2006年08月07日

灼熱地獄の神奈川宿 〜キャンサー・サバイバーの五十三次〜

今までの「キャンサー・サバイバーの五十三次」はこちらをご覧ください。
写真は、クリックすると大きくなります。

R0013684.JPG足のまめが治ったので、再び出撃。
前回の撤退地点へ向かいます。
この前はJRの駅しか頭にありませんでしたが、帰宅後によくよく地図を見たら、撤退地点の近くに京浜急行の駅がありました (;^_^A


R0013688.JPG戻ってきました、市場一里塚跡。
今日は、神奈川宿を抜けて保土ヶ谷宿の途中にあるJR保土ヶ谷駅までの約10.5kmを予定しています。


R0013691.JPG午前10時出発。


R0013692.JPGしょっぱなから暑いのぅ。
これだけ晴れていると、夕立ちがあるかも。


R0013689.JPG鶴見川を渡ります。


R0013694.JPG川風の涼しさも期待外れに終わり、ひたすら暑い…。


R0013697.JPG川を渡ると、もうすぐ鶴見駅。
このあたりが江戸から21km地点です。
暑い、あ゛づい゛〜。


R0013698.JPG東海道と寺尾道の分岐点。
寺尾道は菊名に通じていたとのこと。


ここで、知らないお兄さんに「どこ行くの?」などと話し掛けられ…。
わたくしの経験から言うと、これはナンパの発端なのかと。
今なら、離婚したり未亡人になっても、もう1回くらいは結婚できそうだ。

R0013700.JPG生麦の魚河岸通り。


R0013701.JPG道の両側は本当に魚屋さんばっかり。
まだ午前中なのに、みなさん早くも店じまいしていました。


R0013705.JPGKIRIN?
ビール?


R0013706.JPGおお〜、横浜工場ですと!
こういうとこって、工場見学とかあって、最後にできたての冷たぁぁいビールを飲ませてくれるんですよね〜。
もう暑くてたまらんので、ちょっと行ってみちゃおうかな♪


R0013708.JPGビール♪


R0013708_1.jpgビール♪


R0013709.JPGorz


やっぱり、よこしまな野望は抱いちゃイカンようです。
が、ひととき希望を持ってしまっただけに、飲めないとなると暑さ感がさらにアップ。
この周辺は、空気にホップの香りがそこはかとなく漂います。
くぅぅ〜 (ToT)

R0013707.JPGあ、これって、歴史の時間に習いました。
生麦事件。


R0013711.JPGしばらく、国道15号線沿いを歩きます。
アスファルトが熱い〜。
車の排気ガスが熱い〜。
お店や家のエアコンの排気が熱い〜。
日影がない〜。
ヘタレそうなので、お昼に何を食べるか考えながら歩く。(←こればっか)
冷やし中華に決定!

このあたりの食べ物屋さんは、みんな、看板に「キリンビール」って入ってるんですよぉ。
ビールが飲めなかった工場見学できなかった無念さがひしひしと…。
お昼に入った中国料理のお店で、隣に座った建築の職人さんが「生ビール!」と注文。
キリンの生が出てきてましたわ。
わたくしは、無料のビールが飲みたかった(せこくてスミマセン)ので、我慢するんだもんね。

R0013712.JPGもうすぐ神奈川宿みたいです。
保土ヶ谷まであと5kmくらいだと思うんだけど、これだけ暑いと無理かも…。
すでに、500mlのペットボトルを2本消費。


R0013718.JPGどうやら、神奈川宿のエリアに入ったみたい♪


R0013721.JPGしばらくなくなっていた旧東海道が出現。
国道15号線を離れ、右手の商店街へ入って行きます。
こういった、国道から旧東海道への入り口がわかりにくいことが多くて、時々迷っちゃう。


R0013722.JPG横浜だ〜。


R0013723.JPGって喜んだはいいけど、上り坂だよ…。


R0013727.JPG坂の上は「台町」という地名でした。
江戸時代は神奈川湊を見下ろす景勝地だったそうですが、今は道の両側にマンションがずらっと並び、海はおろか、すぐそばにあるはずの横浜駅も見えまっせん。

R0013725.JPGこのあたりの車止めは、てっぺんが亀の形。


R0013730.JPGやっと上った坂を、今度はだらだらと下ります。
本当に台地なのね…。


R0013731.JPG歩道に「旧東海道」のプレートがはめ込まれている場所もあります。
日本橋から京都まで、ずっとコレがあれば道に迷わなくていいのになぁ。


R0013732.JPG神奈川と保土ヶ谷の宿場間は4.9km。
気がつかないうちに神奈川宿は抜けてしまい、保土ヶ谷宿のテリトリーに入ったみたいです。


R0013735.JPG江戸時代は、男性だと1日約40km、女性連れでも20km以上は進んだらしいので、日本橋を出発して1日目の宿泊が保土ヶ谷宿というケースが多かったのかも。
かなり大きな宿場っぽい。


R0013734.JPG旧東海道沿いの松原商店街。
ものすごい活気でした。
お祭りなのかなと思ったけど、いつも賑やからしいです。


R0013736.JPG大きな鯉が群れ泳ぐ帷子川。


R0013737.JPG筋肉痛はないけれど、暑くてもうヘロヘロ。
正直言って、心が動きました。
ここから電車に乗って、帰っちゃおうかな〜って。
でも、地図を見るとあと1kmくらいで保土ヶ谷駅なので、最後の根性を振り絞ってみます。

R0013741.JPG天王町駅付近の車止めもユニークでした。
ちょんまげ付きで左腰に刀がある侍の形。


R0013745.JPG大名行列だ〜!


R0013748.JPGJR保土ヶ谷駅到着。
午後3時15分終了。
今日は、予定をこなせました。
心配していた夕立ちもなくてよかったよぉ、嬉し泣き。

保土ヶ谷宿の本陣など、中心部分はもう少し先にあるみたいなので次回が楽しみです。
今までにできてしまったまめが再び「ぷにぷに」してくることはなかったのですが、左足裏の親指下に新しいまめが1つできちゃってました。
潰さないようにしないと…。

◇突撃日 2006年8月7日(月曜日)
◇天気 快晴
◇踏破距離 約10.5km(八丁畷の少し先〜保土ケ谷宿の中ほど)
◇交通費 650円

(続く)


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | キャンサー・サバイバーの五十三次 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴょんぴょんさん こんにちは。
松原商店街の近くに祖母の家があります。
大きな魚屋さんがあり、年末にはマグロで大賑わいしている様子がニュースで出たりします。
帷子川は例の“たまちゃん”が少しの間いた川ですね。私の小学校は帷子小学校といいました。今は閉校しましたが・・・
天王町。あの辺はよく遊んだものです。
そして保土ヶ谷。家のお寺さんがある所です。
すみませ〜ん。何だか知っている所がぞくぞくと出てきたものでついつい・・・
失礼しました。
お疲れ様です(^_-)-☆
Posted by さなりん at 2006年08月08日 12:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。