2014年01月22日

キラキラ、ガラガラの名所観光(前編・エカテリーナ宮殿)

今日の予定は午前中がエカテリーナ宮殿見学、午後はエルミタージュ美術館で4時間の見学でございます。
気温は-20℃。
ロシア人のガイドさんは「寒い」と言っていたが、わたくし自身は「別にぃ」って感じ。
本当に脳の気温認識部がおかしくなっちゃったんだろうか、わたくし。

DSC08545.JPGエカテリーナ宮殿。
すっばらしいです。


え〜っと、もうお気づきの方もいらっしゃるかもですが、わたくし・ぴょんぴょんは、

かなりの金ピカ好きでございます。

DSC08467.JPGいいわ〜、エカテリーナ宮殿♡
わたくしの心の琴線に触れまくりました。
すごいよ、ここ。


DSC08480.JPG


DSC08446.JPG入館の際は、床を傷つけないよう、どなた様も漏れなく「靴カバー」を履かされます。
そして、人がいたのはここまでで、あとはもうガラッガラ!


DSC08481.JPG

有名な大広間(舞踏の間)。
映画「おろしや国酔夢譚」で大黒屋光太夫がエカテリーナに謁見するシーンが撮られたそう。
映画は見ました。
ピッカピカで壮麗だったのでセットだと思っていたけど、本物だったんだ〜。
そして、ご覧の通り、ガラガラです。
立ち入り禁止の場所ではないんですよ。
ただ単に見物人がいない。
見放題、ウットリし放題、写真撮り放題(フラッシュは禁止)でございます。
観光シーズン(主に夏)はとても混むらしいのですが、特に今日は信じられないほどすいていると言われました。


DSC08500.JPG当時の衣装。
後ろの壁にある青いのは暖炉だそうです。
お洒落です。
「お客様をもてなす部屋や謁見する部屋の暖炉は、部屋側に燃料を入れる扉がない」との説明を受けました。
たきものをくべる召使の姿を来客に見せないため、だそうです。


DSC08515.JPGたしかに、この部屋も陶器らしい暖炉が壁にあるだけ。


有名な「琥珀の間」だけは撮影禁止でしたが、素晴らしかったです。
正直に申しますと、わたくしは今まで、美術や歴史にほとんど興味がなかったので、よくわからないままエカテリーナ宮殿へ行き、その豪華さと歴史にあてられてしまった模様で、最後の方はクラクラしてきました。

驚いたことに、エカテリーナ宮殿は戦争で一度ボロボロにされ、現在の姿は修復されたものなんだそう。
見学コースの最後に修復前の宮殿の写真がありましたが、それはそれはもう廃墟レベル+5くらいのボロっぷりで非常に驚きました。
今の姿は想像もできません。
修復技術ってすごいなぁといたく感心した次第でございます。

(続く)

琥珀のアクセサリーが欲しい。
↓ 応援ありがとうございます m(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キラキラ、ガラガラの名所観光(後編・エルミタージュ美術館)

DSC08566.JPG午後は、エルミタージュ美術館へ。


DSC08599.JPGたぶんすごい芸術品がたくさんあるんだと思うんですよ。
見る人が見たら感激の嵐なんだと思うんですよ。
でも、スミマセン、本当に申し訳ないのですが、なんかもうお腹いっぱいって感じ。


DSC08605.JPGこれ、ミケランジェロ。
まわりガラガラ。


DSC08627.JPGここもガラガラ。


DSC08641.JPGゴーギャンもセザンヌも見放題。
ガラッガラ。


DSC08646.JPGこれ、教科書で見たことある絵だよ!


DSC08645.JPGそしてガラガラ。


DSC08649.JPGまたガラガラ。
しかも展示品の数々がスゴ過ぎるのと、建物が広すぎて疲れてきました。


エルミタージュ美術館も写真撮影OK(フラッシュは禁止)だったので初めは張り切って取っていたのですが、数多過ぎ〜!
途中で、写真集を1000円でご購入。(← 写真が欲しいなら、これが正解)
エルミタージュでは4時間の見学時間が取られていましたが、ぶっちゃけ長くて持てあましました。
体力が持ちません (>_<)
1回3時間程度で数日かけて見るのがいいかな。
わたくしが断言できることがあるとすれば、

エルミタージュ美術館をゆっくり見たいなら、冬に行きましょう。

現地のガイドさんや添乗員さんに聞きましたが、夏はめちゃ混みで、入館するのに並び、有名な展示品は一つ見るのにそれぞれまた並び…となるそうです。
また、スリが非常に多くて、混む時は自分のお客さんとスリが並んで絵を見ていたりするので本当に気が抜けないと言っていました。
ここらへんに出没するスリは、人種や外見に特徴があって、見る人が見たらわかるらしいです。
ふ〜む。

ちなみに、英語圏の人に「サンクトペテルブルグ」「エカテリーナ」「エルミタージュ」と言ってもたぶん通じません。

サンクトペテルブルグ → セントピーターズバーグ

エカテリーナ宮殿 → キャサリンパレス

エルミタージュ → ハーミティッジ


となる模様。

DSC08934.JPG明日はもう、帰国の途につきまする。
ホテルに戻った後、隣のスーパーやホテルのショップでお土産購入。
730ルーブル(約2100円)の値段が妥当か迷いに迷った挙句、猫のマトリョーシカを1つお買い上げ。
さ〜、荷造りしなくちゃ!


うちのニャンズは元気かしら?
↓ 応援ありがとうございます m(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥が深いよヨーロッパ(ロシア編)

フィンランドから1時間ちょっと飛行機に乗っただけなのですが、サンクトペテルブルグでは英語がほとんど通じませんでした orz
満足に英語が通じたのはホテル内だけ。

ホテルの隣にあるスーパーではまったくダメ。
若い人なら外国語として英語を習っているじゃないかと思いましたが、「Can you speak English?」すら通じませんでした。
こんなんで、オリンピック開催大丈夫なの?
ソチでは通じるのか?

そして、残念なことに、ロシア人は愛想のない人が多いようです (>_<)
ホテルの中ですれ違った時やエレベーターで一緒になった時に挨拶しても、じ〜っとこちらを見かえすのみ。
怖いよぅ。
シャイなの?
愛想のいい人(?)だと、無表情でうなずき返してくれます。

客商売のはずのスーパーでさえ、サービス精神はあまり感じられませんでした。
店員さんに買いたいもののロシア語を旅行会話ブックで見せたら、無表情で手をひらひら振って「あっち行け!」みたいなゼスチャーで追い払われてしまいました。(号泣)

わたくしは

「一番人気のあるウォッカはどれですか?」

って聞きたかっただけなのよ!


まぁ、こんな経験も旅の醍醐味なのかな。

愛想のいい人もきっといるはず、と思いたい。
↓ 応援ありがとうございます m(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。