2005年04月03日

ローマ法王死去

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が亡くなった。
謹んで、哀悼の意を表します。

わたくしは宗教を持っていないので、どの宗教の聖職者についても、ごくわずかの一般知識しかない。
その生活がどういうものか、どうしたらなれるのかなど、知らないことだらけ。
俗世間に生きるわたくしは、聖職者って衣食住の心配をしなくていいなぁとか、いろいろなところに行けていいなぁとか、人々に尊敬されていいなぁとか思っちゃったりする時もある (;^_^A

「人のために生きる」とか「祈りの生活」って、どんななんだろう?
とりわけ、ひとつの宗教の頂点に立つ人って大変なんだろうな。
たくさんの信者さんからいろいろな苦しみを持ち込まれるであろう聖職者がどうやってストレス解消しているのか、またはストレスは感じないのか、自分の存在意義をどこに見出しているのかなど、ちょっと知りたかったりする。

彼らが醸し出す超然とした雰囲気や慈愛に満ちた行動は、どこから来るのだろう。
何がそうさせるのだろう。

数人の患者さんに寄りかかられただけで「重い。タルい。カンベンしてくれ〜」と思うことがあるわたくしは人間的にまだ未熟なのか、それとも聖職者と言われる人々が凄すぎるだけなのか。
いろいろと考えさせられる。

うまく表現できないのだけれど、わたくしは長い間、聖職者の感情は昇華されていて、一般人が持つ喜怒哀楽はないのではないかと、漠然と考えていた。
彼らが抱く感情には「愛」だけしかなのではないかと。
ここからが本当にうまく書けない部分なのですが、いい意味で「すべてが自己犠牲 = 自分はない」「人間として枯れ切った」人をイメージしていたんですよね〜。

ダライ・ラマ14世が来日した時、テレビのインタビューを見て、激しく魅了された。
わたくしは、「人の話に興味はない」みたいな部分があって、トーク番組はあまり見ないけれど、ダライ・ラマ法王の話はずっと聞いていたいと思った。
聖職者として以前に、まず人間として、とても魅力的だった。
いっぺんでファンになった。

自伝も素晴らしかった。



彼には生き生きとした感情があり、ユーモア精神があり、自己主張もあり、そして愛がある。
自分をしっかり持っているからこそ、人のために生きて祈れるのではないかと思った。
アイデンティティーの確立って、本当に大切なことだと思う。

逝去されたヨハネ・パウロ2世も自伝を出している。



今度ぜひ読んでみたいと思っています。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 17:18 | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

東京湾のクジラ、死んじゃった…。

長い間、東京湾にはドロドロで臭〜いイメージを持っていた。
子供の時は、本当にそうだった。

しかし近年、たくさんの人々の努力でかなりきれいになった。
釣りをはじめてからは、潮が澄んでいる時だと京浜運河や横浜の埠頭あたりでもかなりの透明度があるのを実際に見て知っている。
サビキという仕掛けを海に投げ込むと、群がるサッパ(ままかり)の銀鱗のきらめきが陸からでも見える時がある。
簡単な仕掛けで鯵が釣れる。メバルも釣れる。カサゴも釣れる。
岸壁で夜釣りしていたら、方向を誤ったトビウオが岸壁の上に飛び乗ってきて驚いたことがある。
タマちゃんが現われた時には、アザラシが住める環境になったんだ!と妙に感激した。
月並みな言い方だけど、きれいな海、豊かな海が戻ってきたのかなと思った。

4月中旬から東京湾で目撃され、人気者になっていたコククジラが定置網に引っ掛かり、死んでしまったのはとても残念。
定置網は捕鯨目的ではなかったのだから、不幸な事故としか言いようがない。
東京湾近辺で獲れる魚介類は関東近県の人々の胃袋に欠かせないし、漁師さんの生計もある。
首都圏の海で、大型船や漁業やクジラが共存するのは難しいと思うけど、今度アザラシやクジラが来たら「危ないから太平洋に帰りなさい」って、追い立てなくちゃならないのかしらん。
それも寂しい気がするなぁ。

