2005年05月06日

ゴールデンウィーク

カレンダー通りだと今日は平日になるけれど、夫は今日休みを取ったので、我が家は日曜日までゴールデンウィーク。
どこへも行かず、普段と違うことと言えばレンタルビデオを見たぐらい。
出不精のわたくしはそれで充分満足ですが、夫はつまらなさげ。
性格のまったく異なる2人がどうして結婚したのか、我ながら不思議に思うことがある。

夫は明日が釣りで、明後日は田植えだそう。
明日は彼のお誕生日なんですが、わたくしより魚に祝ってもらうほうを選んだらしいので、放っとく。
知らな〜い。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:33| Comment(1) | TrackBack(1) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

不穏な時期 Ver.1

この時期になると、わたくしは離婚を考えたり、夫に殺意を抱くのでございます。
ホントにやっちゃ、まずいけどさ。

R0013113.JPG

↑ これ、何て読むと思いますか?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 12:44| Comment(6) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

不穏な時期 Ver.2

不穏な時期 Ver.1からの続きです。

あの、ミミズののたくりのような字は、夫に言わせると「畑と書いた」んだそうです。
正解の方、数名いらっしゃいました。
おめでとうございます!
賞品は…、ないんです。スミマセン m(_ _)m

わたくしが猛烈に怒っているのは、まず、「予定はカレンダーに書く」という我が家の決まりを、夫がまったくもって覚えられないことに端を発しております。
こちらにもいろいろと都合はあるので、独り暮らしみたいな気分でいられちゃ迷惑なんですよね。

以降、わたくしの思っていることを正確に書いてみますと、

1.ずいぶん前から決まっている予定なのに、数日前になってコソコソ書くなや、このボケ!

2.何て書いてあるのか読めなかったら、情報伝達手段として文字を書く意味がない。相手に伝えてないのと同じこと。

3.あれほど言ったのに、モノを買ってくるクセが抜けない。どうしても覚えていられないなら財布取り上げるぞ!

4.夜、帰って来てから「あれをこう作れ」って、食事のメニューと調理法をいちいち指図するの、もういい加減やめてくんない?
うち、料亭じゃないし、わたくしはアンタの専属調理人じゃございません。
こっちにも、予定や体調ってものがあるわけよ。
「痛い」「だるい」「つらい」って言わないから、痛くない、だるくない、つらくないってことじゃないんですからね。

出されたものを黙って食え〜!

だいたい、すでに食事の時間になってるのに、それから作ったら食べるの何時?
アンタは昼食を遅く食べたらしいけど、わたくしはそうじゃないので、お腹すいてるんです。

5.痛風持ちのアンタが、畑で汗かいて疲れた後に、枝豆と豆腐を食べたらどういうことになるか、わかってんのっ?!
好きなもんばかり買ってきて、何も考えずに食ってんじゃねーよ。
(痛風発作は激しいスポーツの後などに起きるケースが多々ある。枝豆は大豆の未熟なもの。豆腐は大豆が原料。大豆は痛風に良くないプリン体を多く含んでいる。科学的に考えやがれ!)

6.わたくしは、今までに起きた畑がらみの出来事から、「畑」と聞いただけで心臓がバクバクして頭に血が上り、ものすごく不機嫌になってくる。
条件反射でしょうか。
また、それに輪をかけるように、夫は今でも毎回何かしら不愉快な思いをさせてくれるので、もうどうやって怒りを押さえたらいいのか、わかりませ〜ん。
┐(-。ー;)┌

ってところでしょうか。

モノを買ってくるクセが抜けない、については、ヤツは以前、噴飯ものの言い訳というか申し出をしている。
わたくしの高校のクラスメート・Mちゃんが、時々、夫の畑行きに参加しているんですが。
ある時、畑へ行き、途中の直売所でいろいろと買い込んで来た夫に「うちは二人暮しだし、冷蔵庫に入りきらないのだから、モノを買ってくるのを止めてくれ」と言い、口論になったら、夫はこうのたまった。

「だったら、Mちゃんに、『うちのだんながモノを買いそうになったら、とめてくれ』って言えばいいじゃないか」

はぁぁん?
アンタは40歳もとうに過ぎたのに、人にとめられないと、モノを買うのをやめられないのか?
自分ちに住んでる人数と、冷蔵庫の大きさを覚えてることはできんのか?
自分で自分を律することは、アンタにとって難し過ぎるのか?

