2009年12月10日

ぴょんぴょん、ことの成り行き その1

左首のゴリゴリが気になり、9月上旬に内科を受診。
わたくしの首を見たナースは「おたふく風邪は、やりましたか?」と聞いた。

そっ、そんなに腫れてるの?

ぴ「おたふくは、子供の頃にやりました」

ナ「熱はありますか?」

ぴ「まったくありません。平熱です。痛みもありません」

ナ「左首もそうだけど、喉の正面も腫れてるんじゃありませんか?」

ぴ「甲状腺が悪いんです」

ってか、再び問いたい。

わたくしの首、左も正面も、そんなに腫れているの?

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

ナースは、もう一人のナースと何やら相談している。
それによると、発熱していないなら、わたくしのような首の腫れは内科ではなく、耳鼻科の扱いになるらしい。
で、耳鼻科に回されました。

いきなりファイバースコープ。
なんだ、これぇ?
初体験、むふ。以下省略(謎)

結果。
左首のゴリゴリはリンパである。
心配するような所見は見られないが、取りあえず経過観察とし、時間あったらそのうち受診してね、と。
内科のナースは、「ものすごく腫れているように見える」みたいなことを言ってたけど、Drに言わせればたいしたことはないらしい。
まぁ、こんなもんなのかな。

が、Drは続けて、以下のような診断を下した。

「ぴょんぴょんさん、あなたは、顎関節症です」

続く

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。