2014年01月18日

奥が深いよヨーロッパ(サウナに行ってみる)

ホテルのサウナは男女別のシャワー室の中にあるため、裸での利用OK。
シャワー室の別のドアを開けるとジャグジーと冷水をたたえた小さいプールになっていて、そこは男女一緒に使うために水着着用とされていた。

わたくしがジャグジーに行くと、中でイチャついていた中年男女のカップルがぱっと離れた。
まぁ、チューくらいならいいよ、ヨーロッパだしね。

女性「ハロー、あなた英語話す?」

ぴょ「ちょっとだけね」

女性「どっから来たの?」

ぴょ「日本です」

女性「私はフィンランド人、彼はノルウェー人よ。ねぇ、日本語にヤグチって言葉ある?」

ヤグチ?
矢口?
モー娘。か?

ぴょ「名字にあります」

女性「ホント!? あのねぇ、フィンランド語でジャグジーのことをヤグチって言うのよ。私はいつもそれって日本語っぽいなって思ってたの」

ぴょ「へー。ヤグチは日本語では名字ですね」

フィンランド語だんだんわかってきたぞ。
ジャグジーがヤグチになるってことは、jがyになることが多いんだろうな。
そういえば、フィンランド人の英語だと「ジャパニーズ」が「ヤパニーズ」って言ってるみたいに聞こえる。

女性「私は看護師で、彼は自営業よ」

ぴょ「私は主婦です」

女性「あなたの夫はどこにいるの?」

ぴょ「日本にいます。仕事が休めません」

女性「ふーん」

男性「日本の人口はどのくらい?」

あっ、それはだめ (>_<)

わたくしは数字に弱くて、そもそも日本の人口を知らないのだ。
知っていたとしても、ゼロがいっぱい付く英語の数字は言い方わからん。

ぴょ「い〜っぱい」

その後、ジャグジーの横にある冷水プールは何なんだという話になった。
見るからに深いのである。
立って入ってやっと顔が出る感じの深い浴槽に、ただの冷水が満々と入っているだけ。
フィンランド式サウナは、思っていたような熱さではなかった。
ジャグジーもぬるく、体を冷やすための冷水なんて必要ないのである。
中に何か仕掛けでもあるんだろうか?

男性「君が入ってみたら?」

ぴょ「嫌ですよ! あなたが入れば?」

男性「嫌だよ、君が行けよ」

ぴょ「まぁ、どっちが入ってもいいんじゃない? 彼女、看護師でしょ? もしも心臓が止まってもCPR(心肺蘇生)してくれるだろうから安心よ」

女性「え〜、仕事以外じゃイヤよ」

結局、冷水浴槽がなんだったのか、よくわからなかった。
カップルが引き上げ、わたくし一人になった時、女性のシャワールームから素晴らしい北欧美女2名がオールヌードで突入してきて焦った。

ぴょ「あっあっ、水着来た方がいいよ。ここ、男の人も来ます」

北欧「え゛〜、ホント!? わかった、ありがと」

びっくりしたぁ。

(続く)

この人たちとわたくしって、同じ人類か??
自分がトドに思えてきた…。
↓ 応援ありがとうございます m(_ _)m

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。