2005年04月04日

根性入れて病院へ突撃 -HRTスタート-

「キャンサー・サバイバーの世界へテイク・オフ!」と宣言して心機一転、ブログも引っ越してきたのですが、わたくしはまだ病院知らずというわけには行かないようで…。
このブログのカテゴリに、「病院」って作らないとダメかも。

今日は、3月7日の病院受診時に行なった検査結果を聞きに行ってきた。


●整形外科

骨密度は、71パーセント。
ビミョー。

Drが「これは自分の個人的な意見だけど、骨密度のためには、ホルモン補充療法(HRT)できるならやった方がいい」と言う。
続きを読む
posted by ぴょんぴょん at 23:22| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月08日

病院と個人情報保護法

4月から施行された個人情報保護法のからみで、外来患者の個人名を呼ぶのをやめる病院も増えているそうだ。
診察受付時に番号カードをもらい、その日1日はその番号で呼ばれるとかなんとか。

誰がどの科を受診しているのかバレにくいのはメリット。
患者の取り違えが起きるかもしれないというのはデメリット。

どちらにしても一長一短はありますわね…。

わたくしが癌の術後検診を受けている坂の上病院の産婦人科には、声のでっかいナースがひとりいる。
検診に行ってその人がいると、正直言って憂鬱。
「今日はハズレだ…」と思う。

ぴょんぴょんさん。
うさぎのぴょんぴょんさ〜ん!
今日は何で来たの?
ああ、癌のフォローアップね。
検査予定月、本当は先月だったんじゃない?
前回の検査で腫瘍マーカー上がってたよね?
あら、大腸内視鏡やったのね。

産婦人科なので妊婦さんもいる。
わたくしはその日、デカ声のナースに呼ばれるまで、Drにもらったらしい超音波画像をウットリ見ている妊婦さんの隣に座っていた。
ナースと話が終わって待合室の席に戻ったら、隣の席の妊婦さんがわたくしをこっそり横目で見て、そそくさと超音波画像をしまい込んだのですわ。
もしかして哀れまれているのかなって思っちゃった。
楽しくはございません。

まぁね、そのデカ声ナースにかかると、他の人も全員同じようなことやられているんですが。
待合室に座っているだけで、どの人が妊婦で、どの人がえっち後に不正出血があって、どの人が健康診断的な癌検診に来たのかなど、全部わかっちゃう。

なんだかな〜。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 13:17| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

また間違われちゃったのかと思った…

4月4日から、骨粗鬆症対策としてHRT(ホルモン補充療法)を始めたので、今日で1週間になる。
体調には、特に変化なし。
もともと「飲んだらなくなる症状」というものは存在していなかったし。
今度、骨密度の検査をするまでは結果はわからないってことですねぇ。

処方された薬をしげしげと眺めてみた。
げげっ、「エストリール」と書いてあるではありませんかっ!
婦人科Drに薬の名前を尋ねた時「エストリオール」と言われたはず。

うわ〜、何なのこれ?
また薬局で間違われちゃったのでしょうか?
それとも、どちらかがジェネリックなのかしらん?

エストリールとエストリオールを検索した結果、両方とも同一成分で薬価も同じと判明。
メーカーが違うだけみたい。
こういう時、インターネットは非常に便利なのでございます。
しかし、ちょっとアセった。
大勢に影響はないからいいんですけどね。

ということで、わたくしは現在、「エストリール錠1mg」を月水金で服用しています。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 22:58| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

お薬と付き合う

高脂血症、高尿酸値血症、骨粗鬆症、イレウス気味、橋本病、なんちゃって膠原病と、わたくしが現在持つ病気メニューは、なかなかバラエティー豊かでございます。

高脂血症と高尿酸値血症は、一般的に「生活習慣病」というカテゴリに分類されるけれど、わたくしは癌の根治手術のために卵巣を摘出した結果そうなっているので、生活習慣をどうこうしてもあまり改善されなかった。
骨粗鬆症も同様。

イレウス気味なのは、2回の開腹手術が少なからず影響していると思う。

橋本病やなんちゃって膠原病は自己免疫疾患なので、悪化させないためにやっちゃいけないことはあるけれど、改善するため積極的にやった方がいいことってあまり思い浮かばない。