それにさ〜、考えてもみなされ。
Mちゃんにしてみれば、「人の旦那がモノを買うのを、なんで私がとめなくちゃならん?」と思うだろうて。
そんな嫌な役回りをやりたい人は、いないって。
夫婦間の問題だもん。
だから、Mちゃんには頼んでないし、第一、恥ずかしくって言えないよ。
その時、わたくしはものすごく情けない思いをしたのだった。
ま、夫はオメデタイ人だから、自分がそんなことを言ったのも覚えていないと思うけど。

今度から、ムカついたら、皿小鉢を投げてもいいですか?
夫のホームページの掲示板に、殴り込みに行ってもいいですか?
玄関の鍵を変えちゃってもいいですか?

あんまりイライラさせないでね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 13:34| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

土用丑の日

目標体重:??kg
目標までの残り:-2.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:??kg
BMI:21.6
夕食の鰻を買うため、ウォーキングがてらターミナル駅まで行った。
午後2時だっていうのに、もう行列ができていてびっくり。
10分ほど並んで蒲焼、肝串、肝吸いをお買い上げ。
振り返ると、行列の長さが2倍に伸びていた。
3時過ぎたら、えらく待つことになるんだろう。
早く来てよかった。
帰りも歩き、五十三次では、もうすぐ日坂に着く。

夜7時半。
ちょこっとシャワーを浴びてバスルームから出てきたら、留守番電話の着信ランプが点滅してる。
夫からで「鰻を買って帰ろうと思う。お店が開いてるかどうかわからないけど…」とのこと。
慌てて夫の携帯に電話し「もう買ってあるから、いらない」と申し渡した。

一気に頭へ血が昇った。
普通、午後7時半だと、夕食のメニューが決まってて下準備もしてある時間でしょう?
メニューによっては、もう料理が完成していてもおかしくない時間。
わたくしが用意した夕食は、どうなってしまうの?
今回は、わたくしの用意した食事も鰻だったけど、シチューにパンとか、チャーハンとか、素麺だったらどうするよ?
二食分、一度に食べるのか?
ご飯炊いてなかったら、それから炊けってか?

百歩讓って、わたくしが夕食を何も準備していなかったと仮定し、鰻を買ってきていただくことにしたといたしましょう。
世間全体が土用丑の日なんだから、買えるまでに時間かかるって考えたことない?
「お店が開いてるかどうかわからない…」で、開いてなかったら、夕食に何を食べるのよ?
行き当たりばったりの考えの浅さがまったくもって非常に気に入りません。
食べたい物があったら、または何か買ってくるなら、当日の朝までには言っていただきたいものです。

なんか…。
わたくしをイライラさせるために、わざとやってるんじゃないかと思う時がある。
食に関する仕事をしてるならいざ知らず、食べ物のこと「ばっかり」考えていないで、その情熱を他に向けたらぁ?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| 普通普通| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

食べ物の恨みは実に恐ろしや

わたくしは家にいるため、お昼を外で食べるということがない。
そもそも、基本的には一日一食だし。
時々、ラーメンや丼物のような勤め人時代のお昼メニューが食べたくなるんですよねぇ。

去年の暮れ、まだ全然動けなかった頃、「ラーメン食べたい発作」に見舞われた。
たまたま、生麺3玉と濃縮スープのセットがあったので夫が作ってくれることになり、かな〜り楽しみにしていたのでございます。

「もうすぐできるよ」と呼ばれ、ふらふらと起き出して行ったら、夫は濃縮スープの袋を切って中身を丼に入れていた。
そして、わたくしは見てしまったんですっ!

