2007年07月19日

「段ボール肉まん」はヤラセだった

段ボール肉まん報道を見た時は、びっくらこいた。
以来、道端に置いてある段ボールを見ただけで、意味もなく気持ちが悪くなったりしてたんですが、その報道自体がヤラセだったそう。

段ボールで肉(のようなもの)を作り、食べ物として売るのはトンでもないことですが、実際には存在しない段ボール肉まんが「あった」ように捏造するのもトンでもないことで。
どちらに転んでも、トンでもないです。
報道の真意がわかりません (ToT)
もう、何を信じていいのやら。

「ヤラセ報道自体がヤラセだった」というどんでん返しは、さすがにないですよね?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆



posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんばんは。

 最近,私は報道番組で「おもしろい」と思うものがありません。みーんな,感情論優先で視聴率の取れる報道に成り下がったような感がしてます。中立の立場で様々な意見・感想がでる報道ではないように思えてなりません。私がお堅いのかしら?
Posted by ちゃびお at 2007年07月23日 22:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。