2005年08月01日

筋肉痛ではありますが

昨日、リサイクルショップで14インチの中古テレビ買っちゃった♪
「梱包用品がないので、このままお持ち帰りいただくことになりますが…」と言われました。
はい。
しっかり抱えて帰ってきました。
今日は、腕が筋肉痛です (;^_^A
ま、足ではないのでいいです。
リンパ浮腫予備軍のわたくしとしては、足が筋肉痛になるほどの運動は避けたい。

テレビがあるのとないのとでは、やっぱり気分的にかなり違うモンですね〜。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 14:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月11日

「どうぞ4号」は海の中

目標体重:??kg
目標までの残り:-5.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:??kg
BMI:22.6
3泊4日で、今年も海へ行ってまいりました。
ずっとお天気だったのでかなり日焼けし、日本人と言っても信じてもらえないかも…。

今年は、膠原病専門医に「日焼けしてもいいか?」と聞いてOKをもらって行ったので、気分的にはかなり楽です。
Drは「日焼けしても大丈夫」と言ったわけじゃないのですが、去年までは日焼け厳禁を申し渡されていたので、「日焼けして具合が悪くなったら、まずDrに怒られる」と、そんなことが心配だった根性無しです (;^_^A
具合悪くなって、その上怒られるのではたまらん。
これはいわゆるQOLの問題なんで、わたくしはリスク覚悟でも好きなことがしたいと考えましたが、実行にあたっては大仰に言えば「具合悪くなってもすべて自分の責任です。もしも死んでもいいんです」と言い切るほどの覚悟は必要でございます。

1日目、海で泳いでいたら、何かに足をつつかれた。
見ると、小さい魚が1匹だけ、わたくしの回りをチョコチョコと泳ぎまわっている。
白と黒の縞だったので、石鯛の子供だと思う。
この子がすごくかわゆくて、手を差し伸べるとその回りを泳ぎ、わたくしにずっとついてくる。
浜に上がろうとしたら、波打ち際までついてきちゃった!
慌てて沖へ引き返したら、ちゃんとついて来て、しばらくして見えなくなった。
どこかへ行ってしまったのだろうと、再び浅い方へ泳いで行ったら、沖から「ぴょんぴょ〜ん」とでも言いたげに、ずずずいっと泳ぎ寄ってくるのが見えた。
かっわい〜い!

あまりにも懐っこいので、両手ですくったらば…。
すくえちゃった! (驚)
猫じゃないけど、どうぞ4号と命名。
この魚は、逃がした後もわたくしの回りにいたので、たっぷり戯れる楽しいひとときを過ごし、うっとりです。

わたくしは去年、この海で「魚の水中餌付けショー」という謎技を開発しました。
今年はその技に磨きをかけるべく、毎日特訓!
ベラ、ソラスズメダイ、チョウチョウウオのような黄色い魚などの熱帯魚がわしわしと集まり、とてもきれいでした。
デジカメに水中用ハウジングをつければ写真が撮れる。
買っちゃおうかな〜。

透明度の高い海にボラ、渡りガニ、イカ、メジナの子供の群れ、ウニなど、いろいろな海の生き物がいっぱいいる素晴らしいところ。
交通の便がよかったら、ここに住みたいよ〜!
しかしな〜、わたくしがモテるのは、猫だの魚だのだけなのがちょっと悲しい。

ご飯が美味しくて、毎日三杯飯をかっ食らっていたら、恐ろしいほど体重が増えてしまいました (ToT)
あぁ、これからどうしよう…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:19| 普通普通| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

いざとなると慌ててしまって…

午後、家のインターフォンが鳴った。
受話器を取ったら、知らないおばあちゃまの声で「子供のいるパーマ屋さんを訪ねてきた。お宅じゃないですか?」とかなんとか。
話の内容が意味不明だったし、言葉も不明瞭だったので、認知症の人が徘徊してるんじゃないかと思い、出て行って話を聞いた。
見かけたことのない人で、訪問したい相手の名前も、自分の名前も言えない。
身体も少し不自由みたいで一人では歩けず、手押し車を使っている。
住まいを聞いたら、「息子のところへしばらく来ている」と繰り返して言い、明確な答えは無し。
どうしよう?