夫は麺を茹でている鍋にお玉を入れ、茹で汁をすくい、ソレで濃縮スープを薄めている…。

インスタントラーメンは、麺を茹でて最後に「粉末スープを鍋に投入」と作り方に書いてあるけど、生麺でも茹で汁でスープ作るのぉ?
味を想像してみた。
ぐっはあぁ。
食べる前から思いっきり凹みました。

まぁ、何のかんのと申しましてもわたくしはビョーニンで、作れないから作っていただいてる。
ゆえに文句言う資格はないのかなと気を取り直し、どうにか食べたけど、思いっ切りまずかったです。
かんすいと粉っぽい匂いが先に立ち、なんだかな〜。
罰ゲームみたい…。

先週は「焼きそば食べたい発作」に襲われました。
これまた、蒸し麺3玉と粉末ソースのセットがあったので夫が作ってくれることになり、ソースが香ばしい焼きそばを想像して、ウットリしていたわけです。
今回は麺を炒めて付属のソースをかけるだけだから、まずいものができるはずがない。

しかし、わたくしの考えは激しく甘かった。
「できたよ〜」と呼ばれてキッチンへ行くと、封の空いていない粉末ソースがひと袋、シンクにぽつんと置かれていた。
夫はソースを減らし、ケチャップを入れたようです…。

一般的に、料理はひと手間かけるとおいしくなるというのがセオリー。
でも夫の場合は、ひと手間かけると確実にまずくなる。
アンタはどうして、書いてある作り方通りにできないんですかね?
もうこんなのイヤ (ToT)
特別においしい物を食べさせてくれなくてもいいんです。
せめて「普通」の味のものを食べさせてプリーズ。

くどいけど、自分でできないからやってもらってるのも事実なので、今回は甘んじて受ける。
でも、夫が病んだ暁には…って感じ。
心遣い、看病、介護って、するほうは「もしも自分だったらこうして欲しい」と想像してやってるはず。
ですよね?
そうでしょ?
なので、夫がわたくしにしてくれたことは、そのまま夫が病んだ時の希望って考えていいんですよね〜。

ムフッ♪


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 19:02| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

これって?

先日、10分ほど家を空けた間に小包を届けに来たらしく、ポストに郵便局からの不在通知が入っていた。
夫への荷物で、差出人は個人名。
わたくしの知らない人である。

夫婦と言えど、わたくしの知らないお友達もいるでしょう、それはいいんです。
気になったのは、着払いで料金820円ってとこ。
そんなの届くって聞いてないし。
旅行の途中で自分の家へ何か送る時など着払いにするのは理解できるけど、他人同士の荷物で着払いって何だろ?
通販なら代引きになるはずだし。

帰ってきた夫に不在通知を見せたら、差出人の名前に夫自身も心当たりがないというじゃあ〜りませんか!
着払いは、お金を払わないと中を見られない。
ゴミみたいな品を送りつけてスッキリ〜、ついでに相手の財布にもちょっぴり痛手を与えてスッキリ〜ってこともできるわけです。

知らない人からの荷物なので、今回は受け取らないことにした。
郵便局での保管期限が切れると、自動的に差出人に送り返される。
実在の人物だといいんですけど…。

それにしても、見知らぬ差出人といい、着払いといい、夫を恨んでる人でもいるんでしょうか?

