2011年05月14日

警察から電話で「おひとりさま」波乱の幕開け

二度寝を楽しんだおひとりさま・ぴょんぴょんは、ゆったりした気分で家事を済ませ、夏物と冬物の衣類を入れ替えていた。
そこへ電話が…。
相手は麻布警察の××と名乗った。

え〜っ、警察?!

警「ぴょんぴょんさん、いらっしゃいますか?」

ぴ「わたくしですが」

警「お手数ですが、出頭していただきたい」

ぴ「なぜですか?」

警「込み入った事情があるので、署でお話ししたい」

ぴ「あのぅ、私、何かしましたか?」

警「な〜んてね、僕だよ、○○だよ」

電話の相手は警察ではなく、古い友人の○○さんだった。

○「びっくりした? びっくりしたでしょ?! あははははははは!!!」

わたくしは、それ以上何も言わず、受話器を叩き置いて電話を切った。
「あはははは」と大笑いするほど気の利いた、愉快なことなのか?
冗談にしては、あまりもひど過ぎる。
人間、やっていいことと悪いことがあるわけで、

だいたい

警察官ではない人が

警察官だと名乗った時点で

官名詐称かなんかの

犯罪になるのでは?


そして、彼は、こういう迷惑行為が初めてではないのである。
毎回信じかけるわたくしもおめでたいが、もう、こんな阿呆と付き合っちゃいられない。
父親が変死して検死などで警察のお世話になっているわたくしにとって、「警察」を名乗る電話は緊張するのだ。
もうそれほど若くもないので、心臓にも悪いよ。
そして、そういうわたくしの事情を斟酌できない人は、友人ではない。
ただの知り合いって感じ。

その後、○○さんから再度電話があった。
わたくしは出なかった。
留守電に入っていたメッセージを聞くと、「憤慨されているなら大変申し訳ない。早朝からの仕事が昼過ぎに終わったのでお酒を飲みながら住所録をパラパラとめくっていたら、ぴょんぴょんさんの名前があり、久しぶりに話してみたくなってうんたらかんたら」との言い訳が延々と吹き込まれていた。

いいオヤジが

昼間っから酔っぱらって

迷惑TELかよ!


お前、もういらない。
さよなら。
そして、こいつは、ある業界ではそれなりの有名人、パイオニアなのである。
重鎮候補なのである。
今度こんなことしたら、マスコミにネタを売っちゃうぞ。
もう連絡してくるな!

酒は飲んでも飲まれるな、ってか。
いや〜、ムカつくわ、本気で。
↓ 「週刊ぴょんぴょん」への応援、ありがとうございますm(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆




posted by ぴょんぴょん at 23:59| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。