おばあちゃまが「子供のいるパーマ屋さん」を力説するので、「うちには子供いないんですよ」と答えたら、しばらくわけのわからないことを述べ立てた後、「じゃあ、間違っちゃったのかしら。ごめんなさい」と去って行った。
しばらくしてドアミラーからのぞいたら、まだ廊下をうろうろしている。

う〜。
おばあちゃまのプライドを傷つけず、安全にお家へ帰す方法を考えたけど、自分の名前も住まいも言えないのでは、わたくしの手に余る。
事件ではないけれど、110番通報した。

警察がなかなか来ず、おばあちゃまは相変わらず廊下をうろうろ。
再度出て行って話し掛けたら、やっぱり言ってることは「なんだかな〜」。
その後、まぁいろいろあって…。
警察が来るまでなんとか引き止めようとしたけれど、おばあちゃまは「手紙を出しに行く」と言って1階へ降り、外に出て行ってしまった。
相手にもプライドはあるだろうし、付き添って行ったら逆に警戒されるかもしれない。
しかも、いつまで、どこまでついて行くことになるかもわからない。
マンションのエントランスで、外に出ていく背中を見送った。

その後、警察が来て事情を聞かれた。
着衣を聞かれたけど、あう〜。
ズボンだったことくらいしか思い出せない。
トップスの形とか色とか、まったく思い出せない。
特徴も、取り立てて「こうです」って言えるほどの記憶がない。
相手の話の聞き取りと、引き止めに気を取られてしまった。
はらほらひれ…。

刑事ドラマなどで目撃者に着衣や特徴を聞く場面はたくさん見ているんだから、自分も聞かれるだろうことくらい予想しとけよ、ぴょんぴょん。
情けなや。
いざとなるとダメだった。
わたくしってば、何見ていたんだろうか。

その後、「それらしい人を保護して自宅まで送り、家族に引き渡したけれど、手押し車は持っていなかった」と、警察から電話がかかって来た。
保護された人がわたくしの申し述べたおばあちゃまのプロフィールに合うような合わないような微妙なところなので、捜索を続行するかどうか決めかねているらしい。
再度、特徴や着衣を聞かれたけど、ごめんなさい、ほとんど覚えていないよぅ (ToT)

次はちゃんと観察するようにしますので、許してね。
って、「次」は、絶対にない方がいいですよね。

もしも、おばあちゃまに同居しているご家族がいるのなら、その方達も大変だろうなと思う。
家族の前ではシャッキリしてるんだろうか。
自分の老後や、その時の健康や幸せについて、つくづく考えてしまった。

夜、近くで花火大会。
伝統的な大輪の花火、ハートやピースマーク型の変わり花火などが夜空に咲く。
あのおばあちゃまも、どこかでこれを見ているのかな。
無事にお家へ着いてるといいんだけど…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

モデル牛のプロフィール

お土産に、八丈島のバターをいただきました。

R0013355.JPG

島の牧草を食べて育った牛のミルクから作られたコクたっぷりの「これぞバター」という味。
とてもおいしかったです。
わたくしは、このバターのラベルも好きなんです♪
牛が耳に花を飾ってて、なんかほのぼのしてる (^o^)

ハワイでは、女性が耳に花を飾っていますが、「既婚女性は左、未婚の女性は右につける」というちゃんとした決まりがあります。
それによれば、この牛は雌で既婚ですね!
ちなみにハワイでは、頭のてっぺんに花を挿すと「私はバカです」という意味になるんだそう (ToT)


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 22:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月21日

花火大会

夜、いつもウォーキングコースにしているリバーサイドで花火大会。
暗い路地を土手上に向かっていたら、いきなり「どうぞ2号」が飛び出してきて、踏んでしまいそうになった。

今日は、どうぞ1号も2号も大忙しだと思う。
花火を見ながらお弁当を食べる人がいるのだ。
猫達は、そういう人々の間を回り、ちゃっかりご馳走のおすそ分けをいただこうというわけ。

少し風があったので、花火の煙が程よく流されてよく見えた。
きれいだった。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

頭がクラクラ

うさぎの本宅のリニューアルに着手。
今からぼちぼち進めれば、10月のサイト開設5周年に間に合うだろう。

リニューアルはもうずっと前から考えていて、「今度はこんな風にしたい」という漠然としたイメージもあったけれど、それを実現するのはえらく大変みたい。
だいたい、わたくしはスタイルシートはおろか、マージンとパディングがどう違うのかもよくわかっちゃいないのです。
付け焼刃的に勉強をはじめて、頭がクラクラするぅ。

ま、いいか。
どうせ足が痛くて動けないんだし、やるだけやってみましょ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 22:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月29日

うわぁぁぁぁ!