なんだかな〜。
ちと気味が悪いです…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 02:22| Comment(2) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

またですか…

今日はホワイトデーのはずなんだけど、わたくしのカレンダー間違ってますか?
ホワイトデーの「ホ」も、お返しの「お」もないまま、夫は寝てしまいました。
すでに、んごんご言ってます。

さっきまで、浅野温子主演のサスペンスドラマを二人で見ていた。
夫は、浅野温子の旦那役の人物設定がアホウだの、政治家が地元から取り寄せた起き上がりこぼしが起き上がらないのがマヌケだのと大笑いしていたけれど、わたくしに言わせればあなたのほうが、よっぽどあほうでまぬけだよ。
バレンタインにチョコをくれた、会社の女性たちにもお返ししていないんだろうなぁ。
本当に申し訳ないと思います…。

思い起こせば、ヤツは去年も忘れていた。
わたくしもナメられたもんです。
どうしてくれましょう、って感じ。
とりあえずこれから、夫のホームページの掲示板へ殴り込みに行くつもり。
常習者なので、今回は容赦しません。

ぴょんぴょん、戦闘モードに突入!


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:57| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

犬も食わない、でも当人は真剣

相変わらずふらふらで、動くのはダメです (ToT)

1ヶ月前のバレンタイン、わたくしはまだほとんど起きていられず、でも気は心だからと、スライム状態で這いずってチョコレートを買いに行ったんだっけ。
思い出したらさらに腹が立ってきた。

昨夜、夫のサイトの掲示板に殴り込みに行って、夫は2年連続でホワイトデーを忘れたこと、家庭や家族が基本で趣味はその次、家族がいることをしっかり認知できるまで釣りだの畑だのは自粛してもらうこと、そういうわけなのでお友達におかれましてはしばらく誘わないでくださいと投稿。

わたくしは夫から随分ひどい仕打ちを受けている時があると思うんだけど、ヤツがそこらへんを隠蔽して、つまり家庭をないがしろにして、外では「いいヒト」やってるのが我慢ならん。
徹底周知を目指すことにする。
「奥さんに怒られるだろうから」と周囲が気にするようになればいいんですけどね。

どちらにしろわたくしはたぶん、いや絶対に、夫の友人関係からキツイ女と思われているはずなんで、何やったところでこれ以上ひどい女房と思われることもないだろうて。
こんなこと続いていたら、家庭や夫婦の存続が危ないので、なりふりかまわず。
どうも今まで羽を伸ばさせてあげすぎて根幹を忘れているようなので、そろそろしっかりとネジ巻いておかないとダメっぽ。

ホワイトデーは覚えていたけど事情があって用意できなかったとか、そういうのならギャアギャアは申しません。
アナタの場合は、しっかり忘れていたんだもんね。
会社員なんだから、通勤電車に乗ったり、同僚と話したり、いろいろなところへ行って、ホワイトデーの宣伝はいっぱい見ているだろうに、どうしてこうなるのか…。
信じられません。
それも2年連続で。
愛も気遣いも学習効果も感じられません。
アメリカだったら離婚になりそ。

離婚かぁ。
2007年に年金法が改正されるんでしたよね。以下略。

早起きしたヤツは、自サイトを見てアセり、投稿を消そうとしたみたいだけど、お友達みんなにちゃんと見ていただかなくちゃね。
わたくしにはほとんど存在しない親切心を盛大に振り絞り、削除できないようにしておきました。
そもそも、彼が使っている掲示板を設置したのはわたくしでございます。
adminですが、なにか?

そこでヤツは、ホームページから掲示板へのリンクを外し、わたくしにご丁寧な警告メールを送りつけてきた。
ふ〜ん。
彼にできる対抗手段はここまででしょう。
わたくしがリンクを貼り直すこともできるけど、立派な犯罪になりそうなのでそれはやめとく。

次にヤツは、隣のコンビニへ行ったらしい。
わたくしが起きた時、彼はすでに出社していなかったけど、テーブルの上に
R0013476.JPG←これ

が置いてありました。

ちくわは、猫へのお返しなんでしょうね…。
工具箱から出した「荷造り用紙ひも」で縛ってあるのは、夫なりの心遣いなのでしょうか…。
怒るべきか、喜ぶべきか、悲しむべきか、この時間まで考えても結論が出ません。

