2005年04月08日

病院と個人情報保護法

4月から施行された個人情報保護法のからみで、外来患者の個人名を呼ぶのをやめる病院も増えているそうだ。
診察受付時に番号カードをもらい、その日1日はその番号で呼ばれるとかなんとか。

誰がどの科を受診しているのかバレにくいのはメリット。
患者の取り違えが起きるかもしれないというのはデメリット。

どちらにしても一長一短はありますわね…。

わたくしが癌の術後検診を受けている坂の上病院の産婦人科には、声のでっかいナースがひとりいる。
検診に行ってその人がいると、正直言って憂鬱。
「今日はハズレだ…」と思う。

ぴょんぴょんさん。
うさぎのぴょんぴょんさ〜ん!
今日は何で来たの?
ああ、癌のフォローアップね。
検査予定月、本当は先月だったんじゃない?
前回の検査で腫瘍マーカー上がってたよね?
あら、大腸内視鏡やったのね。

産婦人科なので妊婦さんもいる。
わたくしはその日、デカ声のナースに呼ばれるまで、Drにもらったらしい超音波画像をウットリ見ている妊婦さんの隣に座っていた。
ナースと話が終わって待合室の席に戻ったら、隣の席の妊婦さんがわたくしをこっそり横目で見て、そそくさと超音波画像をしまい込んだのですわ。
もしかして哀れまれているのかなって思っちゃった。
楽しくはございません。

まぁね、そのデカ声ナースにかかると、他の人も全員同じようなことやられているんですが。
待合室に座っているだけで、どの人が妊婦で、どの人がえっち後に不正出血があって、どの人が健康診断的な癌検診に来たのかなど、全部わかっちゃう。

なんだかな〜。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 13:17| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、ぴょんぴょんさん。
病院では私も同じような経験をしています。
ぴょんぴょんさんとは違う病気ですが、短期間ではない入院生活を三度経験して、医師、看護士、友人、等には本当に多大な人生の勉強をさせて頂きました。(笑)
そうした理由ばかりではありませんが、是非応援させて頂けたらと思います。で、ランキング、7位になっていました! 凄い♪


Posted by Kちゃん at 2005年04月10日 13:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。