2007年03月04日

あんまりイライラさせないでね

3月の声を聞いて暖かさも増し、すこ〜し体調が良くなってきたかも。
溜まりに溜まった返事待ちのメールをどうにかしなければ…と重い腰を上げ、ほんの少しだけ、サイトの手直しもした。

トータル6時間。
あぁ、やっぱり、まだダメだ。
ふらっふら。

病気治療体験の質問や疑問が書かれた直メールも相変わらず来るし (ToT)
わたくしが直メールでの病気治療体験に関する質問や疑問を忌み嫌うのは

1.お互いしか読めない直メールは掲示板と比べて気軽に書けるらしく、とにかく何でも書いちゃえ、聞いちゃえという超安易な姿勢が見えること。
主治医に聞くべきことまで「とりあえず」書いてある。
掲示板と違って、直メールはわたくしにしか読めないので、「それをぴょんぴょんに言われても…」という愚痴も「気軽に」書いてある。
カンベンしてください。

2.対応する時間がない。
直メールを忌み嫌う最大の理由とも言えるのが、コレ。

1日目 Aさんから1通目のメール。
2日目 Aさんからさらに質問。Bさん、Cさんから新規でメール。
3日目 Bさんからさらに質問。Dさん、Eさんから新規でメール。
4日目 Aさん、Cさん、Dさんからさらに質問。Fさん、Gさんから新規でメール。

のように、直メールに対応すると、わたくしが書かなければならない返事の件数は倍々ゲームのように増えていく。
みなさん、わたくしがどのくらいの数に対応しているのかわからないので、「気軽に」返事を求められるようですが、こちらは早晩、返事を書くのに丸一日費やしても間に合わなくなるのは目に見えている。
「すでにサイト内に書いてありますが…」という質問も「気軽に」してくださっちゃうので、その憤りを押さえつけるのにも苦労する。

当方は、事前にメールフォームでも「直メールで質問してくれるな」という意志表示をしているので、質問メールが送られてきた時点で、ぶっちゃけ、ムカ〜ッとしているわけですよ。
で、その質問内容の答えがすでにサイトに書かれていることだと、さらにムカ〜ッとするわけですよ。
どう頑張っても愛想のいい返事は書けそうにないし、アチラも大変なんだからわたくしさえ我慢すれば…と、自分を押さえつけるのはやめますわ。
わたくしも、そんなに具合がいいわけじゃないんです。

あぁ、思い出すとまた怒りが…。
中には、「藁にもすがる思いでメールしたんだから、もっと親身になってくれてもいいじゃないですか!」といった内容の抗議メールを送ってくる人までいて、びっくりです。
ふらっふらで自分の頭の上のハエを追えない時もあるのに、どうやって親身に他人の面倒を見ればいいのか、その方法をとっくりと教えていただきたいです。
ま、ご自分もサイト開いて質問メールを受け付け、まずは1年間、そのすべてに親身なお返事を書かれてみてはいかがかでしょう。
だいたい3ヶ月もすると、わたくしが「質問の直メールはカンベンして」と書いている意味が、身に染みておわかりになるかと思います。

ということで、わたくしに直メールで病気治療体験の質問や疑問を送ってきた方には、非常に無愛想な返事が届くかもしれないし、無視して返事しないかもしれないということを申し上げたい。

誤解のないようにきっちり書いておくと、リンクや取材依頼、サイト運営上の連絡メールについては、まったく憤っていません。
感想のメールも、とても嬉しく、ありがたく読ませていただいています (^o^)
あくまでも、病気治療体験の質疑を書いたメールは嫌だということで…。

年末はノビてて、リアルでは年賀状出してないし、いただいた年賀状にも、まだ返事を送っていない。
完全に時期を逸してしまった。
わたくしのことを礼儀知らずと思っている人もいるんだろうな…。
どうしましょ。

そして、確定申告もしなくちゃならないんだった。
脱税する気はないんですが、体調が思わしくなく、帳簿を整理するのが辛いんで、期限に間に合うかどうかわかんないよ〜ん。
確定申告ってどうして3月なの? (ToT)
夏場だったら、もう少し身体が言うことを聞くと思うので、申告時期は申告者が選べるといいんだけどなぁ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| サイト管理者の憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。