発端は、犬も食わないナントカなので、家庭内の締め付けを強化することとし、鬼嫁日記を読みに行く。
なるほど〜。
わたくしはまだ生ぬるかったようだ。

頑張ります(何を?)。
ってか、具合いまいちなんで、あんまりイライラさせないでね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 17:53| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

嫁業の予感…

独り暮らしをしている夫の父親とわたくしたち夫婦は、来週、一緒に小旅行することになっている。
今朝、義父から電話があったみたい。
家にいたのに、席を外していたのかな、気がつかなかった。
点滅している留守電着信ランプを見て、メッセージを再生したのが午前11時ごろ。

「昨夜から左足が痛くてたまらない。来週の旅行は無理だと思う」

その後、メッセージは「近くに住んでいる夫の弟に電話したら、後で様子を見に来ると言っていた」と続いていた。

元気なく沈んだ声に驚き、すぐに義父の自宅へ電話した。
留守電になっている。
病院へ行って、まだ帰っていないのかな?
わたくしにとって義弟となる夫の弟・Aちゃんが見に行ってくれているはずなので、何か事が起きたのなら連絡は来るだろう。

それにしても左足が痛いって、何?
関節炎でも起こしたのか。
血栓ができて足に詰まったのか。
義父は糖尿持ちでもある。
血栓だと、治療はちょっと長引くのかなぁ。
下手をすると壊死→切断ということも考えられる。
そうならないといいけど…。
ともかく夫に電話して、「お父さん、具合悪いみたいよ」と伝えた。

関節炎や捻挫、打撲の類だと、家にいても当分は買物にも出られないかもしれない。
インターネットで給食サービスを調べてみる。
義父の居住地を配達エリアにしている高齢者配食サービスが何社か見つかった。
我が家と義父の家は、電車で1時間以上離れているので、毎日食事の世話に通うのはたぶん無理。
いざとなったら、配食サービスも利用させてもらわないと、わたくしもぶっ倒れちゃうと思います。

午後2時を過ぎたのに、どこからも連絡がない。
義父の家電は相変わらず留守番電話になっている。
病院から帰ってきて、疲れて寝ちゃってるのかなぁ。
わたくし、様子を見に行った方がいいんでしょうか?
えっちらおっちら行って、家に誰もいなかったらトホホだし、わたくしは義父の家の鍵も持っていないのだ。
どうしよう。

義弟の携帯にかけたら、電話番号が変わっていて繋がらない (ToT)
義弟夫婦は共働きなので、今の時間では誰も出ないと思うけど、とりあえず義弟の家にもかけてみた。

なんと、義弟は家にいた。

ぴ「どうしたの? 今日、仕事お休み? それともお父さんの事でお休みしちゃったの?」

義弟・Aちゃんは、今朝から大変だったらしい。
義父を近所の病院に連れて行ったら、診察したDrが「うちでは無理」と言い、救急車でもっと大きな病院へ行くことになっちゃったんですって。
義父は、入院しちゃったんですって。
Aちゃんは、入院に必要なものを取りに家へ帰ってきたところだったんですって。

A「お父さんに呼ばれて、朝行った。足を見たら色が変わって腫れてるんです。それに傷があるんです。親父は昨日、同窓会に行ったんだって。本人は覚えていないみたいなんだけど、ころんだか何かで怪我をしたみたい。『レントゲン取ったら骨折してる』って親父は言ってた。まだいろいろと検査中で、本当に骨折しているかも、先生から詳しい話がないんです。今は、どこが悪いのか正確な事はまだ何もわかりません」

Σ( ̄◇ ̄lll) ガッビーン!

しばらくは入院なんでしょうか…。
退院できたとしても、治りきるまではシャキシャキ動けないはず。しかも高齢者ではさらに動きは鈍るはず。
どうするんだろう?