どれもこれも現時点では、薬でコントロールするしかございません。
で、いろいろなお薬を毎日飲んでいるんですよね〜。

特に骨粗鬆症に関しては、薬の種類が多い。

フォサマック(ビスフォスフォネート) 1日1回
アスパラCA(カルシウム) 1日2回
カルフィーナ(ビタミンD) 1日1回
エストリール(卵胞ホルモン) 週3回

どうせ飲むなら、より効き目があったほうがいいに決まっている。
リンクしていただいているくすり屋さんのブログ・健康図書館〜医療相談窓口〜は、10日からビタミンDがテーマだったので、とても興味深く拝見させていただきました。

以前、骨粗鬆症治療の専門は整形外科だということに気づかず、内科の主治医に骨密度低下を訴えていた頃、DrはアスパラCAを1日4錠から6錠に増やした。
それでも骨密度の低下が止まらず、整形外科に回してもらったわたくしに、整形Drは言った。
「アスパラCAは1日4錠以上飲んでも意味ないよ」と。
もちろん、それはわたくしの場合は、の話なんでしょうけれど。

そんなことがあったので、今回、活性型ビタミンD3製剤というものがあることを知り、わたくしは内科Drへピキピキ(-_-#)した感情を抱いたのでございます。
アスパラCAの件があったので、瞬間的に、処方されているビタミンDはフツーのなんだろうなって思っちゃった。

気を取り直して、カルフィーナがどういうものか調べてみたらば、活性型ビタミンD3製剤でございました (;^_^A
は〜、調べてみてよかったよ〜。
診察の時に、間抜けなことを言い出さずに済んでよかったよ〜。

せんせい、一人で勝手にピキピキしていたドあほうなわたくしを許してね。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆

続きを読む
posted by ぴょんぴょん at 13:39 | TrackBack(0) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月17日

添加物テスター・ぴょんぴょん

わたくしはどうやら、あまり具合がよくないらしい。
う〜ん、本人は元気なつもりなんですが、身体の中は別みたい。

昨日、夫とちょっと買物に行って、お昼は外でラーメンを食べた。
それは、食べ終わってお店を出て少し経ってからはじまったのでございます。
蚊に刺されたみたいな発疹が顔にぶちっとな。
すごく痒い。
発疹は、夜になっても引かなかった。
背中や二の腕なども痒くなって来てもう散々。

わたくしは以前から肉の添加物の何かにアレルギーがあるらしく、時々こうなる。
清く正しく育てられた食肉では絶対に痒くならないので、夫はわたくしを「添加物テスター」と呼んでいるくらい。

んで、今朝起きたら、なんちゃって膠原病から来ているらしい耳たぶのディスコイド疹も、一気にすごくなっていた。
昨夜もちゃんと薬を塗って寝たのに、皮一枚むけた (ToT)

まぁいいか。
熱はないし、だるいのも耐えられる程度だし。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 21:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

奥山貴宏さん

そこそこ読書好きなわたくしが、2000年に癌告知を受けてから一切読まなかったもの、それは癌患者が書いた闘病記ものの出版物。

元気だった頃に何冊か読んだ記憶から、素晴らしい本があるだろうことは想像できる。
逆に気分がどよよ〜んとする、わたくしには「みじめったらしい」としか受け取れない内容の本も存在するかもしれない。
もしも、どよよ〜ん本に当たっちゃったら、読後にどうやって自分の気持ちを引き立てればいいのかわからない。
こちらも癌治療後で、楽しいことばかりではないのだから、わざわざお金を出して「どよよ〜ん」では腹も立つだろうと思った。

わたくしは、うさぎの本宅に癌術後の記録をアップしている。
当初、日記のシステムは、さるさる日記を使っていた。
そこで奥山貴宏さんという肺癌の方の日記を知り、彼がブログを始めてからはそちらも時々読ませていただいている。

ライターを職業とする奥山貴宏さんは文章の歯切れがさすが〜って感じで、病気に対する姿勢や考え方には、共感できるものがあった。
わたくしにしては珍しいことである。
世間様は「癌患者はみんな仲良し」と思っているかもしれない。
けれど、知り合いにはなれても友達として付き合うのはまっぴらご免な患者さんって存在するもん。
少なくとも、わたくしには、いる…。

わたくしは癌患者(今はキャンサー・サバイバー)である前に、一人の人間として生きようとしている。
そして、奥山貴宏さんに同じ雰囲気を感じる。

奥山さんは以前、テレビ出演なさったようなので、ご存知の方もいらっしゃることだろう。
わたくしはあいにく見ていない。
残念。

癌になったからと言って人間やめるわけじゃない、誇り高く、でも普通に、というわたくしの持論は、思うだけのレベルを彷徨っていてなかなか現実の域に達しない。
生活や闘病のあり方に自分のスタイルを追求し続ける奥山貴宏さんには教えられるものが多い。
人知れず、かなり努力されているのだと思う。

