2008年07月02日

ワタシは旅立っていきました

DSC00686.JPG

ワタシ。
ぴょんぴょんちの猫。
1998年9月28日生まれ。
2008年7月2日午後3時35分永眠。
生前は皆様に大変お世話になり、また、ファンレターや温かい励ましのお言葉などもいただき、どうもありがとうございました。
写真は6月末に撮ったものです。
食事が摂れなくなったので、ずいぶん痩せてしまいました。

腎不全が驚くべき早さで進行してしまい、飲食ができなくなってからは、ほとんどの時間を、好きな場所に行ってうつらうつらと眠っているような状態で過ごしていました。
わたくしのそばにいるのが、特に好きでした。
DSC00668.JPG DSC00674.JPG DSC00680.JPG

苦痛はないようでしたが、時々吐きそうな様子をしたり、実際に数回吐いたりして、その時だけは苦しそうでかわいそうでした。

飲まず食わずになってからは、漠然とした不安を感じていたのかもしれません。
わたくしの姿が見えなくなると超人的な努力をしてフラフラと立ち上がり、後を追って来ようとするため、ここ3日ほどは一日中付きっ切りでした。
外出する用事がなくて幸いでした。
昨夜は、一晩中フラフラと動きたがり、なだめて横にならせるのが大変でした。

今日のお昼前、わたくしがちょっと目を放した隙によろめき歩いたらしく、飲み水のボウルにぶつかって大量にこぼし、その水溜りの中にへたり込んでいるのを見つけました。
体毛がかなり濡れてしまい、慌てて拭いたり、乾燥機で温めたバスタオルに包んだりしましたが、身体が冷えてしまったのかもしれません。
ずっと普通の呼吸状態だったのですが、午後3時頃にいきなり「グゥグゥ」とあえぐように苦しそうな呼吸をはじめ、何度かよろよろと立ち上がって息を吸おうとする様子を見せては、力尽きたように横倒しになることを繰り返しました。

その後、ひとこえ「にゃぁん」と鳴きました。
元気だった時に甘えるのと同じ、かわいい声でした。
具合が悪くなってから声が出せなかったので、久しぶりに聞いたワタシらしい鳴き声でした。

それからは何回も「グエッ」と言いながら激しく痙攣したため、折れそうに細くなってしまった身体を抱きしめて声をかけているうちに、逝ってしまいました。
苦しんだのは最期の30分ほどでしたが、その間は壮絶でした。
ワタシをもらってくる時、母さん猫に「必ずとても大切にしますから」と約束したのに、最期に苦しい思いをさせてしまいました。
本当に申し訳ない。
せめて、ワタシがこの世で見た最後のものがわたくしの姿であり、最後に聞いたのはわたくしの声であったらいいなぁと思います。
ずっと、ワタシの見開いた黒目には、わたくしの姿が映っていたんですけれど…。
ワタシの苦しみが終わり、穏やかな顔になった時も、ワタシの瞳にわたくしの上半身が映っているのが見えました。

昨夜、夫が「ワタシが死んじゃったら、獣医さんのところに連れて行って火葬してもらう」的な話をし始め、わたくしは気が動転しました。
その後、お互いが自分自身の悲しみだけを見つめたせいもあり、大喧嘩になりました。
聴力は最期まであると言います。
わたくしは、まだ生きているワタシに聞こえるところで、火葬なんて話をして欲しくなかった、その心遣いが欲しかっただけなのですが…。
他にも、「ずいぶんデリカシーがないなぁ」と思う言葉を夫から投げかけられました。
ワタシが長い間具合が悪かったので、二人とも気が立っていたのだと思います。
気を取り直し、ワタシをベッドに寝かせて「ママはシャワーを浴びてくるから、動かないで待っててね」と言い聞かせていると、夫が「その間は見ていてあげるよ」と言ってくれました。
大急ぎでシャワーを浴びて10分もしないで戻ると、夫はいびきをかいて寝ており、ワタシがふらふらしながらベッドから降りようとしているところでした。

わたくしの結婚生活は崖っぷちで、それでも我慢する価値はあるのではないかと考えていました。
わたくしにも短所や欠点はあり、夫にもいいところはあるのです。
でも、何だか今回は、どうしようもなく夫の言動がこたえます。
神様のような存在があるなら、どうぞして今わたくしに、どんなことにも耐えられ、どんなことをされても相手を許せる広い広い心をくださいとお願いしたいです。

