2014年01月02日

再び。人はなぜぴょんぴょんに道を聞くのか?

年末に釜山へ行ったんですが、やっぱり…。

道を聞かれましたっ!

海雲台(ヘウンデ)っていうきれいなビーチを歩いていたら、もっのすごくスタイルがよくて素敵なファッションの若い女の子が、たくさんいる人々に目もくれず、わたくし目指してまっしぐら。
そして、韓国語で「うんたらかんたら、パラディソホテルうんたら」と…。
近くに有名な「パラダイスホテル」があるので、そこへの道を尋ねられたんじゃないかと思う。
わたくしは、この日のために呪文のように唱え続けてきたワンフレーズを高らかに歌い上げた。

ぴょんぴょん「チョナン イルボン サラミエヨ」(私は日本人です)

女の子は「イルボン? イェー?」(日本人? ホントぉ?みたいなニュアンス)と苦笑しながら去って行った。

通じたよ。

しかもその後、わたくしは海雲台の地下鉄駅で、ブラジル人らしきお兄ちゃんにもスペイン語かポルトガル語で何か尋ねられたんでした。

ぴょんぴょん「ソイ ハポネッサ」(私は日本人です)

ふっふっふっ。
わたくしの地道な努力が実を結ぶ日がとうとうやってまいりました。
英語と韓国語と中国語とスペイン語とフランス語で「日本人」って言えるようにして覚えておいたんだよ〜ん。

どうしてみんな、わたくしに道を聞く?
↓ 応援ありがとうございます m(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。