長男の嫁であるわたくしは、これからとんでもなく忙しくなるのかもしれない。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 16:13| Comment(4) | 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

病人を「支える」って難しい

病院が完全看護となり面会時間もきっちり決められている現在、よほど重篤な病状でない限り家族が四六時中付き添う必要はない。
用事があれば別だけれど、義務感だけなら毎日見舞う必要もないと思う。

義父は骨折していた。
できれば、手術して整復した方がいいらしい。
しかし、年齢と持病のことがある。
手術に耐えられるのか温存で治療するか、まだいろいろと検査するようだ。
たぶん、土日には検査が行なわれないと思う。
治療方針は、結果が出揃う来週の半ばにならないと決まらないかもしれない。
命に関わる怪我ではないけれど、リハビリもあるだろうし、入院は長引きそうだ。
夫は午後、とりあえず面会に行くと言っている。

ぴ「私も行く」

夫「何で? 来なくていいよ」

ぴ「足りないものがあるかもしれないでしょう? 家のことでやらなくちゃならないこともあるでしょう? 冷蔵庫の生もの始末とか」

そのあたり、誰も考えていないと思うのよねぇ。
夫の親のことなので、夫自身が「来なくていい」と言っているのだから行かなくてもいいのかなぁ。
病人を支えるのは難しいとつくづく思う。
手を出し過ぎて、患者がすべて他人に依存するようになったら、誰のためにもならない。
こちらは良くても、患者自身は迷惑としか思えない事柄もある。

しかしな〜。
家事の面は、普段やっている人とやっていない人では視点が違うと思うんですよ。
今できることをしておかないで、おおごとになってから後始末に借り出されるのは、かなわんて。
今までそういうことが多かったので、今回も可能性大。
先に手を打っておきたい。
学習効果ってやつですわ。

まったくな〜。
入院中の洗濯物をどうするかとか、新聞を止めるとか、誰か考えているんですかね?
退院したら快気祝いをしなくちゃならないから、来た人といただいたものを書いておくノートも必要。
義父は全部覚えていられないだろうし、義父の世代は礼儀に特にこだわるはず。
快気祝いはきちんと念を入れてやっておかないと、いきなり信用を失いかねない。

保険もな〜。
義母が亡くなった時、義母も義父も生命保険・入院保険関係に雀の涙程度しか加入していなかったことが判明した。
生命保険は葬式代程度のものがあればいいけれど、「生きていて医療費がかかる状態=入院」が長引くと、大変なことになる。
わたくしは義父に、入院保険は新たに入っておいた方がいいのでは?と進言したのですわ。
義父は、掛け金と給付金を計算して「○○日以上入院しないと割に合わない。そんなに入院するかわからない。掛け金を払うなら貯蓄しておく」と言い、結局加入しなかった。
義父は近い将来、入院保険に加入しなかったことを後悔した愚痴を述べると思う。
「だから言ったじゃないですか」と口元まで出かかるだろうけれど、それを言っちゃあオシマイなので、ぐっと飲み込むことを肝に銘じておく。

夫「来週の旅行、どうする?」

ぴ「どうするって、行けるわけないでしょう? お父さん、入院してるんだよ!」

夫「もう休暇取っちゃった。こっちにいても、親父のために特にすることないでしょう?」

ぴ「………」

夫「そうか。だからうちの実家の家族はドライだって言われるのか」

はい。
わたくしは、夫とその家族の、その辺の感覚がいまだによくわからないのです。

「ぴょんぴょんは嫁だから、毎日来い」とは言われないと思う。
言う人たちではない。
望まれても「具合がイマイチだから、毎日行くのは無理です」と言わざるをえない状況だし。

しかしですよ、もしも旅行に行ったら「具合が悪いので病院へは毎日行けないけど、旅行には行けるんだ。ふぅん」と思われるかもしれないでしょう?
義父は、入院して心細くなってるはず。
「自分は、たいして気にされていないんだ」って思っちゃうかもしれないでしょう?
普通はそうなんじゃないの?

ちなみに夫は、わたくしが癌で入院した時、一番大変な術後すぐの10日間、一度もお見舞いに来なかった「ドあほう」です。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 12:06| 夫婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。