そして、今までたくさんの肉親や知り合いやペットを送り、お別れには慣れているはずなのに、今回はとても辛いです。
ワタシは、わたくしの癌になる前、治療中、治療後の具合の悪い時期をすべて知っていて、ずっと体調の優れないわたくしと一緒に寝ている時間が多かった、特別な子でした。
悲しみと共にではなく、温かい気持ちや懐かしく優しい気持ちでワタシのことを思い出せる日が、一日も早く来ることを願っています。

もしかしたらわたくしは、すぐにでも新しい子を飼い始めたほうがいいのかもしれません。
わたくしの悲しみは癒され、保健所に行く子が1匹減ります。
ワタシも、先住猫を送ってから1週間ほどで飼い始めた子です。
でも、ワタシを送った辛さを思い出すと、新しい子を飼うのは躊躇する気もあります。

先ほど夫が帰宅したので、ワタシの最期の様子を話しました。
夫「ふふっ、最期まで元気だったんだね!」(苦しくて動き回ったんだと思いますが…)
ぴ「ワタシの最期が苦しそうで、トラウマになりそ」
夫「じゃあ、もう飼うのはやめるんだな!」
ぴ「そんな言い方しなくても…」
夫「だってそうだろ? トラウマになるんだったらもう飼えないだろう?」

ワタシを寝かせた箱を見た夫は、「へ〜、おあつらえ向きの箱じゃない。くすっ(笑)」
なんでそう言う言い方になるのかしらん…。
くどいようですが、今回はそんな夫のものの言い方がとてもこたえます。

わたくしは、癌の患者サイトをやっている関係上、見ず知らずの方からいきなり「私の苦しみ聞いてください!」という訴えを投げかけられて困惑することがあります。
ですから、今、本当に本当に「今まで生きてきた中で最高レベル」に辛いのですけれど、相手の都合も考えずに自分の辛さを聞いてもらおうとは思いません。
ただ、もしもわたくしのリアル友人や、わたくしのことを友達だと思っている方がここを見ていて、「たまにはぴょんぴょんの力になってもいいかぁ」と思われるなら、会って話したりする時間を作っていただけるとありがたいです。

今晩は、ワタシのお通夜をします。
↓ お線香の代わりに手向けていただけたら嬉しいです

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 21:40| Comment(20) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴょんぴょんさん、お久しぶりです。

ワタシちゃん、旅立っていかれたのですね。
ちょうどその数時間後にウチのねずちゃん(ハムスターです)もワタシちゃんの仲間入りをしました。

最近ちょっと食欲がないかな〜っと、思っていたのですが・・・・。
倒れて虫の息になっているのを娘が見つけ、家族で見守っているなか、声に応えるように手をちょっと動かし大きな息を2回ついて、動かなくなりました。

まるで、みんなが集まってくるのを待っていたのかのようでした。

Posted by monk at 2008年07月02日 22:51
ぴょんぴょんさん
悲しい知らせ、今知りました。さぞかしお辛いことでしょう。

我が家にも2年半前に消化管悪性リンパ腫で手術をして命びろいをした老猫がいます。命あるもの何れは旅立つ時が来るでしょう。その時がきたら私はどんな言葉をかけてもらったらホッとするか?と考えてみました。結論は・・・感謝して猫生を全うしただろうということです。

ワタシちゃんはぴょんぴょんさんの腕に抱かれて旅立つことを選んだんですね。
最期の「にゃぁん」はありったけの力を振り絞ってぴょんぴょんさんへの感謝とお別れの鳴き声だったに違いありません。

ぴょんぴょんさんへ 
ワタシちゃんはたくさんの愛情で包まれ、感謝して旅立ったことでしょう。お疲れ様でした。

ワタシちゃんへ
いつも楽しませてもらいありがとう。
Posted by さなりん at 2008年07月03日 00:07
 こんばんは。

 ワタシちゃん,旅立っていったのですね。ぴょんぴょんさんをみながら「にゃぁん」と言ったのですね。「ありがとう」なのか「お母さーん」なのか,「きついよ」なのか,どんな思いを持っていったのかわかりません。でも,私は,きつい思いをしてまで鳴いて旅立っていったのは,最後までぴょんぴょんさんを思って旅立ったのではないかと勝手に思っています。ぴょんぴょんさんの思いはきちんとワタシちゃんに届いたようにも思っています。私がぴょんぴょんさんちの猫だったら,ぴょんぴょんさんの愛情に幸せを感じると思ったからです。ごめんなさい。すべて憶測のコメントで。

