2009年12月10日

ぴょんぴょん、ことの成り行き その2

そう言われれば、口を開けるたびにカクカクと音がしてたんだよなぁ。
でも、まったく痛くないし、口の開きも問題ないので、受診したり治療をしようなんて、考えてみもしなかった。

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

ネットなどで調べた結果、顎関節症は、「この診療科が診察治療する」という明確な住み分けができていない病気らしい。
考えた挙句、総合病院内にある歯科を受診。
町の歯医者さんと違い、検査設備が充実しているはずだ。

各種検査の結果、右顎の付け根の骨が変形または磨耗しているらしく、レントゲンに映らなかった。
カクカク音も健在。
これから痛みが出たり、口が開かなくなったりするかもしれないので、経過観察として1ヵ月後に再受診するよう指示された。

1ヵ月後、歯科受診。
とくに異常なし。
ゆえに、「顎関節症だけど、今のところ痛みも口の開きにもまったく支障がないので、治療の必要なし」との診断をいただきました。
歯科Drは、「せっかく受診して、口を開けるとカクカクと音もするのに、治療の必要なしって言われたら、ぴょんぴょんさんは納得できないでしょう? セカンドオピニオン取りますか? 私としてはセカンドオピニオンを取って欲しいと思いますが。大学病院を紹介できます」と申し出てくれたが、今回は様子見にする。
歯科のカルテは作ったので、痛くなったらすぐに見ていただけるとのこと。
ありがとうございます。

11月、やはり、喉がヘン。
今回は、外見からわかる腫れではなく、ものを飲み込む時につかえるというか…。
再び、耳鼻科受診。
そしてまた、ファイバースコープ。
むふ。(←としか言えない。謎)
さしたる異常なしとのこと。

耳鼻科を受診したついでと言ってはなんですが、首筋にある小さいしこりが気になっていたので、皮膚科を受診。

オペ決定。

続く

↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(2) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴょんぴょんさんこんばんは。

実はウチの妹も顎関節症なんです。
少し前は、ほとんど口が開かなくなってしまって、大変そうでした。

妹の場合、原因は就寝中の歯ぎしりで、かなり歯が磨り減ってしまっていたようです。
今は就寝時に、歯医者で作ってもらったマウスピースをして寝ていますが、以前のように口が開かなくなることもなく、経過は良好です。

原因とかは違うかと思いますが、同じ病気だったので、少しでも参考になればいいのですが・・・
Posted by ちぃ at 2010年03月28日 00:01
応援するの?
Posted by BlogPetのビエネッタ at 2010年03月29日 15:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。