喜多嶋隆の小説「ビリーがいた夏」のようなラストだったら、よかったのにね…。
クジラさん、南無。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 15:03| Comment(2) | TrackBack(2) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

羽田空港の管制トラブルで、パイロットの腕に頼り着陸

「何のこっちゃ?」と思うでしょ?
飛行機には機長も副操縦士も乗ってる。
彼らは飛行機の操縦が仕事なんだから、「パイロットが操縦して着陸するのが普通なんじゃないの?」と思うでしょ?
「パイロットの手腕で着陸しました!」とわざわざ報道するほどのことかと思うでしょ?
ところが今の飛行機は、オートパイロットで自動着陸もできるものが多いんだそうだ。
そんなこと、知らなかったのはわたくしだけかしらん (;^_^A

離陸時にルートをセットしておくと、ちゃんと目的地に着き、自動で着陸する。
つい先日読んだばかりの本に、そんなことが書かれてあった。
すごい時代になったもんだと思う。

機長からアナウンス機長からアナウンス

オートパイロット(自動操縦)で飛行し、着陸も自動でできる。
「じゃあ、パイロットは必要ないのでは?」と思うでしょう?
わたくしもそう思ったのですが、なんと!
離陸は、自動じゃできないそうである。

悪天候や突発事項が起きた時には、機械ではなく人間の判断が必要になる時があるし、オートパイロットが壊れちゃったら、もうパイロットの腕で飛ばすしかない。
機長も副操縦士もまだまだ出番はあるようだ。
と申しましょうか、難しい状況の時に出番が多いので大変そう…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 11:54| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月07日

銃刀法

デスノートの作者・小畑健氏が刃渡り8.6cmの折り畳み式のアーミーナイフ1本を所持していたため、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕されていたそう。
彼が有罪か無罪かは、これから法廷で裁かれることになると思うので、わたくしがどうこう言う気はございません。

が、以前から、銃刀法違反のニュースをみるたびに気になる事があったんです。
調理に包丁は必要不可欠で、わたくしも何回か買いました。
お店で買って家に持ち帰る間に職務質問でも受けることがあったら、

銃刀法違反で捕まっちゃうのか?

という部分が心配…。
包丁は宙から湧いて出てはくれないので、家で調理のために使おうとしたら、買って室内へ運び込まなければならない。
どうすりゃいいの?って感じ。

この際なので、銃刀法をじっくりと読んでみました。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S33/S33HO006.html

第四章雑則第二十二条に、「刃体の長さが六センチメートルをこえる刃物の携帯の禁止」がある。
が、同時に「業務その他正当な理由による場合を除いては」ともある。
包丁を買って家に帰る間は、包丁を持ってても「正当な理由」にあたるという解釈になるのかなぁ。

悪意を持って使えば人を傷つけられる道具なだけに、取扱い難しいですよね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 15:38| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

減らない飲酒運転

先日、福岡で子供3人が死亡する飲酒運転がらみの事件があったばかりなのに、新聞にはまた酔っ払いドライバーが起こした事件が載っている。
学習能力のないドあほうが、どうしてこんなに多いのか…。
車の運転を誤って人をはねた交通「事故」と言うには、あまりにも悪質過ぎる。
立派な「事件」でしょう。

飲酒運転が減らないからには、お酒を飲んで運転した時点で、高額罰金&免許一発取り消しでいいんじゃないの?
「一生かかっても払えない…」とビビり上がるほどの高額罰金を設定したら、少しは抑制になるかも。

飲酒運転で死亡事故を起こした場合は、極刑でもいいと思う。
アルコールが入ったら判断力が鈍るって、誰でも知ってること。
飲酒運転すれば事故を起こして結果的に誰かを殺してしまうかもしれないけど、それでも構わないと考えて運転しているわけでしょう。
それは、「未必の殺意」になると思うんですよね。