 ぴょんぴょんさん,悲しみが癒える日が来ることを願っています。ワタシちゃん,安らかにお眠り下さいね。
Posted by ちゃびお at 2008年07月03日 00:40
ワタシちゃん天使になってしまいましたね。
これからも、ぴょんぴょんさんのことを見守っていてくれると思います。

私の先先住猫さんも、私の病気を見守ってくれた猫です。もしかしたら私の病気を持って行ってくれたのではないか、と思うと今でも涙が出ます。

自分より短い命を家族に向かえる時には『私がその子を見送ってあげる』と決めて飼うのですが、やはり辛いですね。でも、本当に家族に幸せをくれる存在です。ありがとう。大好きだよ。と言ってお別れをしました。猫さんもそう思っていてくれたら嬉しいです。

ワタシちゃんもきっと
「ありがとう」「大好きだよ」とぴょんぴょんさんに言っていると思います。

ワタシちゃんのご冥福とぴょんぴょんさんの幸せを祈っています。
Posted by すいか at 2008年07月03日 00:42
ワタシちゃん旅立たれたのですね。
楽しそうなぴょんぴょんさんとの心のふれあいを共感をもって拝見していました。ここ2、3日は気になって何度もブログをのぞいたりしていました。

大きな瞳いっぱいにぴょんぴょんさんへのワタシちゃんの想いが映っていたことでしょう。

哀しさやつらい気持ちをまぎらわせるためかどうか、何でもないかのように表現する人もいます。
命と正面きって向き合うことから逃げたいのかも…
ご主人様はそういうタイプかもしれませんね。

ワタシちゃんが大好きだったぴょんぴょんさんに心からお悔やみ申し上げます。

Posted by りゅう子 at 2008年07月03日 02:06
初めまして。つい最近、『ぴょんぴょん』さんのブログに気付き、拝見しておりましたら、ワタシちゃんの容態があまりよくないので心配しておりました。星になられたのですね。読んでいて泣きました。ぴょんぴょんさんのお気持ち、すごく分かります。可愛かったワタシちゃん、きっと一番大好きな人の手の中で眠る事が出来て...『約10年間・嬉しかったよ、ありがとう』と言ってますよ! 私家にも、5匹の猫がいます。ちなみに私も持病があります。 私ごときでなんですが...またコメントさせて下さい。
星になったワタシちゃんに...合掌。 ぴょんぴょんさん、お身体〜御自愛下さいね。今は哀しみの最中で仕方ありませんが...。
Posted by ローリエ at 2008年07月03日 02:30
ぴょんぴょんさん、お疲れ様でした。

ワタシちゃんと、ぴょんぴょんさん、
二人が頑張った姿、ちゃんと読ませてもらいました。

ぴょんぴょんさんが見たこと、聞いたこと、
詳しく書いてくださって、ありがとうございました。
とてもとてもつらいのに、頑張って書いてくださって、
一読者として、感謝します。

ワタシちゃんは、今、
苦しいのからも、痛いのもからも解放されて、
きっと自由になったんだと思います。
元気に駆け回って、かわいい声でいっぱい鳴いていると思います。

ぴょんぴょんさん、本当に、お疲れ様でした。
最後までワタシちゃんに寄り添ってみとったこと、
立派だと思いました。
ゆっくりゆっくり、悲しみを癒して、
ゆっくりゆっくり、元気になって下さることを願っています。

ワタシちゃん、かわいい姿を、いつもありがとうございました。
これからも、ぴょんぴょんさんを守ってね。。。
Posted by 藍琉 at 2008年07月03日 05:34
「にゃぁん」は、ワタシちゃんからぴょんぴょんさんへの精一杯の感謝の気持ちをこめての「ありがとう」だったのかもしれませんね。

ワタシちゃん…ぴょんぴょんさんのブログを通して
カワイイ姿を何度も見せてくれてありがとう。
合掌…。

ぴょんぴょんさん、お辛いでしょうがどうか、お体をご自愛下さい。
Posted by とらら at 2008年07月03日 10:04
ぴょんぴょんさん、ずっと心配しながら日記を拝見していましたが、声をかけられずにいました。
なぜなら、我が家のkorotaが、同じように腎不全で、昨年旅立っていて、やはり最期のとき、とても苦しそうだったからです。
やはり同じように病を得る前から家にいて、そして、ずっと私のそばにいてくれた存在でした。
お気持ち、とてもよくわかります。私も未だにこのカキコをしながらも涙が出ます。
korotaを見送ったとき、何人かの友人が虹の橋のお話しを送ってくれました。
つらさからも苦しみからも解放されて、そこで飼い主の来るのを待っているそうです。
今年、korotaのいたそばの花壇にKの字を描き、マリーゴールドを植えました。
どうか、ワタシちゃんの心が安らかでありますように。
Posted by トマト at 2008年07月03日 10:45
ワタシちゃんの訃報を知り、
ぴょんぴょんさんの愛するワタシちゃんとのお別れの辛さお察しいたします。

