2005年04月19日

動かしてみました

昨日、タグをいじくりまわしたので知恵熱が出そうです。
昨夜は夢にまで出てきました…。

で、どうせならいろいろとやってみるか〜と、猫の写真を動かしてみました。
ここにあります。
movieのような動きの滑らかさはありませんが、ちょっとは面白いかな?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆


posted by ぴょんぴょん at 10:01| ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

キャットニップ

猫を飼っている方の中には、4月20日の日記でキャットニップに興味を持ってくださった方もいらしたみたいです (^o^)
せっかくなので、もう少しいろいろとお知らせしておきますね。

猫にキャットニップを与える時は、与える葉を摘み取ったら、少し傷つけて(2〜3回揉む程度でOK)からあげるといいみたい。
猫はキャットニップの匂いに反応するので、傷つけた方が匂いがよく発散します。

キャットニップの鉢を外に置いたり地面に植える時は、猫が近づけないように柵で囲ったりしないとダメっす。
でないと、食べられたり、ラリった猫集団がゴロゴロころがっているような状況になっちゃうかも。

また、キャットニップは繁殖力が強く、こぼれたタネでバンバン発芽してくるので、他の鉢とくっつけて置かない方がいいです。
地面に直植えした場合は、発芽時期にあたる春と秋は周囲をこまめにチェックして、必要ないところは抜かないと、えらいこっちゃになります。

ミントはシソ科なのですが交配しやすく、異なった種同士を近くに植えておくと雑交して質が落ちてしまいます。
ここからは未確認事項なのですが、キャットニップもシソ科なので、異なる種のキャットニップが近くにあると雑交してしまうかもしれません。
あ、ここは、詳しい方がいらしたら教えていただきたいです。
以下の2点、ご存知の方はどうぞよろしくお願いいたします。

1.異なる種のキャットニップ同士も、近くに置くと簡単に雑交してしまうか?
2.キャットニップとミントは雑交するか?

キャットニップは猫に葉を与える他、葉を刈り取って乾燥させ、猫のおもちゃを作ることもできます。
葉の収穫期は初夏、花の咲く前です。
今年はわたくしも久しぶりに乾燥葉で猫のおもちゃを作ろうかなと思っているので、時期になったらまた詳しい収穫方法や作り方をここでお知らせしますね。




☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 01:40| Comment(2) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月18日

猫のトイレ

猫は、腎臓や尿路関係に負担がかかることが多いと聞く。
腎臓病は、高齢の猫の死因上位だそうだ。
そう言われれば思い当たることはある。
以前飼っていた猫は15歳くらいまで生きたけれど、最後の2年は腎臓を患い、蛋白除去食のお世話になっていた。
腎不全が進行してくると大量に水を飲み、ひっきりなしにトイレに入っていたっけ。

今飼っている猫は1998年9月生まれなので、現在6歳。
人間の年齢に換算すると、50歳ぐらいになるらしい。
ものの本によれば、そろそろ中高年期になる。
そこで今年から、ワクチン接種の時に血液検査もしてもらうことにした。
結果は、肝臓と腎臓の機能に少々異常あり。
幸いにも、今のところ治療が必要なほど悪い状態ではない。
毎年検査して経過観察することになった。
年齢的な要因が強いので、完治させると言うより、悪化させないようにするものなんでしょうね。

というわけで、どう考えても、うちの猫はこれからトイレが近くなりそう。
ところが彼女はトイレに関して「超」が付くほど異常な潔癖症で、一度使った猫トイレはきれいになるまで絶対に入らない。
トイレ砂がちょっとでも汚れていて、我慢ができなくなると、わたくしの布団の上でやっちゃうんですよ〜 (ToT)
飼い始めた当初は、おちおち買物にも出られなかった。
長時間の外出は、帰宅後に洗濯覚悟でした。

