2006年03月29日

こうなったら、できるだけ治したる

月曜日に受診できなかった整形外科を朝一で受診。
骨密度を上げる薬を処方してもらった。

ぴ「本当は11月に受診しなくちゃならなかったんですが、具合が悪くて寝たきり状態になり、病院に来られませんでした。そういうわけで運動もまったくしていないので、骨密度はさらに下がってしまっているんじゃないかと思います。まだ結果は出ていないはずですが、月曜日に婦人科オーダーで骨密度の検査はしました」

Dr「あ、そうですか。じゃあ結果待ちですね。ぴょんぴょんさん、あちこちの科にかかるの大変でしょう? 骨密度の薬は婦人科で出してもらってもいいですよ」

ぴ「先生は婦人科に遠慮していて、婦人科Drは整形に遠慮しているんじゃないですか? そのあたりどうなんでしょう?」

Dr「う〜ん。お互い、骨密度の薬の処方についてはどっちの科でもいいと思ってるかも…」

ぴ「先生も婦人科Drも、薬の処方は婦人科でいいとおっしゃるなら、私はその方がありがたいです」

わたくしは整形で数年に渡って骨粗鬆症の治療を受け、今のところは薬も決まっている。
整形にわざわざ薬だけもらいに来るなら、同じく骨密度UPの目的でHRT(ホルモン補充療法)の薬を処方してもらっている婦人科で、両方の薬をもらっちゃえば楽でしょう、というDrの心遣いのようです。

整形Drは、婦人科Drへの申し送りをカルテに書いてくれた。
わたくしの現状では、投薬以外に整形でできる骨密度UPの治療はないので、整形はたま〜に受診して経過を診てもらえばいいかな。

ぴ「それから、額の骨がさらに突出してきた気がするんですけど…」

Dr「削りますか?」

ぴ「出っ張っている骨を削りたい気はありますが、額を切るのはイヤです。生え際の内側を切って、顔の皮をめくって骨を削って欲しいんです。額を切るのは1mmたりとも我慢できません。たいした顔ではありませんが、それでも顔のことなので神経質になってます。すいません」

Dr「いえ、よくわかりますよ。それ、CTとか撮りましたっけ?」

ぴ「CTも骨シンチもやってます」

Dr「いつやったんでしたっけ? 結果が見あたらないな〜。僕、結果なんて言いました?」

ぴ「以前、カルテを読んでみたんですが、オステオマ(Osteoma)って書いてあったと思います。骨腫ですよね?」

Dr「そうです…」

カルテ解読を趣味にしていてよかったよ〜。

Dr「月曜日だけ、形成の先生が来るんです。その先生に一度診てもらってください。その骨、硬いでしょう? 手術するとしたら、局所麻酔じゃ無理かもしれないですよ。顔の皮をめくるわけだし、全身麻酔じゃないとできないかも」

ぴ「私は全身麻酔のほうがいいです。局所麻酔だと手術中の痛みはないとしても、引っ張ったりする感覚はあるでしょう? オペ中の話し声が聞こえるのもたまりません。局麻はできればカンベンしてください」

Dr「そのあたりも、月曜日に形成の先生と相談してみてください」

オペするのはいいとして、坂の上病院ではやりたくないな〜。
ここには麻酔科がない。
財団法人日本医療機能評価機構の審査結果レポートにも、「麻酔医が非常勤体制」と書かれていた。
麻酔医がいないのに手術するってことはないんだろうけれど、わたくしは呼吸器系に若干問題があるので、全身管理やその他もろもろを考えると、常勤の麻酔医がいる病院でオペしたいです。

形成のDrは、月曜日だけ坂の上病院へ来ると聞いた。
ということは、他の日は別の病院で診療しているんだろう。
ホームグラウンドがあるのかな?
そこが総合病院なら、オペはそちらで受けられないかなぁ?
せっかく形成のDrに診てもらうんだから、お腹に鎮座するがんのオペ傷の形成も本気で相談しちゃう?

この際だから、身体中、治せるところは全部治したる。
うなじの粉瘤も、骨シンチの時に影が出ていた副鼻腔も真剣に治療を考えて、レーシックにも突撃したる!

鼻息ばふばふ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 12:48 | TrackBack(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

LASIK春祭りキャンペーンご紹介!なんと14万円で!
Excerpt: 懸賞とは関係ありませんが、2月に視力矯正の手術レーシックを受け、視力が0.03から1.5へ上がりました。 私の手術した神奈川クリニック眼科CR-LASIKセンター では ≪LASIK春祭りキャ..
Weblog: 実録懸賞生活!お小遣いを懸賞&オークション&ネットで稼ぐ!
Tracked: 2006-04-04 14:07
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。