いままでぴょんぴょんさんが側にいてあげたように、
きっとぴょんぴょんさんのそばにワタシちゃんはずっと居てくれると思います。

触れることが叶わなくとも、
会えなくなっても、
夢で会えます。

かけがえのないものとの別れ、
それは経験した者にしか分からない想いがあると思います。

どうか、お身体ご自愛下さい。
Posted by みやぽん at 2008年07月03日 12:10
ぴょんぴょんさん ワタシちゃん お疲れ様でした。

ワタシちゃんのハローウィン、ワタシちゃんとアジの干物・・・・
いっぱいいっぱいのシーンが思い出されて、涙がとまりません。
ずーっとずーっとぴょんぴょんさんを見続けて、
最期の最後までぴょんぴょんさんを見ていたワタシちゃんの瞳
きっと、大きな大きな愛を見続けていたんだと思います。

ワタシちゃんはどんなに幸せだったでしょう。

今は悲しくて悲しくて 涙が止まりません。
ぴょんぴょんさんと一緒に 泣いてもいいですか?
そして ワタシちゃんを星に送りたいです。
お体ご自愛ください。
Posted by もなみ at 2008年07月03日 14:20
私もガン闘病中に勇気と元気をくれたニャンコを亡くしました。
今でも心の支えになっています。
きっと虹の橋で待っていてくれていると思います。
次のニャンコを迎えることはとてもいいと思いますよ。
Posted by るん at 2008年07月03日 15:04
お悔やみ申し上げます。

実はにゃんにゃんパラダイスに書いた黒猫も、今年の正月に朝の散歩に出かけたまま、行方不明になりました。
チラシ配ったり藪をかきわけたりして探しましたが、半年たった今も帰ってきません。(1才半でした)
もしかしたら帰ってくるかもと、次のネコはまだ飼えません。ここ数年で実母ネコ2匹を相次いで亡くして、ものすごく涙もろくなりました。

最近はあっちこっち旅行しています。5月にディズニーシー、この前は奈良に行ってきました。今はあじさいがきれいですよ。
Posted by トロねこ at 2008年07月04日 11:35
ぴょんぴょんさん、このたびはお悔やみ申し上げます。

私はぴょんぴょんさんのサイトで初めてワタシちゃんを見たとき「美人なネコだな〜」と感じたのを今でも覚えています。

それから何年もワタシちゃんはぴょんぴょんさんだけでなくサイトを訪問される方や私を、その愛くるしさで癒してくれたのですね。

ネコを飼ったこともないのに、なぜだかワタシちゃんは私にとっても特別なネコだったように感じて涙が止まりません。

どうかワタシちゃんを心の支えに、一歩を踏み出して欲しいと願っています。
Posted by ちぃ at 2008年07月04日 16:12
ワタシちゃんの魂が永遠に安らかでありますように。
涙で読んだあの日から、ワタシちゃんとぴょんぴょんさんの事が頭から離れません。
ぴょんぴょんさんのサイトには以前から助けられ、その素晴らしさと継続する姿勢に、心から敬服しておりました。
また、同じく猫を家族に持つ者として、つらい時をすべて見ていてくれた存在は、時として身内より大きいのです。2匹のわが子の、いつか必ず訪れるその時に備えて、さまざまな言葉で自分にいいきかせているのですが、正直言って、どうなるかわかりません。普段は精神的に強い私ですが、弱点とも言える特別なものがこの猫達だからです。

ぴょんぴょんさん、ワタシちゃんは今とても幸せですよ。ぴょんぴょんさんに見守られて命を全うしたのです。全国にいる私のような、あなた達のファンがワタシちゃんの為に祈っているのです。

だから今度はぴょんぴょんさん、あなたの番です。
どうか神様。
ぴょんぴょんさんがまた笑えるように、穏やかな日々が過ごせますようにぴょんぴょんさんに力を!
Posted by こがきん at 2008年07月05日 10:15
ワタシちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ぴょんぴょんさんの心が平安を取り戻せますように。

