2006年05月15日

骨密度

骨粗鬆症対策として行なっているホルモン補充療法の薬がなくなるので、坂の上病院の婦人科を受診。
整形Drがカルテに書いていた「今まで整形外科で処方していた骨粗鬆症の薬も婦人科で処方してくれないか」という申し送りを婦人科が了承してくれた。
ただし、たまには整形も受診して診てもらって欲しいとのこと。
婦人科としては「薬は出すけれど、骨粗鬆症の病状診断は骨の専門である整形に頼みたい」らしい。

この前やった骨密度の検査では、骨密度が72%に上昇。
カルシウム飲んで、ビスフォスフォネート剤使って、癌の再発の危険を冒してホルモン補充療法した結果、わずか1〜2%のアップというのが何とも…。
わたくしはぶっちゃけ不満なのでございますが、婦人科Drによれば「骨密度が現状維持できているだけ優秀」なんだそう。
卵胞ホルモン剤はこれ以上増やせないし、骨密度対策のために追加できる薬は他にはないんですって。
しかたないですね〜。
あとは、自分の努力次第ってことで。

去年の秋からサボリにサボっているウォーキングの再開を真剣に考える。
最近毎晩、寝ていると右足のふくらはぎが攣り、時々は弁慶の泣き所まで攣ってしまうので、初めから長距離ウォーキングは無理っぽい。
ぼちぼちとやりますわ。
ちなみに、バーチャル五十三次ではもうすぐ白須賀です。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 16:29| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。