2008年03月02日

ぴょんぴょん死亡説とブログの関係

持病の関係か、冬場のわたくしはあまり具合が良くない。
ここ数年、冬は毎回寝込んで、ブログを数ヶ月お休みしてきた。

たまたま去年の晩秋、がんの定期検診から卒業できたこともあり、「治療後7年経って癌にまつわる話もそれほど書くことがなくなってきた。ブログもサイトも永久に続くものではない。いつかは止めなくてはならないし、もうすぐ冬になるのでまた寝込むだろう。これを機会に、ブログは停止にしよう」と、思っていた。

公に「これでブログは停止します」とお知らせしなかったのは、発表することによって起きるであろうもろもろのことや、その対処を考えていたらなんだか大変そうなため、「そう言えば気がついたら更新されなくなっていた。きっと止めたんだね」と思っていただける形へ、ひっそりと持って行きたかったからである。

で、ブログを更新せずに放置しておいたら、ぴょんぴょん死亡説が流れたらしく、お悔やみのメールをいただきました。
数年前にも同じようなことがあり、ぴょんぴょん死亡説は2回目です。
まぁ、わたくしは癌経験者で、しかも橋本病持ちで、膠原病予備軍でもありますので、ブログが更新されないと「もしかしたら…」と思われてしまうのかもしれませんが、

すみません、まだ生きてます…。

病気を持った人のブログが更新されなくなると不用意に騒ぐ方がおり、それについていろいろと思うことはありますが、以下省略。
今回はここで口をつぐみます。

とにかく時々でもいいから何か書いていないと、死んだ事にされたり、健康状態のご心配をいただいてしまうようなので、このブログのリードにもある通り、「キャンサー・サバイバー(癌経験者)が綴る等身大の日々。」をボチボチと綴っていこうかなと思っています。
止めるに止められなく、書くことも大してなさそうで、どうしましょ…。

☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 23:59| サイト管理者の憂鬱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。