG島崎藤村が小説・夜明け前の中で「木曽路はすべて山の中である」と書いていた通り、平地はない。
山並みが近く遠く幾重にも連なる。

木曽路その3へ続く

足腰が強くないと住めないなと思いました。
↓ 応援ありがとうございます!

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木曽路 その3

DSC04483.JPG妻籠宿。
馬籠は「整備された感」があったけど、妻籠は「江戸そのまんま」って感じ。

DSC04481.JPG宿場の中に何か所か水船が置かれ、山から引いた水が流れ落ちていた。
「飲用は自己責任」というお達しが書いてあり、飲まないでちょうだいねオーラが出ていたので味見は断念。
でも、初夏の陽気で暑いほどだったので、何度が手を浸させてもらった。
冷たくて気持ちよかった。

DSC04500.JPGここは平成の世で、人も住んでいるお家だけど、う〜ん、やっぱり江戸時代っぽい。
いつまでも残して欲しい風景だけど、維持する方は大変だろうな。

DSC04482.JPGそしてやはり、妻籠宿も「山の中である」だったのでした。

朝6時40分出発、午後10時帰着。
無事に帰って来られました (^o^)
お弁当も、おやきなどのお菓子類もしっかり食べて、木曽路を満喫しました!

座り続けで足首パンパン!
↓ 応援ありがとうございます。

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

発熱しちゃったよ、大阪旅行どうなる?

朝起きたら、な〜んかヘン。
体温を測ったら38度ちょいある。
具合がイマイチの時に弾丸ツアーへ行ったのだから、発熱してもおかしくないか。

日曜なので病院は休診。
救急で行くほど「えらいこっちゃ」な状態とも思えず、以前、病院からもらった薬の中から解熱剤を探し出し、とりあえず飲む。
明日は受診しなくちゃだわ。
わたくし、あさってから2泊3日で大阪旅行する予定。
平気なの?と思われるかもしれないけど、痛いところもないし、辛くもないしで、行く気満々でございます。
なので、念のために薬をもらっておきたい。

なんだかな〜。
↓ 応援ありがとうございます!

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。