奥山貴宏さんは、いわゆる闘病記を2冊出版されている。

 

それを知った時、読もうかどうしようか、すごく迷った。
ブログに共感できるのだから、本も読んでよかったと思える内容なんじゃないかなと。
考えているうち、14日には、3作目となる小説も出版された。



奥山さんカッ飛ばしてるなぁ、頑張るなぁと、もう手放しで感心した。

数日前から入院されていた奥山さんの4月16日のブログは、出だしが「死にたくないな」。
今までは厳しい病状の時でもクールだったり、シニカルだったり、ユーモアを感じる文章が多かったのに、率直に弱音なんて珍しいな。

そして…。
4月17日午後8時1分ご逝去。
亡くなる前日に3行の文章を書くため、奥山さんはどれだけ努力し、どれだけの時間を費やされたことだろう。

その精神力に脱帽します。
そして、ご自分の決めたスタイルを貫かれたことを心の底から尊敬します。
お疲れ様でした。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

わたくしは癌になってから、たくさんの患者さんと知り合った。
時には、さよならの場面もある。
そんな時、わたくしはいつも考える。
この世でのさよならは永遠のお別れではないのだと。
生きとし生けるものはすべて辿る道であり、わたくしもいつかは行く道なのだと。
だから、もう会えないのではなく、少し会えないだけなのだと。
「永遠」に比べれば、1年も100年も一瞬である。

奥山貴宏さんの本は、いつかお会いした時に「読みましたよ〜!」って胸を張って言えるようにしておかなくちゃ。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 14:53| Comment(1) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月24日

電気毛布いまだ使用中

橋本病でもあるわたくしは、甲状腺専門医へ行くたび、問診で「寒がりになっていませんか?」と聞かれる。
はじめはなんのこっちゃ?と思っていたけれど、最近は身に染みてわかる。
もう4月も終わるというのに、寝る時には電気毛布が手放せない。
こういうことなのか…。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:54| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

ゴールデンウィーク初日

パシフィコ横浜に展示を見に行った。
桜木町の駅前から「あかいくつ」というワンコインバスがあったので乗り、歩く距離を少なくしたけど、やっぱり夕方には足が痛くなっちゃった。
太腿はセーフ。
でも、両足の裏がとっても痛い。
車椅子があったら乗りたかったかも、というくらいの痛さでございました。
これって、なんだろう?
単に足の裏の皮が薄くなっているだけなのか、別の原因があるのか…。
冬、両足の先端部に出た紫色のテンテンは、皮膚科も内科も「しもやけ」という診断だった。
でも、暖かくなっても最近まであったし、今はその痕がガッサガサになっているので、なんだかな〜。
膠原病関連から来ているのではないかなと、ちょっと疑っている。
5月か6月に膠原病専門医で毎年1回やっている検査を受ける予定なので、その時に診断を求めるつもり。

展示を見終わった後、家の近くまで戻ってきて焼肉に行った♪
以前は食べた後によくお腹が痛くなったり、ぴーこちゃん攻撃を受けていましたが、最近はあまりお腹痛くならない。
ありがたや、ありがたや。

4月27日の日記で「名前を教えて〜」と書いた花々の名前、みなさんのおかげですべてわかりました!
新情報を追加し、わたくしが間違って書いていた花の名前を修正してあります。
どうもありがとうございました。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

へばる

昨日外出したせいか、ちょっとお疲れ気味。
身体だる〜。

でも今までの経験から言うと、この程度でどうこうなることはなかったので、夫に連れられて食料品の買出しに行く。
息苦しくて顎が上がってきた。

だる〜。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 22:59| Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

さらにへばる

今朝は起きられなかった。
だるぅ。
たかだか2日続けて外出しただけでこれだからな〜。
耳たぶのディスコイド疹も、ひどくなってるし。

膠原病の患者さんにとって5月は一番しのぎやすい季節だと聞く。
わたくしも、その恩恵を受けてみたいんですが、確か去年も、今の時期はあまり具合がよくなかったような…。
疲れやすい病気なんだから、考えてもしょうがないか (;^_^A
まぁ、こんなもんでしょう。


☆☆☆人気blogランキングに参加しています☆☆☆
posted by ぴょんぴょん at 23:59 | TrackBack(0) | Medical | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。