2014年01月17日

オーロラの国へ(後編)

DSC08022.JPG今日のオーロラ観測は、シルッカ湖という凍った湖のほとりへ行き、ひたすら空を見て待つそうだ。
夜10時頃に到着。


オーロラは明るいと見えないので、できるだけ人家から離れた場所に行く。
トイレや、暖を取る場所は無い。
観測場所まで歩く間、明かりのある場所を通ると、なにやらキラキラしたものが空中全体に舞っているのが見えた。
たぶんダイヤモンドダスト。
-30℃以下ともなると、空気中の水分もみんな凍っちゃうんでしょうね。
晴れているのに、足跡は消えていく。
ダイヤモンドダストが雪のように積もってるみたい。
寒いっ。

カイロ様、頑張ってくれぇぇ!

道にはだれもいない。
車も通らない。
オーロラ見物の行き帰りに道に迷ったら、町の中でも本気で死ねると思った。

今の科学ではオーロラがいつどこに出るかの予想はできないそう。
ネットで調べたら、「レヴィに8泊したけど初めの5日間は見られませんでした」という方もいらしたので、3泊しかしないわたくしに見られるのかなと、か〜なり不安。
結論から申しますと…。

しょっぱなから大きいのが出ました!

DSC08026.JPGカメラがよくないので分かりにくいのですが、横に長く広がっています。
同じツアーの方が撮った写真には、緑色のカーテンがはっきりと写っていた。
でも、肉眼で見るオーロラは想像していたのとちょっと違っていた。
雲みたい。
刻々と形が変わるのでオーロラなんだなぁとわかるのですが、はっきりした緑色には見えなかった。
写真に撮ったほうがきれいに見える。
すべてのオーロラがそうなのか、たまたま今日はそうだったのかは不明です。
夜12時ごろまで観測し、同じツアーの何人かの人と一緒にホテルまで20分ほど歩いて帰った。
まだ残って見ると言ってた方もいらして、猛者だと思いましたよぅ。


部屋に戻って入浴のためにストリップしたら、リンパ浮腫のせいかいつも腫れっぽい膝上が気持ちの悪い赤い「まだら模様」になっていてかなりアセった。
お風呂で温めたら治ったので、凍傷の手前だったのかも。

今日は、スーパーに買い出しに行けなかった。
フィンランドは物価が高いんですよぅ。
ホテルのビールは1杯5ユーロ(その日のレートで800円位)もするので、なにも飲まずに寝ます、グスン。

とりあえずオーロラ見られた(^o^)
↓ 応援ありがとうございます m(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。