2006年02月02日

病院へ行って病気になりそうなこの季節

橋本病の薬チラーヂン、なんちゃって膠原病(?)による皮膚症状対策のビオチン、イレウス対策のアローゼン、高脂血症の薬、身体の浮腫みをとるための利尿剤ラシックスなど、常用している薬がなくなりそうなので、坂の上病院の内科を受診。

病院正面玄関に「インフルエンザ予防のため、マスクを着用してください」と張り紙がしてあった。
あぅぅ。
言いたいことはわかるんですが、そういうのは家を出る時にわかっていないとダメでしょ?
いきなり用意なんてできません (ToT)
張り紙のそばでマスクでも売ってりゃ別ですが。

内科の待合室は、ものすご〜く混んでいた。
熱っぽい顔をした人、マスクをした人がやたら多い。
わたくしは、インフルエンザの予防接種がピークとなる11〜12月にヘバってて、接種を受けていない。
しかもほとんど外出しないので、いろいろな菌に対する免疫が弱くなってるかも。
去年の冬は病院へ薬をもらいに来て、ひどい風邪ももらい、寝込んだっけ。
ヤバい…。

ナースが「今日はとても混んでいるので、1時間以上待っていただくことになります」とオソロシイことを言う。
薬だけ処方してもらって早々に退散。
また出直します。

婦人科でがんの術後検診受けなくちゃならないし、整形で骨粗鬆症の診察も受けなくちゃならない。
両方とも本当は去年の11月に受けるスケジュールで、予約も取ってあったのに、だる過ぎてシカとしました。
せんせい、ごめんなさい (ToT)
そして、わたくしは左胸にアヤシイものがあり、本当は1月に外科で経過観察のための検診受けなくちゃならないんでした。
橋本病を診てもらっている甲状腺の専門医へは確か、去年の夏に行かなくちゃならないんでした。
今月は病院行きまくりの月になりそうです…。

坂の上病院は患者にカルテを持ち歩かせる。
移動中にパラパラめくって読んでいたら、ずいぶん前に膠原病専門医が坂の上病院の内科主治医に宛てたメモをみつけた。
「あなたが書いた紹介状を持った患者が来ました。診察しました。こういう結果でした」という報告みたい。
膠原病専門医で受けた検査結果が書いてあり「以上の結果から、3つのSLEと思われます。引き続き診させてください」とのこと。
SLE(全身性エリテマトーデス)は病名なので、「3つのSLE」は「3つの風邪」みたいな意味になり、ちょっと???だけど、「SLEを示す異常値が3つありました」ってことなんだろう。
紹介状をもらうと、結果報告するんだ…。
Dr同士のお付き合いもなかなか大変そうですねぇ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この間の木曜日、いつも術後検診に行く大きな病院に、他の病気の疑いで、近くの医院の紹介状を持って行きました。
案の定、インフルエンザや風邪の患者さんがいっぱい・・・。そこにもマスク着用の張り紙がありましたが、申し出るとマスクがもらえるようになっていました。だから、この病院、好きなんですよね。
Posted by ねこまろ at 2006年02月05日 22:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。