情けないことに、常識や道徳観が皆無のドライバーがかなりいるらしいことが白日の元に晒された。
人間の本性は善であり、仁義の徳の端緒をはじめから備えているとする「性善説」路線ではもうダメだ。
すべての車には、運転手の呼気をモニターしてアルコールが入っていたらハンドルがロックされて動かなくなっちゃう装置をつけるとか、できないのかなぁ。
無免許運転対策のため、車にカード読み取り機みたいなのを付けて、運転中は免許証を読み取らせておかないと車が動かないシステムなども、あっていいと思う。
車製造メーカーのみなさん、いかがでしょうか?


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 19:04| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

北朝鮮産の…

朝起きたら、やっぱり少し筋肉痛になっていた (;^_^A

午後、「北朝鮮が核実験」のニュースに仰天。
あの国は、いったい何をどうしたいのか、わけがわからない。

夕方、スーパーへ行ったら、「韓国フェア」をやっていた。
韓国の味噌やトックなどを眺めていたら、韓国語(朝鮮語?)なまりのある売り子さんが「これは○○です」「これは知っているでしょう?」と一生懸命説明してくれた。
細長い海藻か植物を鳥の巣のように丸く束ねたものがあったので、「これは何ですか?」と尋ねたら、「ワラビです。北朝鮮産の最高級品です!」と…。

世界中の制止を振り切って核実験した北朝鮮の商品を買うほど、お人好しにはなれません。
わたくしが払ったお金が、さらなる核開発の資金になるかもしれないと考えると、1円でも払うのはイヤだ。
戦争はイカンし、核兵器やそれにつながる実験もイカンのです!

こういう時、どういうリアクションしたらいいんでしょうね?
一生懸命に説明してくれた売り子さんには何の恨みもないけれど、そのワラビを買うつもりもありません。

北朝鮮には飢えた人が少なくないと報道で見た。
何の罪もなく、飢えている一般の人々は本当に気の毒だと思う。
いつの世も、どこの国でも、真っ先に割を食うのは庶民層なんだよな〜と、悲しい気持ちになる。
その人たちの口へ絶対確実に入るなら、物資やお金を送ることはやぶさかではないし、北朝鮮産の商品も買いましょう。
けれど、援助物資はどうも横流しがあるようだし、物資を売って核開発の資金にされたら、目も当てられない。
どうすればいいんでしょうねぇ。
気軽に買物もできない時代になっちゃった。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
ラベル:北朝鮮
posted by ぴょんぴょん at 23:59| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

ファラ・フォーセット、なぬぅ〜!!!

ファラ・フォーセットさんが、がんの手術 - goo 映画

10代の時、ファラ・フォーセットをテレビで見て「外見については、この人を目標にする!」と即座に決めたわたくしは、まだ目標達成できていません。(人種が違うから、永久に目標達成できないというウワサ…)

そのファラがなんと、腸の腫瘍を切除し、現在は化学療法中ですって!
闘病のため、元彼のライアン・オニールのところへ戻ったそう。
ふぅむ…。
ライアンとファラは、息子が一人いる仲。
別れたとばかり思っていたけれど、余人にはわからない心のつながりなんかもあるんだろう。

って、ライアンは慢性白血病、治ったの?
恋人が白血病になってしまう悲恋ものの「ある愛の詩」でスターダムに登ったライアンが、自身の白血病を公表した時にも驚いたっけ…。

とにかく、ファラさまにおかれましては、しばらくはゆっくり療養して、ゴージャスな容姿をまた見せてくださいな。
復活を心よりお待ち申上げております!


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

なんですか、あれは?

