2009年11月29日

なちゃん、ラリってみる

ストルバイトの経過観察で、数ヶ月に1度は獣医さんへ行かなければならない「なちゃん」。
いつも膀胱のエコーと採尿検査があり、下腹部のビミョーな部分を触られてイヤだったり、検査が痛かったりするみたいなんですよね〜。
診察室では怒りまくっています。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

おとなしくしていないため、診察の時は仕方なく押さえられたりカラーを付けられたりし、それがさらに「なちゃん」の怒りに油を注ぐことになり、もっと威嚇するわ、暴れるわの悪循環。
人間嫌いに拍車がかかりそうで、なんだかな〜。
なちゃんのための病院通いなのに、なちゃんにとっては大きなストレスになるばかりで、このままでは何もいいことはなさげ。
Drと相談し、受診前に弱い鎮静剤を飲ませてみることにしました。
薬でぽーっとしている間に、嫌なことは済ませちゃおうってことで。

本日、抗生剤を中止してから初めての経過観察受診日。
「なちゃん」は、鎮静剤を混ぜたご飯をガツガツ平らげました。
そして…。

DSC02453.JPGなちゃん、あなた…。
なんか…。
顔つきがとっても優しくなってない?

DSC02452.JPGう〜ん…。
これは、たぶん、いや絶対に、ラリってますね。
わかりやすい猫だなぁ。

診察後、Drに「鎮静剤の効果、どうでした?」と聞いてみた。
「やっぱり少しは騒ぎましたが、でも、いつものガッツは、なかったですよ」とのこと。
うちの猫、今まで、ガッツ出して暴れていたのか!!!
とほほ、本当に申し訳ございませんでした。
以降、診察日には鎮静剤を飲むことになった「なちゃん」でした。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(2) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なちゃん、体重も増えてきて本当に良かったです!!!
安心しました…
ぴょんぴょんさんの愛情の賜物ですね(T-T)
なちゃん、「ガッツ」を出して暴れてたんですね(^^;)
ファイティングスピリッツあふれる立派な猫さんとお見受けしました。
ラリ顔もとってもキュートです(≧▽≦)
Posted by なちゃん応援隊 at 2010年03月24日 21:48
はじめましてです、本宅さんで以前大変お世話になりました。
この記事の更新時期が私自身のバタバタと重なり、今始めて読んだんです。

わかりますぅ〜。
うちの猫も3歳の09年6月にストラバイト発症しています。そして未だにフツーの缶詰も併用しての治療中でずーとストラ出っ放しです(超ハンストの結果)。
ただ、尿管が太いのかまだ初期であったのか未だ詰まったり膀胱炎になったりはしていません。
サプリと言う名のお薬ゼンラーゼを毎日ゴックンしていますがこのままでいいのか。
私もセカンドオピニオンを検討中です。
こんなにポピュラーな病気なのに意外にも獣医さん、言う事が都度違います、不思議。
私も難病を発症している最中でなかなかネコに時間をかけられない状況ですが、今はその病気のおかげで仕事を辞めた為分離不安症候群でもあるヤツは精神的にはおちついているかな・・・。

たまに『太く長く生きてみる?』等と話しかけながらの治療生活ですが・・・お互いに気持ちをしっかり持ち続けましょうね。

長くてスミマセン、思わず・・・。

Posted by しましま at 2010年03月28日 23:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。