2008年10月11日

離婚寸前でも、結婚記念日は来る

あい変わらず、「離婚崖っぷち」なわたくしでございます。
夫婦のどちらか、または両方が不倫したり、財産分与や慰謝料の金額が合意に達したら、即離婚成立って感じ。
幸か不幸か、わたくも夫も妙なところが潔癖で、不倫には激しい拒絶感があるため、よほどのことがない限り、不倫による離婚はないでしょう。
また、わたくしが欲しい慰謝料の金額は1億円(爆笑、なんだよそれ、無理無理)なので、金銭面でも離婚条件が整いません。

一番ありえる可能性は、片方の寿命が尽きるまで「なんちゃって夫婦」として過ごし、死別した後は、相手の死亡保険金を使って楽しく暮らすってところでしょうか。
わたくしたち夫婦の結婚生活は、長生きしたほうが勝ちの我慢大会の様相を呈してまいりました。
崖っぷちになったそもそもの原因は、「夫とわたくしが同じ人生の夢を見られなくなった」であり、憎み合っているわけではないのが幸い。

10月11日は結婚記念日で、串焼き食べ放題のお店に食事へ行きました。
そして、夫は食べ過ぎでお腹をこわし、数日間、激しいぴーこちゃん攻撃を受けることとなりました。

ダサい。

情けない。

断じて食中毒ではないよ。
わたくしは何ともないもの。
そろそろ、自分の胃袋の大きさを把握したらぁ?

しかも、ぴーこちゃん慣れしているわたくしが見ても「超弩級」だと思う猛攻撃状態にも関わらず、夫は「何を食べてもどうせ出ちゃうんだから」とのたまい、お酒を飲み、刺激物を食べてたドあほうです。
そんなんじゃ、治るものも治るわけがないでしょ〜。
病院行けって言ったのに、「忙しいから」と数日放置し、脱水状態が進行してふらふらになり、あまりにも辛くなって仕事を抜け出して内科受診した模様。
点滴打ってもらったんだってさ〜。
で、病院でもらった薬を飲んだら、一発で治ったんだってさ〜。

結婚生活22年目に突入でございます。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。