2007年09月03日

わたくしとDrの心配 その2

Dr「そんなに運動しているのに痩せないのでは、納得行かないでしょうね…」

ぴ「そうなんです。どこに肉ついてるんだか…。心配があるとすれば、腹水ですよね。でも、お腹周りは大きくなってないし、水が溜まってる感じはしません」

Dr「うう〜ん。念のため、エコーで見させてください」

わたくしの既往症で、食生活には変化がないのに短期間に体重が激増した場合、それが病気から来るものだったら、一番怪しいのは腹水による体重増加だろうなと思う。
そして、「腹水が溜まる」ことの意味を考えると、厳しいですねぇ。
癌再発、転移、播種の可能性を考えなくちゃならないもの。
Drも、同じことを心配していたようです。
わたくしの場合は術後7年何事もなく経過したので、今さらいきなり腹水が溜まるほど劇的・爆発的に再発や転移が起きるとは思えませんが、「絶対にない」とも言い切れない。
いろいろ考えていてもラチはあかないので、「一番簡単で確実な解決法 = 検査して腹水があるかないか見る」のがベストでしょう。

経腟エコーの結果、腹水はなかった。
わたくしの体重増加は、「単に脂肪(または筋肉?)がついたので重くなっているだけ」と、科学的、医学的検査からも判明しつつある。

ぴ「先生、一緒にオーストラリアへ行きませんか?

Dr「はぁ?」

ぴ「そして、一緒にラップバンド手術しましょうよ!」

Dr「なにそれぇ!?」

ぴ「胃の途中を縛るんです」

Dr「ひゃあああ…」

ぴ「サノレックスが飲みたい! 胃のバルーン手術を受けたい!」

わたくしは、診察室で一人ハジけた… (;^_^A

さーて、ホントにどうしましょうか。
Drからは、レコーディング法のダイエット(食べたものと量をすべてメモする)を勧められましたわ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆



posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。