1年半ほど前、最愛の息子である黒ラブを11歳を目前になくしました。
心不全、腎不全、肝臓の腫瘍、と1ヵ月半に及ぶ治療をけなげに頑張り、力尽き旅立ちました。
私の入院で精神的に不安になって病気になるような心優しい子でした。
この子を残して先に逝けないと生への強い想いが私を支えていました。
この子が倒れてからは、日中は病院で点滴、夜は自宅で見守りました。
薄氷を踏む想いの毎日を思い出し、ぴょんぴょんさんの気持ちと重なって、読みながら涙していました。

ワタシちゃんの心配をしているときから、ご主人との心のすれ違いがあってお辛かったでしょうね。
お互いワタシちゃんを大切に思いあっている愛情でつながっているのに・・・

我が夫も、お骨にして自宅に戻るまで、戻ってからも冷静(感情的でない?)な言葉や行動が多かったように記憶しています。泣き崩れ、グシュグシュになっている私にしてみれば、それはないでしょっ!えっ?って思うこともいろいろ・・・ありました。その後、残っているもう一人のワンコとの日常が続くなかで、「こいつは、あいつのように膝に来ないし甘えないから、張り合いがない・・・」などと満たされない思いらしき寂しさを口走るのを聞き、静かに悲しんでいるんだと気づきました。不器用なんですよね。泣くのは男の沽券に関わると思うようなめんどくさい世代みたいですから。

悲しかったら心開いて共有して欲しいと、私は思っていますが、、、それとも、実母のときの私の悲しみ方があまりに尋常でなかったから、悲しみが続いていたので意識して冷静に振舞っていたのだろうか、本音のところは聞いていません。
夫婦としては、寂しいものを感じています。

今頃、うちの子は虹の橋をわたって、幸せな世界で親、兄弟、仲間たちとお腹いっぱい食べて、元気に遊び走り回って私たちが行くのを待っているのだと思い、ほっとしています。

ぴょんぴょんさん、身体をご自愛くださいね。

Posted by 如月 at 2008年07月05日 23:27
ワタシちゃんのことが心配で、勝手ながら見守るつもりで、毎日このブログを見つめていました。
そして3日、ワタシちゃんが旅だったことを知って、何かぴょんぴょんさんに言葉を、と思っても言葉が見つからず、今日になってしまいました。

がん告知という経験をし、その後の様々な状況の中、ずっとぴょんぴょんさんの側に居たワタシちゃんを見送ったお気持ちは、ただ可愛がっていたペットが逝った、という以上の感情を抱かれたであろうことは想像に難くありません。

やはり、かける言葉が見つかりません。
でも、ぴょんぴょんさんがブログに書かれたお気持ちは、本当に良く理解できます。

ぴょんぴょんさんのお気持ちを汲むことができる、人を思い遣ることのできるお友達が、連絡下さったであろうことをただただ祈っています。

ワタシちゃん・・・寂しいです。
ぴょんぴょんさん、梅雨の鬱陶しい気候が、
お体に障りませんように。










Posted by パセリ♪ at 2008年07月06日 16:00
ぴょんぴょんさん。

ワタシちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

毎日、心配で訪問していたのに。ワタシちゃんが旅立った事を知って、言葉を無くしてしまって。コメントをさせて戴くのに時間が掛かってしまいました。
ワタシちゃんは…人間よりも、ぴょんぴょんさんに、深く優しく寄り添ってくれた命でしたね。

最後の鳴き声は、ワタシちゃんが「ママ ありがとう 先に行くね 待ってるからね ゆっくり来てね」って伝えたかったのでは無いかしら?と思います。

どうかぴょんぴょんさんの哀しみが、一日も早く癒えますように。心から祈っています。
Posted by せ〜ちん at 2008年07月06日 16:59
 ぴょんぴょんさんが深い悲しみの中におられるので、かける言葉が見つかりません。こんな時こそ、お力になりたいと思うのに、何もできなくて申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 しばらくは何を見てもワタシちゃんのことが思い出され、涙する日が続くと思います。でも、ワタシちゃんはぴょんぴょんさん家の家族で幸せだったと、今度、生まれてくる時もぴょんぴょんママのところに来たいときっと思っていますよ。

Posted by ねこまろ at 2008年07月06日 21:08
ワタシちゃん天国でおもっきり走って遊んで、大好きなぴょんぴょんさんを見守っててあげてくださいね。
ワタシちゃんの一生はキラキラしてましたよ!
うちのにゃんこももう20歳。そちらに行くことがありましたら、右も左もわからないと思うので、どうぞ一声かけてやって下さい。
ワタシちゃん、可愛い思い出をどうもありがとう。
安らかに・・・。
Posted by nanasi at 2008年07月07日 00:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。