2007年08月03日

はぅ… その3

やっと、入院当日の今日になり、病院へ行った夫から、電話がかかってきた。

夫「病室は○○号室になりました」

ぴ「あっ、そう」

夫「病院までのバス、なかったよ」

ぴ「え???」

我が家の近くには複数の系統のバスが走っていて、バス停の位置が少し違う。
そして昼間のダイヤだと、病院には1系統のバスしか行かない。
「○○のバス停から乗らないと、病院に行かないよ」と説明したんだけど、このドあほうもんは覚えていられず、病院に行かないほうのバス停から乗ったらしい。
どうでもいいやって、覚える気そのものがなかったのかも。

あ〜、イライラするぅ〜。

どうしてくれましょう?

でもその前に、夫の脳みそに何か問題があるか、真剣に心配したほうがいいでしょうか?
若年性アルツとか…。

または、わたくしの脳みそに問題あるか、調べてもらったほうがいいでしょうか?
脳腫瘍などがあると、性格が変わって攻撃的になったりすることがあるらしい。
あ…。
額の骨の突出を調べるために、レントゲンだのCTだのを撮りまくったけれど、わたくしの脳には異常なかったんだった。
やっぱり、調べるなら夫の脳みそか…。

夫の肺バイオプシー検査は16時からの予定。
検査は1時間ほどで終わるだろう。
その後しばらくは苦しいかもしれないし、夕食は18時かららしいので、19時頃、様子を見に病院へ行く。
妻たるもの、かくあるべし。
ではなくて、わたくしも、来月ここに入院する予定のため、病室の設備を見たかった気持ちが結構大きい… (;^_^A

夫は、ピンピンしていた。

お昼も出たんだってさー。(検査前の絶食はないのか?!)
夕食も、普通食だったんだってさー。
おいしかったんだってさー。
検査の前後、点滴すらなかったんだってさー。
初めてストレッチャーに乗って、運ばれる時にずっと天井見ていたので、少し気持ち悪くなったんだってさー。
不都合と言えば、それくらいのもんだったんだってさー。
検査の時は、局所麻酔で、背中から肺に針刺して組織取ったけど、大して痛くもなかったんだってさー。
とくに不具合はないので、明日は朝ご飯食べたら退院なんだってさー。

神様、普通の人は、みんなこんなもんなんでしょうか?
それとも、夫だけが特別にピンピンしてるの?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆



posted by ぴょんぴょん at 21:00| Comment(2) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは。お久しぶりです。毎日暑いですね。

 昔,読んだある本で「何か辛いことがあると人間の感情は,
 まずそのことについて心配し,現実のものとなると悲しみに変わり,
そして不安へ,それが落ち着いてくると怒りに変わる。
それを通り過ぎると一連の感情がおさまり普通生活に戻る」
らしいです。
 つらいことがあると人間の第一感情がまず「不安・悲しみ」らしい。
しかし,時折,その第一感情があまりに深い思いの場合,
不安・悲しみを一気に通り過ぎ,「怒り」に行く人がいるそうで・・・。

 実は,私もそうです。このパターンの人は
精神的にジェットコースターのように感情が行き来するので
とても疲れやすいとか。


 ここからは勝手な憶測なのですが,
ぴょんぴょんさんのブログを読んでいて 

「ぴょんぴょんさん,だんな様のこと,いつも以上にすごく心配されてるんだなあ」

と思いました。
 もし,違っていたら,それはそれはぴょんぴょんさんの感情を逆なでするもので
不愉快極まりないものですから・・・,
 ごめんなさい。

 だんな様,結果が安心できるものだといいなぁ・・・。
Posted by ちゃびお at 2007年08月04日 11:49
手とり足とり系の成育体験に多いパターン?生活の事細かいところは頓着しないけれど仕事となると精密にこなせている(ように見える)男性…女性をイライラさせているのは男だ!
私も自分の脳腫瘍の検査してみます。
Posted by りゅう子 at 2007年08月04日 12:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。