2005年08月03日

羽田空港の管制トラブルで、パイロットの腕に頼り着陸

「何のこっちゃ?」と思うでしょ?
飛行機には機長も副操縦士も乗ってる。
彼らは飛行機の操縦が仕事なんだから、「パイロットが操縦して着陸するのが普通なんじゃないの?」と思うでしょ?
「パイロットの手腕で着陸しました!」とわざわざ報道するほどのことかと思うでしょ?
ところが今の飛行機は、オートパイロットで自動着陸もできるものが多いんだそうだ。
そんなこと、知らなかったのはわたくしだけかしらん (;^_^A

離陸時にルートをセットしておくと、ちゃんと目的地に着き、自動で着陸する。
つい先日読んだばかりの本に、そんなことが書かれてあった。
すごい時代になったもんだと思う。

機長からアナウンス機長からアナウンス

オートパイロット(自動操縦)で飛行し、着陸も自動でできる。
「じゃあ、パイロットは必要ないのでは?」と思うでしょう?
わたくしもそう思ったのですが、なんと!
離陸は、自動じゃできないそうである。

悪天候や突発事項が起きた時には、機械ではなく人間の判断が必要になる時があるし、オートパイロットが壊れちゃったら、もうパイロットの腕で飛ばすしかない。
機長も副操縦士もまだまだ出番はあるようだ。
と申しましょうか、難しい状況の時に出番が多いので大変そう…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 11:54| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとトピずれちゃいますが、先日書き忘れていたことがあったのでこちらに・・

家電の無料回収件です。
今まではテレビなどで悪質の回収業者がいることを聞き、躊躇していてのですが、運良く体だけはデカイ息子が在宅していたので心強く、思い切って声をかけてみました。
幸いすごくいい感じの業者さんで10年以上前の
テレビとカセットデッキを快く無料で回収してくれました。
悪質な回収業者もいるらしいので気を付けて!


Posted by daisy at 2005年08月04日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

羽田空港管制ダウン
Excerpt: (産経新聞) - 8月2日15時5分更新記事より  二日午前十一時半ごろ、羽田空港の管制塔の電源がダウンし、管制システムのほとんどが使えなくなった。このため同空港は航空機の離着陸をすべて見合わせたが..
Weblog: flight2005
Tracked: 2005-08-04 15:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。