2006年09月23日

「村松友視の東海道中膝栗毛」

村松友視の東海道中膝栗毛村松友視の東海道中膝栗毛
十返舎一九/村松友視 著

十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を前回読んだのは子供の時。
リアル東海道を歩いている関係上、「東海道中膝栗毛」を一度読み返してみようと思い立ったはいいけれど、原作、つまり江戸時代の文体に注釈がついているものしか見つからず、トホホ…。
そんな時に出会ったのがこの本。
非常に面白く、時折、お腹抱えて笑わしてもらいました。
昔読んだのは児童書だったため、かなり端折られていたみたいだし、「子供にはよろしくないであろう」と誰かが判断した部分も載っていなかった。
わたくしが覚えていないだけかもしれないけれど…。
今回は、そのあたりもちゃんと載っていて、弥次さん喜多さんが知り合った馴れ初めや、江戸を出立するに至った経緯などに仰天!


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| 今日読んだ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。