2011年05月21日

木曽路 その3

DSC04483.JPG妻籠宿。
馬籠は「整備された感」があったけど、妻籠は「江戸そのまんま」って感じ。

DSC04481.JPG宿場の中に何か所か水船が置かれ、山から引いた水が流れ落ちていた。
「飲用は自己責任」というお達しが書いてあり、飲まないでちょうだいねオーラが出ていたので味見は断念。
でも、初夏の陽気で暑いほどだったので、何度が手を浸させてもらった。
冷たくて気持ちよかった。

DSC04500.JPGここは平成の世で、人も住んでいるお家だけど、う〜ん、やっぱり江戸時代っぽい。
いつまでも残して欲しい風景だけど、維持する方は大変だろうな。

DSC04482.JPGそしてやはり、妻籠宿も「山の中である」だったのでした。

朝6時40分出発、午後10時帰着。
無事に帰って来られました (^o^)
お弁当も、おやきなどのお菓子類もしっかり食べて、木曽路を満喫しました!

座り続けで足首パンパン!
↓ 応援ありがとうございます。

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆




posted by ぴょんぴょん at 23:59| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。