リッターメイド・メガ -LM900-【予約受付中】で、当時思い切って買ったのが全自動の猫用トイレ。リッターメイド・メガ -LM900-【予約受付中】
猫がトイレを使うと自動的にきれいにしてくれる優れものでございます。
お安くはありませんでしたが、わたくし的にはすごくいい買物だったと思う。
買って以来、猫を置いて旅行できるようになったし、猫トイレの掃除は1週間に1度するかしないかで済むし。

パフォーマ・プラス何年も使っていたので、そろそろ買い替えを考えていたのですが、今回の猫の血液検査の結果を見て決心した。
ニュータイプを買っちゃいました!
新しいタイプのパフォーマ・プラスは、スタイリッシュなドーム型なので、砂の飛び散りが少なそう。届くのが楽しみです。
腎臓に負担がかかるので、トイレの我慢はさせたくない。
きれいなトイレを気持ちよく使ってくれて、病気の悪化を防げるといいなぁ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 18:11| Comment(2) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

猫トイレ到着

注文していた猫のトイレが届きました。




パフォーマ・プラスパフォーマ・プラス





R0012920.JPGただいま、猫によるチェックを受けています。

R0012921.JPGトイレ用の砂を入れてみました。

R0012923.JPG R0012937.JPG
まだ組立て途中。
わたくしの隙を見ては中に入って使おうとする猫を引っ張り出しながら急いでセットしました。
しょっぱなから、非常に気に入っているみたいです。

R0012930.JPGこのコーム部分が動いて、砂の表面を整えながら排泄物を取り除きます。

R0012931.JPG何ヶ所かにセンサーが付いていて、猫がトイレから出て数分経つと、コームが動くようになっています。

R0012936.JPG試運転中。コームが動き出しました。

R0012932.JPGぐいんぐい〜ん♪

R0012933.JPGこうやって、排泄物を端まで持っていって、末端についている収納スペースに入れる仕組みになっています。
えらい衛生的です。

R0012924.JPG上を覆うドームのセット途中で、再び猫乱入。
早く入りたくてたまらないようですが、ちょっと待ってぇぇ。まだ準備中なのよぉ。

R0012925.JPG R0012927.JPG

R0012928.JPG
上部は、脱臭剤入れと小物入れになっていました。
蓋をしてドームのセット完了。

R0012929.JPGじゃじゃ〜ん。完成しました。
これを見た夫が「宇宙船みたいだ…。宇宙船キャット号って名前をつけよう」とかなんとか…。


使い心地は、ワタシにレポートさせます。




ままに、あたらしいといれをかってもらいました。

R0012954.JPGくみたてているとき、なんかいもはいろうとして、ひきずりだされました。
もう、はいってもよろしいでしょうか?

R0012942.JPGでは、しつれいしま〜す。

R0012939.JPGまっくらじゃなくて、そとからまるみえでもなくて、おちつけそう。

R0012940.JPGすなのふかさ、ちぇっく。
ほじほじも、ワタシのたのしみのひとつです。

R0012944.JPG

R0012965.JPGでいりぐちについてる、しろいまっと。
けあしがながくて、ふかふかしてて、いいきもち。

R0012967.JPGずっと、ここにいてもいいかな。











☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 18:42| Comment(4) | TrackBack(1) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月26日

猫のおもちゃ作り(1)

キャットニップがこんなに大きくなりました。

R0012861.JPG  R0013005.JPG


本来の収穫時期は初夏の開花直前ですが、葉っぱが混みあってきたので風通しをよくするのを兼ねて少し収穫し、猫のおもちゃを作ってみようと思います。

猫のおもちゃ用の葉は、収穫して乾燥させます。
わたくしは明日収穫予定なので、今日は鉢をバスルームに持って行って、水のシャワーをかけて葉っぱを軽く洗いました。

収穫してから軽く水洗いする方法もありますが、キャットニップなどのシソ科の植物は、刈り取ってから水分がついたまま放置しておくと黒く変色してしまうことと、猫のおもちゃは直接食べるわけではないことから、前日に洗う方法にしました。

続きは後日upします。




☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 18:39| ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