当家は新聞をとっていないので、ネット版を見ている。
今朝のA新聞の天声○語、なんですか、あれは?
うちの猫・ワタシが書いたのかと思った。
中学・高校の時、すべての国語の先生に「作文の勉強になるから毎朝読め」と言われていたのですが…。

代理出産について述べていると思われる内容。
いろいろな意見があるので、反対意見があってもおかしくないし、「賛成です」と書く人がいてもいい。

だけどね、本当に奥の深い問題なんですよ。
だから、真面目な気持ちで考えて欲しかった。
ちゃかされているような、バカにされているような感じを受けたのは、わたくしだけ?
あれでは、今回の代理出産の当事者たちがかわいそうだなぁと思った。
反面、「あんなこと書かれてかわいそうだから」という感情論が高まって、世論が同情だけで代理出産を認める方に傾くことがあるとしたら、それはそれで何か違うなぁとも思う。

子宮癌や卵巣癌になって子宮を摘出し、妊娠や出産が不可能となった患者が「どうしても自分の血を分けた子供が欲しい」という気持ちを諦めきれなかった場合、現状では代理出産しか方法がない。
けれど当の患者ですら、「生命とは?」「親子とは?」「家族とは?」と考えていくと、代理出産に速攻で飛びつく気持ちにはなれないはず。
何らかの結論を出すまで、深く深〜く思い悩むんです。

子宮も卵巣もなく、保存卵子もないわたくしは、代理出産という可能性すら望めないけれど、「子宮癌・卵巣癌患者情報交換サイト」と銘打ったホームページを運営しているものとして、代理出産の件にノータッチという訳にもいかないだろう。
子供が欲しいのに自分は代理出産の適応にすらならないとかそういうことではない、代理出産がらみの悩みは、わたくしにもあるんです。

ひらがなとカタカナだけで書かれた、チャチャとも受け取られかねない暗号文のようなもので、真面目に考えようとする人々の気持ちを乱して欲しくはなかった。


↓ 応援ありがとうございます!
☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
ラベル:代理出産
posted by ぴょんぴょん at 12:00| Comment(0) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

わたくしは壊れてて、しかも不健全らしい(はじめて知りました)

この度、柳沢伯夫厚生労働相より、「壊れた機械かつ不健全」との評価をいただきましたぴょんぴょんでございます。

と、イヤミたっぷりに書きたくなるくらいムカつく。
ハラ立つ。
気分が悪い。
産む機械発言の後、「まったく不適切で女性の方の気持ちを傷つけてしまったことを深くおわびする」という陳謝は何だったの?
こんな無神経な発言を繰り返す人が、よりによって厚生労働大臣かと思うと本気で情けない。

生物学的に、人間で妊娠・出産できるのは女性。
それは一般常識なので、わざわざ機械に例えてくれなくてもいいって。
失礼千万極まりない。
そして女性であっても妊娠・出産できない、わたくしのようなケースがあるのも一般常識でしょ。

この方は己の発言のどこに、世論やわたし達女性の多くが怒っているのかわかってるんでしょうかね?
というか、わかっていないと判断せざろう得ない。
こういうのって、名誉毀損とかにならんの?
集団訴訟するなら、本気でひとくち乗りたいです。

ちなみに、わたくしのように「壊れちゃってる」場合、どうすりゃええの?
子供も、一人もいないんです。
どうしたら健全になれるの?

大臣の発言を聞くまで、わたくしは自分が壊れた機械、不健全だったとは知りませんでした。
そうだったんだ、へぇぇ。

そこまで言うなら、解決策も一緒に提示しろや。
まったくな〜。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

「段ボール肉まん」はヤラセだった

段ボール肉まん報道を見た時は、びっくらこいた。
以来、道端に置いてある段ボールを見ただけで、意味もなく気持ちが悪くなったりしてたんですが、その報道自体がヤラセだったそう。

段ボールで肉(のようなもの)を作り、食べ物として売るのはトンでもないことですが、実際には存在しない段ボール肉まんが「あった」ように捏造するのもトンでもないことで。
どちらに転んでも、トンでもないです。
報道の真意がわかりません (ToT)
もう、何を信じていいのやら。

「ヤラセ報道自体がヤラセだった」というどんでん返しは、さすがにないですよね?


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

posted by ぴょんぴょん at 23:59| Comment(1) | ニュースから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。