2005年06月18日

100万人のキャンドルナイト

今年も、6月18〜21日に100万人のキャンドルナイトが行なわれる。
メインは夏至の21日。
それがどういうものかは、わたくしがあーじゃこーじゃ書くより、主催者が「転送してください」と用意した呼びかけ文を読んでいただいたほうがよろしいかと思うので、ここに貼り付けておきます。



でんきを消して、スローな夜を。

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2005年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいに電気をけしましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見するプロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、電気を消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

2005年、6月21日、夏至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

100万人のキャンドルナイトhttp://www.candle-night.org/




うちはたまたま、キャンドルナイトの賛同者に知り合いがいるので毎年やっています。
今年、夫は忘れているようだけれど、夏至になればたぶん思い出すだろう。
いつも夕方もしくは夜になっていきなり「キャンドルを出せ」と言われ、慌しい思いをするので今回はもう用意しておくんだもんね。
この時ばかりは、結婚式に使ったキャンドルサービスのろうそくが役に立ちます (;^_^A


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 07:29| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぴょんぴょんが、ネットで自由をサービスしなかった?


Posted by BlogPetの「ビエネッタ」 at 2005年06月18日 13:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

100万人のキャンドルナイト
Excerpt: 新聞を眺めていたら、こんな名前の企画がかいてありました。以下、文字色が変わっているところはこの企画を呼びかけている団体のホームページから配布メッセージをコピーしたものです。   -*-*..
Weblog: 書きたいから書くだけさ
Tracked: 2005-06-18 12:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。