猫のおもちゃ作り(2)

猫のおもちゃ作り(1)からの続きです。

今日は、キャットニップを収穫しました。
ハーブ類の収穫は、晴れた日の午前中がいいと言われています。
香油成分の保有率が高いとか何とか聞きました。
多くのハーブは収穫した後で乾燥させますから、その意味でも晴れた日の方がいいです。

キャットニップの本当の収穫方法は茎ごとなのですが、今回は葉すきを兼ねているので、葉のみ収穫しました。
キャットニップの大きくなった葉の付け根をよく見ると、茎と葉の付け根の間から2枚対象になった新芽が出ているはずです。
その部分はこれからまた成長しますので、新芽の部分を傷つけないように、大きくなった葉っぱだけを取ります。

R0013005.JPG  R0013021.JPG
こんなにすっきりしました!

R0013023.JPG刈り取った葉は、ざるに入れて、直射日光の当たらない場所に置きます。
重なり合った葉が蒸れないように注意してください。

刈り取った後に水洗いした場合は、水分をよ〜く切ってくださいね。
くどいようですが、水分がついたままだと、真っ黒に変色しちゃいます (ToT)

続きは後日upします。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:07| ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

猫のおもちゃ作り(3)

R0013024.JPG猫のおもちゃ作り(2)からの続きです。

昨日収穫したキャットニップは、一日経ってしんなりしてきました。
葉っぱ同士がくっ付いている部分が蒸れて変色していないようだし、虫もいないようなので、本格的に乾かします。
って言っても、葉っぱをきれいな紙袋に入れ、埃が入らないように口の部分を折り返し、棚の上などに放置するだけです。
これでパリパリになるまで乾かします。

猫のおもちゃ作り(1)〜(3)までは、言わば「乾燥ハーブの作り方」でしたね〜。
長々と書きましたけれど実際は簡単で、洗って、刈り取って、乾かすだけです (;^_^A
乾燥には2週間くらいかかるかなぁ…。

キャットニップの葉が乾いたら、今度は猫用の小さなおもちゃ作りに入ります。
キャットニップの植木を持っていない方でも、乾燥キャットニップがあれば作れますので、やってみたい方はご用意を。




シングルハーブ「キャットニップ」 1袋20g入りこちらは乾燥タイプ。
シングルハーブ「キャットニップ」 1袋20g入り

キャットニップ ハーブ苗 9vp苗から育ててみたい方はこちら。
キャットニップ ハーブ苗 9vp



続きは後日upします。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:49| Comment(1) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

猫のおもちゃ作り(4)

猫のおもちゃ作り(3)からの続きです。

R0013085.JPG R0013086.JPG
猫が好きなハーブ・キャットニップ。
5月の末に、葉すきを兼ねて収穫しましたが、またこんなに茂ってきました。
花も咲いてきたので、本格的に収穫します。

R0013088.JPG茎ごとスッパリ切っちゃって大丈夫です。
根元付近の芽をいくつか残しておくと、また成長します。


R0013089.JPG今回収穫した生葉で、お約束のようにラリるワタシ。
切った苗が伸びてくるまでは生葉で遊べないので、心ゆくまでゴロゴロしちゃってください。

今回の収穫は茎を丸ごとなので、乾かし方にちょっとだけコツがあります。
切った茎をまとめ、根元を輪ゴムなどで結んで、紙袋に頭から入れます。(根元が上になる状態)
そのまま乾かします。
こうすると乾いた後、茎の根元を持って袋の中に手を入れ、葉っぱだけを袋の中にしごき落とすことができるので、回りも汚れないし、けっこう便利です。

わたくしが5月の末に収穫した葉っぱは、もう乾いたようです。
雨が降って出かけられない日に、猫のおもちゃを作ろうと思っていますのでお楽しみに!




☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

  
posted by ぴょんぴょん at 11:45| ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

猫のおもちゃ作り(5)

猫のおもちゃ作り(4)からの続きです。

いよいよ、おもちゃ作りに入ります。
先に白状しちゃいますが、わたくし、裁縫は超弩級にセンスがございませんので、お見苦しい点があるかもしれません m(_ _)m

R0013174.JPG材料は、

1.乾燥させたキャットニップ
2.手芸用綿
3.ぬいぐるみ(おもちゃ本体)を作るための布地

材料の布を選ぶ時の注意点は「厚くて丈夫な布を使う」、この一言に尽きます。
写真の布はフェルトですが、デニムも適しています。


R0013183.JPG乾燥させたキャットニップは、さらに電子レンジで1分ほど加熱します。
(しなくてもOKですが、わたくしは虫害予防のためにやってます)


おもちゃの形はお好みで。
わたくしは今回、猫が抱え込んでキックできる「猫キック棒」を作ることにしました。
ねずみや魚の形なども、かわいいと思います。
形を決める時の注意点は、「極端な凹凸をつけない」。
例えば魚の形の場合、尾びれの付け根を忠実に細くすると、魚の胴体部分を猫が抱え込み、尾ひれをキックした時、すぐにちぎれてしまいます。

R0013182.JPG綿を入れる部分を残し、おもちゃ本体を縫います。
すべての部分を返し縫いにしてもいいぐらい、とにかくしっかり縫います。


R0013185.JPG中に入れる綿を広げ、乾燥させたキャットニップを包み込むように「あんこ」の部分を作ります。
綿とキャットニップの分量は、綿2:キャットニップ1くらい。(写真の量では、ちょっと少ない。涙)


R0013186.JPG R0013187.JPG

中身ができました。

R0013188.JPGぬいぐるみに中身を詰めて、縫い閉じます。
綿が少なかったら、この時に追加しても問題ありません。


R0013189.JPGじゃじゃ〜ん!
完成しました♪
フェルトも綿も100円ショップで買ったので、今回の材料費は200円、製作所要時間は60分弱でした。
破れたジーンズや厚手の布の切れ端などを使えば、もっと安くできますね!
キャットニップの植木があれば、どんどん収穫できるので、いろいろな形のおもちゃを作って楽しめます。

キャットニップキャットニップ

キャットニップの苗Nepeta catariaキャットニップの苗Nepeta cataria

農薬無使用自然栽培キャットニップガーデン 14g農薬無使用自然栽培キャットニップガーデン 14g

R0013195.JPGでき上がったおもちゃは、ただいま、猫によるチェックを受けています。
(この後、お約束通り「抱え込み猫キック」をいただきました)



作った猫のおもちゃをみんなにも見せたい方、我が家の猫ちゃんを紹介したい方向けに、画像投稿できる掲示板にゃんにゃんパラダイスをご用意しましたので、どうぞお使いください。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

  


******************************************************

******************************************************
posted by ぴょんぴょん at 11:26| Comment(1) | TrackBack(1) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

いやに元気

猫が「ままと、かけっこをしたい。どうしてもしたい!」と言うので、狭いリビングを一人と一匹でぐるぐる回る。
こちらが疲れても、相手は元気いっぱい。
わたくしが動くのを止めると飛びかかってきて甘噛みし、なかなか終わりにさせてくれない。
最後の方は、わたくしの周りに円を描くように猫だけを走らせる。
馬の調教師になったみたいだ…。

その後、「といれ〜」「はいった〜」「でた〜」「ごはん〜」「たべおわった〜」と、自分の行動をいちいち鳴いて知らせる。
今日はうるさい (ToT)

ほうっておいたら、寝室で暴れている気配。
もう知らない…。

30分後。
やっと静かになったなと思ったら、ダブルベッドの真ん中にビロ〜ンと伸びて、扇風機の風を受けながら、気持ち良さそうに寝ていました。
くぅぅぅ〜。
わたくしも、そういう生活がしてみたい。

R0013239.JPGナンデスカ?
これからねるので、おこさないでね。



☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

  
posted by ぴょんぴょん at 11:43| Comment(2) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。