目標体重:??kg
目標までの残り:-2.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:??kg
BMI:21.5
現在公開している「うさぎの本宅」のタグを崩してしまいました。
Web上でも確認してみたけど、ボロボロ。
なんでそうなったのか、自分でもよくわかりません (ToT)
わたくしが何かやったに決まってるんだろうけど…。
これ、どうやって直せばいいのかなぁ。
うううううううう。号泣。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 10:26| 不調不調| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

急遽、前倒しのリニューアル

うさぎの本宅のような内容のサイトは、見ることができ、書いてあることが読めなければ意味がない。
どうしようかな〜と考えた結果、10月のリニューアル予定を前倒しして、公開することに。

本当は完全な形に仕上げてからお披露目したかったのに、残念…。
こんなことになったのは、今あるサイトのタグを崩してしまったわたくしが悪いんですが。
しくしく (ToT)


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 01:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

おわった〜!

うさぎの本宅のリニューアルがやっと終了。

苦闘約3週間。
正直なところ、今回はかなり無理をしました。
サイト運営が仕事ではないので、生業をほっぽり出すわけには行かず。
余分な時間を捻出するとしたら、

食事時間を削る
趣味や休息にあてていた時間を削る
睡眠時間を削る

くらいしかなく、はい、すべてしっかり削りました。
睡眠3時間、テレビも見ず。
朝は4時起き。

わたくしにできることはやった。
満足。
納得。

でも、しばらくまったりしたいかも…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 12:58| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

お墓

よくよく考えてみると、春と秋のお彼岸の時期は、いつも体調が良くないような。
季節の変わり目だからかもしれないし、ご先祖さま、とくにバカ親父に対する怒りが再燃して具合悪くなるのかもしれない。
どうにか返済を続けられているけれど、残された借金の多さを思い出してイライラするし、「金は出さないけれど口は出す」を地で行く外野との接点もありで、精神衛生上あまりよろしくございません。

でもそれはバカ親父や外野に問題があるのであり、お寺はまったく悪くないので、今日も墓参り。
お布施を渡さなくっちゃならない。
だから行かなくっちゃならない。

はぁぁぁ。

わたくしの実家の墓所滞在時間5分。
それ以上いたら、わたくしの胃に穴が開くか、墓石を叩き壊したくなってしまうだろうと思う。

その後、夫の実家へ行き、義父をピックアップして婚家の墓参り。
全部終わったところで会食と、ここまではいつも通りである。

食事していると、義父が「あ、そうだ」と話し始めた。
曰く、「自分が突然死んだり痴呆になってしまった時のため、どの銀行にいくら入っているかや暗証番号などを一覧に書き出して○○に隠したから、何かあったら見てくれ」「遺言は作っていないけれど、夫と弟の兄弟2人で仲良く分けてくれ」とのこと。

義父も、そういうことを考えるようになったのかぁと思った。
その流れで、夫の家の墓所をどうするかという話にもなった。
長男である夫が後をみるのが筋だけれど、うちには子供がいないので、わたくしたち夫婦が死んだらそこで絶えてしまう。
夫には弟がいる。
弟夫婦には女の子が一人がいるので、わたくしとしては「使うならどうぞ」って思っていた。
このご時世、お墓探しも大変だし。
わたくしは嫁の立場なので、こちらから言い出すことはできなかったけれど、話が出たのでいい機会だと思って、思うところを述べさせてもらった。

お父さんやお母さんと一緒に入るのが嫌なわけではないんですが、私は夫の家の墓所に入る気はありません。
入ってしまうと、法事などをやらなければならなくなってしまう。
私が先に死んでも、お父さんや夫が生きているうちはいい。
どちらかがやってくださることでしょう。
けれど、みんないなくなったら、法事の役目は夫の弟の子供A子ちゃんがやることになる。
私は自分自身が今、会ったこともない祖父まで入っている実家のお墓を継承することになり、正直言って「なんだかな〜」状態です。
いろいろと大変なので、A子ちゃんには同じ苦労を味わわせたくない。
彼女に、血の繋がっていない伯母である私、数回しか会ったことのない私の法事までやらせるのは気の毒だ。
だから、私は散骨を希望しています。

義父は黙って聞いていた。
夫は、「戒名をつけなければ葬式は出せない。だからお寺には連絡しなくちゃならない。戒名をもらったらお墓に入らなくちゃならないだろう?」とか何とか、わけのわからないことを言っていた。
わたくしは、戒名なんていらないよ。

遺体をそのまま置いとくわけにはいかないのだから、誰かが葬儀はやらなくちゃならない。
わたくしは、それだけで充分満足ですわ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。